芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

にこるん

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/03/14(土) 00:30:51.88
3月13日、モデルでタレントの藤田ニコルが、自身のファースト写真集『好きになるよ?』の3度目の重版が決まったことを報告。記念として、同写真集の未公開ショットをInstagramに投稿した。

藤田は「『好きになるよ?』3度目の重版が決まりました。予想外の反響で嬉しい」と喜びをつづり、「本屋さんに置いてなかったって方ももうそろまた並び始めるので! 是非まだGETしてない方はGETしてね」と告知。「3度目の重版を記念して、未公開ショットぺたりしときます」と持ち前の美ヒップが強調された大胆なアザーカットを披露した。

セクシーかつスタイリッシュな未公開ショットに、ファンは「芸術的」「内面の美しさが表面に滲み出てる」「超色っぽい」「スタイル良すぎ」と大興奮。「ものすごく綺麗で羨ましい」「最高に憧れるおしり…」「お尻は努力でしか作れない」など、その美しいヒップへの羨望のコメントも次々に寄せられていた。

https://33man.jp/article/008376.html 
2020/3/13 1 


no title

【【にこるん】藤田ニコルさん、最近ケツばっかり出しているように感じるのだがwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/03/02(月) 09:57:01.92
 愛する娘と二人三脚だったはずなのに――。2月20日に22歳になったモデル・藤田ニコルと所属事務所のオスカーとの間に溝が生まれている。その背景に長く芸能活動を支えてきた母の“銭闘”があった。

 ***

 もっとも、藤田ニコルの活躍には舌を巻くばかり。

「若者への人気からテレビで起用されやすいんです」

 とは、芸能記者。

「番組の女性ゲストとして、一番で声がかかるのが彼女。笑いをとるタイプではないんですけど、失言もないしコメントが安定している。何より10代からの絶大な支持を得ていますから」

 ニコルはニュージーランド出身。ロシア人とポーランド人のハーフの父と日本人の母との間に生まれ、幼少時に両親が離婚し、来日。2009年にローティーン誌「nicola」のモデルとしてデビューし、「Popteen」や「ViVi」の専属モデルを務めながら、バラエティ番組に出演するようになった。

 その芸能活動を当初から支えてきたのが、現在47歳の母親である。

 キー局中堅社員が言う。

「母子の仲の良さは有名で、かつては番組でニコル本人が“ママるんです”と紹介したこともあります。母はかつて埼玉県内で飲食店を経営。ステージママでもあり、収録現場にも時折姿を見せ、マネージャー的な役割も果たしていたのです」

 ところが、その母子関係に異変が生じている。

「昨年から、お母さんの姿を現場で見かけなくなったんです。以前から所属事務所のオスカーのマネージャーはついています。ただ、時にお母さんが来て、あれこれと差配していたのですが、ここ最近はぱったり見なくなって……」(同)

 そのことが様々な憶測を呼んでいる。

 この中堅社員が続ける。

「ニコルが母を遠ざけようとしているのでは、と言われています。今まで母子べったりでしたから、反抗期とでも言うべきでしょうか」

裁判も辞さず

 一方、ある芸能事務所幹部はオスカーとトラブルになっていた、と明かす。

「昨年から事務所と本人のギャラの取り分について、揉めていたようです。具体的には、本人の取り分を減らし、事務所分を増やすというものだった。ニコルが多忙になるにつれ、マネージャーなどスタッフの人件費が嵩むようになっていたからです」

 それに猛反発したのがほかならぬ母だったという。

「一時は事務所を相手取り、裁判も辞さず、という構えで、オスカーは頭を抱えていました」(同)

 コトの真偽について、事務所に尋ねると、

「事実ではありません」

 と言うものの、この芸能事務所幹部は、

「解決に向け、話し合いがなされていました。母が現場に来なくなったのも、そういう理由があるのでは」

 芸能ジャーナリストの佐々木博之氏が指摘する。

「仮に子どもが売れっ子になると、その親は“これだけ働いて、これしかもらえないのか”と疑問に感じてしまう。ただ、売り出すための人件費やレッスンなど初期投資は巨額です。事務所はそれを回収しなければならないのに、親が理解できず、トラブルになるケースが多いですね」

 芸能界で成功するには、母離れも必要なのだろう。

「週刊新潮」2020年2月27日号 掲載
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200302-00610806-shincho-ent
no title

【【にこるん】藤田ニコルさん、ギャラめぐり母が事務所と対立、こりゃ終わるなwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/02/25(火) 20:28:55.24
モデルでタレントの藤田ニコルが2月25日、ツイッターを更新。メンタル崩壊とも思われるツイートを連発した。

この日、最初の更新では「おはよ、今日も1日お仕事頑張ります」とツイートし、元気な様子。ところが、その後「もっとわかってくれてると思ってたな」と意味深な発言。「何かあったかな?」「え、どした?」などと、心配するリプライが相次いだ。さらに藤田は「10年この世界にいるから、沢山離れるファンも見てきたし戻ってくるファンも見てきたな。ずっといてくれるファンの子もいる」とツイート。これに対し、「ずっとファンでいるよ」「あたしは絶対離れないよ」などと応援の声が殺到した。

しかし、藤田のネガティブなツイートは止まらない。「自由です。私はみんなに生誕祭でもそうだしSNSで思いは伝えてきたし」とツイートした後、「これ以上求めるのであれば、私は今が全力なので難しいかも。みんなのコメントはずっとみてるよ一つも見逃さず。それだけお伝えしとくね。本当に全部みてる。仕事の合間も起きた時も寝る前も」と胸中を語った。これを受けて「わかるよ、いつもありがとう」「無理しなくていいんだよ!」と、励ましのリプライが続いた。

「詳細な理由はわかりませんが、藤田に対して批判的な意見が届いたのだと思います。しかし、藤田は“今が全力なので難しいかも”と語っているように、批判に対処して改善することは困難に感じているようです。そのため、落ち込んでいるのでしょう。でも、逆に藤田が真面目であることがよくわかります。まだ22歳なのであまり気にせず、これからも頑張ってほしいものです」(芸能記者)

SNSはファンと交流できる便利なツールだが、反面やっかいでもあるようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/2209422/
2020.02.25 18:15 アサジョ
no title

【【にこるん】藤田ニコルさんがネガティブツイートを連発!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/02/24(月) 21:57:45.23
2月19日発売の『週刊新潮』で、タレントの藤田ニコルが所属事務所のオスカープロモーションとギャラ配分で揉めている可能性があると報じられた。

同誌によると、ニコルのマネジャー的な役割を果たしていたニコルの母親が事務所と揉め事に。

ニコルの仕事量が増えてスタッフなど人件費がかさむようになったため、ニコルのギャラの配分を減らそうとしたところ、母親が猛反発したという。
なお、『週刊新潮』の取材に対し、事務所はこの出来事を否定しているようだ。

「ギャラの揉め事を報道されるのは、イメージが何より大事な芸能人にとって致命的。オスカーもそれを踏まえて『事実無根』と発表しているのでしょう。
しかしその一方で、こんな個人的なスキャンダルが表に出てしまったのは違和感がある。業界内で〝ニコルつぶし〟の動きがあるのかもしれません」(芸能記者)

誰かが誰かを陥れる世界…
スキャンダルによってつぶされそうになった芸能人といえば、最近では女優の今田美桜がまさにそれだった。

「2018年9月に、これまた『週刊新潮』で、当時ブレーク真っただ中だった今田が、所属事務所の社長との熱愛を報じられました。

また、事務所社長はドラマの撮影で〝お姫様抱っこ〟をされていた今田を、共演俳優から奪い取ったという証言も載ることに。

しかし芸能事務所の社長が、撮影現場に大迷惑をかける暴挙をするとはにわかに信じ難い。
今田のブレークに危機感を覚えた〝誰かしら〟が、スキャンダルをデッチ上げたとウワサされましたね」(同・記者)

だが、こんな〝疑惑のスキャンダル〟でも世間に与える影響は大きく、今田にはたびたびネット上で、
《社長の愛人だからゴリ押しされてるんでしょ》《ドラマとかの実績ないのにCMとか出まくりなのは社長の愛人とか枕してるからだと思う》などといった声が投げつけられている。

果たしてニコルを陥れているのは誰なのか…。芸能界は闇が深い。

http://dailynewsonline.jp/article/2207979/
2020.02.24 19:01 まいじつ

no title

no title

【【にこるん】芸能界で“藤田ニコルつぶし”の動き! 銭ゲバ醜聞で好感度がピンチ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/02/19(水) 16:26:40.83
若者から絶大な支持を得ているモデルでタレントの藤田ニコル。ところが、所属事務所のオスカープロモーションと、藤田サイドがギャラの配分を巡って揉めている可能性があることを2月19日発売の「週刊新潮」が伝えた。

記事によると、藤田と仲が良くマネージャー的な役割も果たしていた母親が、現場に姿を見せなくなった。反抗期で藤田自ら母親と距離を置こうとしているとの観測がある一方、ある芸能事務所幹部は、母親と事務所がギャラの取り分を巡って揉めていると証言。なんでも、藤田が多忙になるにつれ、マネージャーなどスタッフの人件費が嵩むようになったことから、本人の取り分を減らし事務所分を増やそうとしたのが理由だとか。しかし藤田の母は猛反発しているという。ただ、同誌の直撃を受けたオスカーは「ギャラ揉め」の事実を否定している。

仮に多少の軋轢があったとして、ギャラの取り分が多少減らされるのは正当な理由にも思えるが、当の藤田はどう思っているのか。2019年11月2日放送のバラエティ番組「おかべろ」(フジテレビ系)に出演した藤田が、ギャラに関して胸の内を明かしていた。MCのお笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史から「めちゃくちゃ忙しいんでしょうね。給料は歩合制かなぁ?」と質問されると、藤田は「ゴリゴリに歩合です」と回答。お笑いコンビ「かまいたち」の濱家隆一が「これで歩合じゃなかったらやる気なくしますよね」と突っ込むと、藤田は「辞めてると思います」と即答した。

「そんな藤田にとって、頑張って仕事が増えたのに取り分が減ることは、理不尽に映るでしょう。藤田は、15年8月25日放送の情報番組『白熱ライブ ビビット』(TBS系)に出演した際、きちんとした金銭感覚を身につけるため、給料は母親が管理していることを明かしていました。当時の小遣いは月1万円だったとか。お金のありがたみもわかっているからこそ、敏感になっているのかもしれません」(芸能記者)

18年10月のバラエティ番組「サンデー・ジャポン」(TBS系)では、消費増税前のマイホーム購入を検討していると明かした藤田。ギャラに神経質になるのも当然かも。

http://dailynewsonline.jp/article/2200384/
2020.02.19 13:15 アサジョ
0015

【【にこるん】藤田ニコル「ギャラ揉め報道」の背景にあった“お金事情”】の続きを読む