芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

とんねるず

フジテレビ

1: なまえないよぉ~ 2018/09/17(月) 07:15:48.05 ID:CAP_USER9
長寿番組の後枠は鬼門なのか──。21年半にわたってフジテレビの土曜夜8時台を守ってきた『めちゃ×2イケてるッ!』が今年3月限りで終了。その後番組として、5月から『世界!極タウンに住んでみる』がスタートしたものの、9月15日限りで早々と幕を閉じた。

 同じフジテレビの長寿番組の後枠としては、木曜夜9時の『とんねるずのみなさんのおかげでした』の後を引き継いだ『直撃!シンソウ坂上』も視聴率5%台の週が目立っている。

 フジテレビを長年背負ってきた木曜夜9時の『みなさん』は前身から含めて29年半、土曜夜8時の『めちゃイケ』は21年半もの間、放送されたテレビ史に残るバラエティ番組だった。

 その両番組はなぜ、終焉を迎えたのか。お笑い評論家で、『とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論』(イースト新書)を上梓したラリー遠田氏が語る。

「テレビには、視聴者と制作者の“お約束ごと”がある。1988年に番組が始まった頃、とんねるずは“偉そうに振る舞うキャラクター”と認識されていた。視聴者は彼らが高卒からのし上がってきた背景を知っているから、石橋貴明さんの横暴に見せる振る舞いを楽しめた。しかし、今の20代にとってみれば、物心ついた時にとんねるずは既に大御所。出自を知らないため、企画で後輩芸人に時計を買わせる姿を受け入れられなかったのではないでしょうか」

『めちゃイケ』に関しても、送り手と受け手の間にあった幸せな関係が崩れたと見ている。

「“めちゃイケファミリー”という言葉があるように、家族的な番組と認識されていた。そのような系統の番組は上り調子の時は視聴率も伸びていくのですが、勢いがなくなると再び視聴者を戻すことが難しくなる。番組の文脈を知らない若い世代からすると、出演者同士が『めちゃイケはこうあるべきだ!』と真剣に言い合っている姿を理解しづらかったのでは」

 ラリー氏は、テレビの視聴スタイルの変化にも言及する。

つづく

9/17(月) 7:00 ニュースポストセブン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180917-00000011-pseven-ent
長寿バラエティの後継番組も苦戦(フジテレビ) 
no title


  【<フジテレビ>とんねるずと『めちゃイケ』から視聴者が離れた理由】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/08/26(日) 08:37:31.26 ID:CAP_USER9
30年近く放送を続けたフジテレビを代表する人気バラエティ『とんねるずのみなさんのおかげでした』(以下、『みなさん』)はなぜ終わってしまったのか。

その決定的な要因の1つは視聴率が下がってきたことだろう。
『みなさん』が視聴者の支持を得られなくなってしまったのは、番組の中にある本質的な部分が飽きられ、時代遅れになってしまったからではないか。

ここ数年、とんねるずはコンビとして『みなさん』以外のレギュラー番組を持っていなかった。とんねるずというタレントにとって、この番組こそが生命線だった。
だからこそ、ここに懸ける彼らの意気込みも尋常なものではなかった。
『みなさん』が多くの視聴者に飽きられてしまったのだとしたら、それはとんねるずという芸人が飽きられつつあるということを意味する。

具体的に言うと、とんねるずの「パワハラ(パワー・ハラスメント)的な笑い」が今の時代に合わなくなっているのだ。

■とんねるずの笑いの原点は「素人芸」

とんねるずの笑いの原点は「部室」にある。スポーツの名門である帝京高校の野球部とサッカー部の出身だった石橋貴明と木梨憲武は、
高校生のころから、物まねやギャグで周囲にいる仲間を楽しませる明るいキャラクターの持ち主だった。

デビューしてからの彼らは、なりふり構わない暴力的な芸風で話題になった。
当時の若者に人気があった『オールナイトフジ』『夕やけニャンニャン』(ともにフジテレビ系)などに出演した際には、
一般人にも容赦なく暴言を吐いたり、スタジオの観覧席に飛び込んで乱闘を繰り広げたり、何をするかわからない、危なっかしい魅力を放っていた。

彼らは、自分たちの芸は「素人芸」であると公言していた。普通の芸人は漫才やコントなどのネタを考えて、
劇場でその芸を披露して腕を磨いていくものだが、とんねるずはそのようなプロの芸人の王道を行こうとはしなかった。
あくまでも「目立ちたがり屋の素人がふざけているだけ」というスタンスを崩さなかった。
その分だけ、彼らは自由奔放に振る舞うことができた。それが当時の若者にはたまらなく魅力的に見えた。

特別な芸があるわけでもなく、顔がいいわけでもなく、歌やダンスがうまいわけでもない。
何も持たないただの「素人」が、強がって共演者や観客に暴言を吐いたり、自由に暴れ回ったりする姿は、今よりずっとハードルが高かった芸能界では異彩を放っていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180826-00234475-toyo-soci
8/26(日) 8:00配信

no title


【とんねるずがここまで時代錯誤になったワケ】の続きを読む

abema

1: なまえないよぉ~ 2018/08/19(日) 10:06:16.41 ID:CAP_USER9
とんねるず石橋貴明AbemaTV初登場 番組Pが語る舞台裏


「とんねるず」の石橋貴明(56)が19日、インターネットテレビ局「AbemaTV」に初出演する。
芸能界一の“強運の持ち主”を決める4時間の特別番組「石橋貴明プレミアム―芸能界カジノ王決定戦―」で午後6時から放送。
ネットテレビに興味を持っていた石橋と、ラブコールを送っていた同局の“相思相愛”で実現。
地上波で数々の伝説をつくってきた石橋が、ついにネットテレビに参戦する。
番組プロデューサーの渡邊洋介氏に、石橋の熱意や現場秘話について聞いた。

◆出演話題になっただけで終わらせない、制作サイドも本気◆

「今、テレビでやりたいこと」「地上波で許されないこと」への石橋の情熱を壮大なスケールで叶える
「石橋貴明プレミアムシリーズ」の第1弾。芸能人に最も必要とされる“運”を誰が最も持っているか――。
“カジノの王様”とも呼ばれる「バカラ」で決める。

――石橋さんの出演が決まりネットニュースなどで反響がありました。
出演が決まった時の感想を教えてください。

渡邊氏「石橋さんの出演が決まった時は、純粋に嬉しかったです。とんねるずど真ん中世代ですから。
ただ、それと同時に身も引き締まる思いでした。“出演が話題になっただけで終わらせられない”
という責任がすぐに上回りました」

◆長時間の会議にも本人参加「インパクトある企画をやろうと」◆

――石橋さんの印象をお聞かせください。仕事をする前と初回収録を終えてから印象は変わりましたか。

渡邊氏「正直、仕事をする前と後では全く違います。『AbemaTV』では本編の収録より前に
番宣用の撮影をお願いすることがあります。石橋さんにもそのためだけにスケジュールをいただき、
CM用に何カットも撮影させていただきました。仕事をする前は近寄りがたいオーラがあると思っていましたが、
全くそんな雰囲気はなく、現場で初めての撮影スタッフも多い中、自ら積極的にスタッフに話しかけたり、
アイデアを出していただいたり、楽しんでやってくださる姿が印象的でした」

――番組リリースには「“今テレビでやりたいこと”“地上波では許されないこと”を
壮大なスケールで実現させるシリーズ」と紹介がありました。
今後のプランなど話せることがありましたら教えてください。

渡邊氏「そこはまだ秘密です。ただ、今回の『石橋貴明プレミアム芸能界カジノ王決定戦』の
収録が終わって間もない企画会議に、石橋さんご本人がひょっこり現れたんですね。スタッフの誰にも言わずに。
みんなとてもびっくりしていました。そこでご本人を交えて次回の企画出しを2時間以上話し合いました。
言えることは、ご本人を含めみんなの共通認識として“『AbemaTV』でしかやれない
インパクトのある企画をやろう!”ということです。
必ず視聴者の皆さんを驚かせる企画になると思いますので、ぜひ楽しみにしていてください」

◆“地上波でやれないことをやる”だけでなく、まだまだ笑いを追求◆

――“地上波では許されないことをやりたい”という発表後には、出演料や制作費など
AbemaTVの資金力について報じた一部メディアのネットニュースもありました。

渡邊氏「出演料の記事の件はご想像にお任せします。ただ、これまで輝かしいキャリアで歩んでこられた
石橋さんが『AbemaTV』に出演してくださったのは“地上波でやれないことをやる”
ということもあるかもしれませんが、それだけでなくもっと単純に“まだまだ笑いを追求していく”
という決意表明のようにも感じています。その“笑い”を『AbemaTV』で一緒に
作っていけることを、私たちも楽しみたいです」 [ 2018年8月19日 09:30 ]

スポニチ https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/19/kiji/20180818s00041000536000c.html
no title

【とんねるず・石橋貴明がAbemaTV初登場、番組プロデューサーが語る舞台裏】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/06/10(日) 19:05:55.96 ID:CAP_USER9
とんねるず石橋貴明(56)のフジテレビ新番組「石橋貴明のたいむとんねる」(月曜午後11時)がスタートして3カ月。昭和カルチャーや豪傑列伝などのディープな見ごたえがじわじわと支持を伸ばし、2%台で始まった視聴率も4%台に“倍増”してきた。「みなさんのおかげです」の木曜9時枠から月曜深夜へ。低予算とコンプライアンス時代に折り合いをつけながら「めげずに」と語る思いを、本人に聞いた。

**********

 -柳沢慎吾さんがびびった大物俳優列伝とか、江夏豊本人が語る「江夏の21球」とか、客層を中年視聴者に絞った番組づくりが新鮮で、分かる世代の1人として毎週楽しく見ています。初回2・9%でスタートした視聴率も4・7%まで上がってきました。手応えはいかがですか。

 石橋 そんな。4・7じゃさあ(笑い)。

 -深夜で4・7はダメなのですか。

 石橋 ダメでしょう。もっと上げますよこれから。スマホとか録画率とか、いろんな見方をされている時代にそれ(視聴率)が正しい数字になっているのかとは思うけど、なんなら松坂大輔や武藤敬司をゲストに肩やヒザの痛みとか、そっち側で数字ガンガン上げてやろうかな(笑い)。深夜だから少しエッチなことも入れたいんですけど、フジテレビが怒るのよ。でも、僕らが子供のころって「11PM」とか「トゥナイト」とか、大人が喜んでる番組が面白そうに見えたじゃないですか。ああいう雰囲気を目指しています。

 -PR会見の時、昭和のカルチャーやスターを知らない世代にどう魅力を伝えるか、という質問に「伝わらない」と即答していましたよね。広さではなく、ターゲット層に向けて深さ重視でいくのは絶対面白そうだと思いました。

 石橋 あ、それはうれしい限りです。「幅広い人に見てもらいたい」というのは、今のテレビの現状ではたぶん無理。若い人は家にテレビがない人も多いし、見たいものはユーチューブで引っ張ってスマホサイズで見ている。「江夏の21球」どころか松坂や中田英寿を知らない人にまでアピールするより、とらやのようかんみたいに、ウリを特化して丁寧に作っていくしかないんだろうなと。

 -イケイケに芸能界を突っ走ってきたイメージなので、「丁寧に」はちょっと意外です。

 石橋 いや、ものすごく考えてますよ。ルールがたくさんできて、すぐにコンプライアンスとか言われちゃうんで。俺たちが昔からやってきたことはほぼ無理な状況。ここでキャッチボールしちゃいけないというなら違う場所でキャッチボールするしかないし、もっとやりたいことがあるなら違う“遊び場”を探すしかないという。

 -そういう“遊び場”としては「たいむとんねる」は攻めていますよね。江夏さんの劇画みたいな新人時代とか、東国原英夫さんが若手時代に台湾に密入国して強制送還された話とか爆笑でしたけど、規格外な話をエンタメとして聞ける場は貴重です。

 石橋 でも東くん、放送後かなり「けしからん」とやられたらしいですよ(笑い)。話半分だって分からねえのかなっていう。

-けしからんというネットの声は気になりますか。

 石橋 (少し考えて)ささっと書かれたものが本当なのかなって。昔、ホテルオークラで働いていた時、朝のミーティングでマネジャーがお客様からいただいたお叱りの手紙を“ラブレター”と呼んで読み上げていたんです。「早く空港に行きたかったのにサービスが遅い」とか。そこには、オークラなんだからもっと頑張ってほしいというお客様の思いが入っていて、みんなで肝に銘じようと。手紙や電話の手間をかけても訴えてくる芯のあるお叱りなら信じるけど。僕は相変わらずガラケーだから、機械には疎くて(笑い)。

 -昭和とか、今よりちょっと前の魅力、パワーは何だと思いますか。

 石橋 ケータイがなくて不便だった分、待ち合わせでやっと会えた時の喜びとか、喜怒哀楽に芯があったこと。(カメラマンを見て)カメラマンさんだって、昔は焼いて初めて分かったからうまい人とヘタな人の差が出た。今は撮ったその場で確認できるから、撮る方も撮られる方も緊張感ないですよ。生きていく体幹の強さが違うという。

 つづく
no title

【【正論】<とんねるずの石橋貴明>ネットの批判に「ささっと書かれたものが本当なのかなって」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/06/09(土) 23:52:53.80 ID:CAP_USER9
6月5日発売の「サンデー毎日」が、バラエティ番組「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)の打ち切りに関する記事を報じた。同番組は放送開始以降、視聴率が低迷しているという。

「記事によると、石橋は当初、木梨憲武に『一緒にやろう』と声をかけていたものの、乗り気ではなかったため、ミッツ・マングローブとMCをやることになったそうです。
しかし視聴率は、2~3%と低迷し、石橋のギャラに見合った結果を残せていないことで、一部関係者の間では、10月の改編期での打ち切りが囁かれているとのこと」(テレビ誌記者)

番組は“大人のノスタルジーを刺激する”というコンセプトのトーク番組だが、テーマによっては年齢層がさらに限られてしまうため、数字に結びついていないようだ。

また石橋だけでなく、相方の木梨も窮地に立たされているという。

「木梨は今年、映画『いぬやしき』で16年ぶりに主演を務めました。しかしフタを開けてみれば、興行収入ランキング初登場5位の大コケで、その後も数字は伸びていません。

そのため、この状況に一部お笑いファンからは『このまま、とんねるずが消えてしまうのでは?』
『ノリさんは、表舞台から消えて芸術家の道に行くかもね』『テレビで見れなくなったら寂しい』と心配する声があがっています」(前出・テレビ誌記者)

平成の終了と共に、とんねるずも消えることになってしまうのだろうか。 

アサ芸プラス / 2018年6月9日 9時59分
https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_105941/

写真
no title

【<とんねるずが消える!?>「たいむとんねる」打ち切り寸前&映画大コケで心配の声wwwww】の続きを読む