芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

のん

1: なまえないよぉ~ 2018/09/13(木) 18:02:08.40 ID:CAP_USER9
女優・歌手としてマルチな活躍をみせる「のん」が、9月6日の大阪公演を皮切りに広島、福岡、仙台、そして東京・日比谷野外大音楽堂を巡る五大都市ツアーをスタートさせた。

「これに先立ち5月には、初アルバム『スーパーヒーローズ』をリリース。12曲のうち5曲はのん自身が作詞作曲。周囲に振り回されず自分らしくあることを歌ったまっすぐな歌詞が多く、NHK朝ドラ『あまちゃん』で音楽を担当した大友良英氏も『ギターのリズムがすごくいい。まさかこんなに成長するとは。会うたびに上手くなっている。パンクだよ、この子は』と絶賛のコメントを寄せています」(音楽ライター)

 アルバムには先の大友氏のほか、高橋幸宏、矢野顕子、尾崎亜美といった大物アーティストも楽曲を提供。さらに、矢野顕子の楽曲「わたしはベイベー」の最後には、あの忌野清志郎の肉声が特別収録されるなど超豪華すぎるメンバーが話題となった。さらに9月30日に行われる日比谷野外大音楽堂でのライブには、なんとRCサクセションのギタリストで忌野清志郎の盟友でもあった仲井戸麗市の「仲井戸麗市BAND」が参加決定。音楽業界のレジェンドたちのバックアップに、驚きの声も上がっている。

「大物アーティストの応援の他にも、『あまちゃん』の縁で岩手県、映画『この世界の片隅に』の縁で広島県など、お世話になった人たちとCMやイベント出演で交流を深め、今も高い人気を誇っています。こうした追い風に乗って、そろそろ女優としてドラマや映画に登場する日も近いのではないでしょうか」(スポーツ紙デスク)

 そこで注目されているのが、来年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」への出演である。
「大河ドラマ『いだてん』は、宮藤官九郎が脚本を担当、チーフプロデューサーや演出家も『あまちゃん』と一緒ですし、宮藤とのんは、今も連絡を取り合う親しい間柄のようです。しかも『あまちゃん』で共演した橋本愛も浅草の遊女役で出演。復帰するなら、この作品しかないと思うのですが…」(前出・スポーツ紙デスク)

 もしサプライズででも出演が叶えば話題性は十分。橋本と二人でまた、歌声を披露して欲しいものだ。

のん来年のNHK大河『いだてん』で女優復帰か 宮藤官九郎氏が脚本、橋本愛も出演 
2018年09月13日 17時50分 
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12251-085297/ 
no title

のん、大御所のバックアップで遂に「あのドラマ」で女優復帰!? 

 (窪田史朗)

【のん来年のNHK大河『いだてん』で女優復帰か】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/09/04(火) 22:56:50.72 ID:CAP_USER9
タレントののん(25)が、自身の公式インスタグラムを更新。「スーパーヒーローズ・ツアー のん参上!!」の告知で「謎のポーズ」をとる姿が反響を呼んでいる。

「激痩せ」を心配する声も

今回の写真では心なしか頬がシャープに見えるのん。そのせいか、

・痩せたんちゃう?

・ガリガリやな

といった、「激痩せ」を心配する声もチラホラ。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161779212/
no title

【のん、インスタに「謎ポーズ」を投稿しツアー告知 激痩せを心配する声】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/08/14(火) 12:40:26.71 ID:CAP_USER9
のん率いるのんシガレッツが8月13日(月)、先日グランドオープンを迎えた東京・銀座の新しいランドマーク、Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)地下4階でサプライズライブを行った。

この取り組みは、Ginza Sony Parkが展開する『Park Live』の一環で行くわれた。Park Live=当日ライブハウスともクラブとも一味違う、音楽と触れ合う新たな場となる“Park Live”。出演者は当日まで発表しないシークレット形式のライブで、音楽との偶発的な出会いを演出する。当日朝にのんシガレッツのライブが発表、11時より整理券が配布されたにも関わらず、数時間で整理券は配布終了した。

開演前、ライブを待つオーディエンスの熱気に包まれた会場の舞台には、先日KAIWA(RE)CORDより発表された、9月6日から実施する全国4都市ツアー『スーパーヒーローズ・ツアー のん参上!!』のポスターが舞台に展開され、これからののんの音楽活動に期待感の高まる中、20時にライブがスタート。のんシガレッツが舞台に登場すると、登場を待ちわびていたオーディエンスからの熱い声援に包まれ、そのままの熱気で1曲目の「タイムマシンにおねがい」を力強く歌い上げた。

続いて「正直者は行く」「スーパーヒーローになりたい」を立て続けに披露していく。「9月からはアルバムを引っさげてツアー4都市ツアーが始まります! ツアー初日の大阪・なんばハッチは、想像していたより会場が大きいみたい。でも頑張るので遊びに来てね!」とMCでのんが語ると、会場からはツアーが楽しみ!という歓声も上がり、ツアーに向けた期待感が高まった。

4曲目の「わたしはベイベー」は、歌詞のひと言ひと言を噛みしめるように、オーディエンスはじっとその歌に聴き入っていった。続いての「I LIKE YOU」では、曲の最後に「ごきげんだぜ銀座ソニーパーク!」とオープンしたばかりの銀座ソニーパークに祝福を送った。「へーんなのっ」「さぁいこう」を歌い上げ、割れんばかりの歓声を後にし舞台を去った。

その後アンコールでは「アンコールは写真撮影OKにしたよ!」とのんのMCに、会場からは嬉しさの悲鳴も上がった。そして2ndシングル「RUN!!!」を披露し、ライブは幕を閉じた。

≪セットリスト≫
1.タイムマシンにおねがい
2. 正直者は行く
3. スーパーヒーローになりたい
4. わたしはベイベー
5. I Like You
6. へーんなのっ
7. さぁいこう
<ENCORE>
8. RUN!!!

■■のん コメント
のんです。
銀座ソニーパーク、オープンおめでとー!
ライブ楽しかった。
当日発表だったのに、みんな来てくれてありがとう。
ファーストツアーは、みなさんの街にライブしに行けるのがとても楽しみです。
一緒に楽しもう~ぜ。
せっかくなので、アナログも提げて行くことにしました!
スーパーヒーローズ、レコードで聴くとまた格別です。
ぜひ聴いてね!
今は着々とリハーサルが進んでいて、セットリストやら衣装やら構想を膨らませています。
衣装、派手にいくのでお楽しみに!

8/14(火) 11:00 エキサイトミュージック 
のん、銀座ソニーパークにサプライズ参上 9月からのツアーを期待させるステージを披露 

 Photo by Kentaro Minami
no title


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000003-exmusic-musi

【のん、銀座ソニーパークにサプライズ参上 9月からのツアーを期待させるステージを披露】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/07/29(日) 20:53:14.19 ID:CAP_USER9
7月15日に放送された松本穂香主演のテレビドラマ「この世界の片隅に」(TBS系)の視聴率が、10.9%だったことがわかった。この記録は、今年放送された日曜劇場の中では低い数字だという。

「この世界の──」といえば、のんが主人公の声優を務めた2016年公開の劇場版アニメがロングヒットを記録。そのためドラマの主役にも、彼女の起用を望む声が一部であがったものの、今回は松本が務めることとなった。

 また、7月19日発売の「週刊新潮」によると、実はTBS内部でも、のんを起用する動きがあったという。

「新潮の取材によると、ドラマでも、のんを引き続き起用したいという意見が局内から出ていたそうです。しかしいまだに事務所独立の際に起こしたトラブルの印象が消えず、結局は見送られたとのこと。
さらに主演が松本に選ばれたのは、10月からスタートするTBSドラマ『中学聖日記』に、有村架純を出演させるためだったという噂も流れているそうです。TBSとしては、
昨今、多忙が続く有村がドラマに出てくれるならば…という思惑があり、事務所の後輩である松本の起用に踏み切った可能性があるようです」(前出・テレビ誌記者)

no title

https://www.asagei.com/excerpt/109271

【有村架純が関係?ドラマ「この世界の片隅に」からのんが追放された意外理由】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/07/24(火) 21:38:29.49 ID:CAP_USER9
  “創作あーちすと”で女優の「のん」が、25日発売の『月刊新潟Komachi』9月号(ニューズ・ライン)の巻頭グラビアに登場。アート作品に触れるグラビア撮影で無邪気な表情を見せたほか、「休日は買い物や映画」と普通の女の子だという意外な一面も披露した。

 同号の巻頭企画では、「元気になれる週末旅」と題して、東京・大阪で個展を開催するアーティストとしてののんが国際芸術祭『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ』を巡るプチトリップ企画を展開。

 作品に触れ、のんは「自然の中にアートが溶け込んでいることに驚いた。私も作品を作ったり個展を開かせていただいているので、刺激を受けました」と、アーティストならではの視点で感想を語った。

 活躍の場を広げ、個性的なイメージが浸透している彼女だが、休日には普通の女の子として過ごしている“意外”な一面を明かしている。

 「休日はおうちでゆっくりと過ごしたり、思う存分眠ってパワーチャージします(笑)。予定がない日は、お昼すぎまで寝ちゃいます。それから、部屋の中を片付けるとリフレッシュになりますね。仕事のときは食事に気を遣っているので、我慢しているものを食べるのも幸せです。特に元気が欲しい日は、ニンニクたっぷりのステーキを食べたりします。そうすると、頑張ろう!って思えるんです。あとは買い物や映画、展覧会へ行ったり…。普通のことをしていますよ」(のん)

 同号巻頭では10ページに渡り、のんグラビアとショートインタビューが掲載される。


2018-07-24 18:00 
“創作あーちすと”のん、「休日は買い物や映画、普通のことをしています」 

『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ』を巡る、”創作あーちすと”ののん 撮影:RYUGO SAITO
no title


【写真】自然の中で大ジャンプ! 無邪気な姿を見せるのん 撮影:RYUGO SAITO
no title


『鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館×のん』 撮影:RYUGO SAITO
no title


『花咲ける妻有』×のん 撮影:RYUGO SAITO
no title


『みどりの部屋プロジェクト2018』×のん 撮影:RYUGO SAITO
no title

no title


『西洋料理店』 山猫軒×のん 撮影:RYUGO SAITO
no title


『鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館×のん』 撮影:RYUGO SAITO
no title

no title


https://www.oricon.co.jp/news/2116175/full/

【【グラビア】“創作あーちすと”のん、「休日は買い物や映画、普通のことをしています」】の続きを読む