芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

とんねるず

1: なまえないよぉ~ 2018/04/11(水) 09:27:53.33 ID:CAP_USER9
お笑いコンビ、とんねるずの石橋貴明(56)が東京・台場のフジテレビで行われた16日スタートの同局系「石橋貴明のたいむとんねる」(月曜後11・0)の取材会に出席した。
同局系「とんねるずのみなさんのおかげでした」が3月22日に終了。
週2日あった収録が週1に減り、「暇で暇で。ヨガ教室に通おうかと」とボヤいたり、「(以前より)弁当がさみしい」などと笑わせた。

タカさん節を炸裂させた。

「石橋貴明のたいむとんねる」は石橋とタレント、ミッツ・マングローブ(43)がMCコンビを組むトークバラエティー。
1970年代以降の昭和の時代を中心に、当時のアイドルやスポーツ、テレビ番組などをゲストとともに縦横無尽に語り尽くす番組だ。

すでに先月下旬から数回収録を終えている2人はこのほど行われた取材会に出席。
ミッツとの初タッグについて、野球好きの石橋は「広島の田中(広輔)と菊池(涼介)のようなコンビネーション」とセ・リーグを2連覇中の広島の不動の二遊間に例えて、相性の良さをアピールした。

新番組に気合十分なところを見せる一方、愛着ある番組への未練もチラリとのぞかせた。
前身番組から約30年続いた「とんねるずのみなさんのおかげでした」が先月22日に終了。
「みなおか」は収録が木、金曜と2日だったが、この「たいむとんねる」は火曜日だけ。
石橋は「暇で暇で。ヨガ教室に通おうかと思っています」とボヤき、「スタジオも(みなおかとは)違うので、こんなスタジオがあるんだと思ったり。あとは…弁当がさみしいです」と新生活を明かして爆笑を誘った。

初回のゲストは歌手、工藤静香(47)。
今後呼びたいゲストを問われると、「貴乃花親方。お父さんの『貴ノ花』が好きだった。ぜひ、現状も踏まえて、相撲界のお話を聞きたい」と不敵なほほえみ。弟子の暴行問題で日本相撲協会と対立し、2階級降格処分を受けた親方の名前を出すなど、新番組をPRした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180411-00000040-sanspo-ent

石橋貴明とミッツ・マングローブ
no title

【バブルがはじけた、とんねるずの石橋貴明さんのボヤきwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/03/30(金) 16:09:52.69 ID:CAP_USER9
 千鳥、三四郎、おぎやはぎ、バカリズム、NGT48の中井りかが、新番組『青春高校3年C組』(テレビ東京/月曜~金曜17時30分)の記者会見に出席。
初回のみMCが決まっていないと聞いたおぎやはぎが、「夕方の帯(番組)だし、とんねるずがいいと思う」と提案する場面があった。

 誰もが何となく想像する「理想のクラス」を作るべく、いろいろなキャラがそろった『青春高校3年C組』を目指して生徒を募集、さまざまな企画で毎週
1人ずつ生徒を決定していく生放送の帯番組。

 テレビ東京と秋元康がタッグを組んだこの番組でMCを務めるのは、月曜がメイプル超合金、火曜が小峠英二(バイきんぐ)と千鳥の隔週交代、水曜が
三四郎、木曜がおぎやはぎとバカリズムの隔週交代、金曜が日村勇紀(バナナマン)。プロデューサーの佐久間宣行が“頑張りすぎた”ために実現した豪華な
キャスティングで、NGT48の中井がC組副担任としてサブMCを務める。

 火曜に隔週出演する千鳥・ノブは「10代の子たちとテレビ東京の夕方にワチャワチャ楽しくやってくださいって言われて引き受けたんですけど、他のメンバー
見てみたらゴリゴリのお笑いの方たちで。急にその緊張感が出てきまして…負けてられないですね」と気合。一方の大悟は「テレビ東京さんで『キングちゃん』という番組を
やらせていただいたんですけど、それが始まる時の記者会見が4人。内、よしもとの雑誌社が2名」と今回の盛況ぶりと比較して笑いを取っていた。

 また、初回に限って月曜担当メイプル超合金のスケジュールが押さえられず、MCが未定であることも発表された。おぎやはぎ・小木博明は「秋元さんだしさ、
夕方の帯っていうのでさ、とんねるずいいと思う。とんねるず、絶対空いてるから! 今!」と、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ)の
放送を終えたばかりの名コンビの起用を進言し、三四郎やバカリズムを笑わせていた。

 会見には、教育実習生の座を勝ち取った若手芸人・ノブナガ(岩永達彦/信太優人)も出席。10代の生徒と共演することにちなみ、登壇者が10代の頃の写真を
披露するひと幕もあった。

 新番組『青春高校3年C組』は、テレビ東京にて4月2日より月曜~金曜17時30分放送。

クランクイン!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00055079-crankinn-ent
no title

【「とんねるずは今絶対空いてる」テレ東夕方の新番組MCにおぎやはぎが推薦】の続きを読む

した

1: なまえないよぉ~ 2018/03/24(土) 17:07:59.59 ID:CAP_USER9
 3月22日、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の最終回が放送された。前身番組となる『とんねるずのみなさんのおかげです』が1988年にレギュラー放送を開始して以来、30年の歴史に幕を下ろすことになった。

 最終回の企画は「さいごのうたばん」。石橋貴明が出演していた他局の音楽番組『うたばん』(TBS系)のパロディ企画として番組内でたびたび行われていた「ほんとのうたばん」という企画の特別版だった。

 この番組から生まれたユニット「野猿」のメンバーが久しぶりにスタジオに集結していた。彼らはもともと番組の裏方だったのだが、ひょんなことから表舞台に引っ張り出され、とんねるずとユニットを組んで音楽活動をすることになった。1998年から2001年までの活動期間中にヒット曲を連発して、2年連続で『NHK紅白歌合戦』に出場するほどの爆発的な人気を誇っていた。

 番組の企画として遊び半分で結成された音楽ユニットが、あれよあれよという間に人気を獲得して本物のスターになっていく。野猿は「嘘から出たまこと」を地で行く奇跡のユニットだった。とんねるずは野猿というプログラムを組んで芸能界を鮮やかにハッキングしていったのだ。

 あらゆる映画、テレビ番組、ドラマ、歌手を「パロディ」という手法で笑いのネタにしてきたとんねるずが作り上げた最高傑作の1つが野猿であるのは間違いない。2001年に野猿は「撤収」と称して解散して、メンバーはそれぞれの制作スタッフとしての日常に帰っていった。この日、久しぶりにテレビカメラに映し出された彼らは、ただただ純粋な素人に見えた。

 そして、番組後半では特別ゲストとして松田聖子が登場した。松田聖子はこの番組に何度か登場して、コントに参加したり歌を歌ったりしていた。このようなお笑い以外のジャンルのタレントを引っ張り出してくるのもこの番組のお家芸だった。3月8日の放送回では『北の国から』のパロディコントで宮沢りえが出演していた。宮沢はアイドル女優として人気絶頂の時代にこの番組に登場している。

 松田聖子や宮沢りえ以外にも、数々の大物タレントがこの番組には出演してきている。どんなビッグネームを前にしても臆することなく、対等に接して自分たちのペースに引き込んでしまうのがとんねるず流だ。

 この日の放送でも過去の名場面を振り返っていて、石橋がM.C.ハマーのパロディキャラ「M.C.TAKKER」を演じて本物のミュージックビデオをそっくり再現するシーンがあり、そこで本人との共演を果たしている一幕があった。「パロディに本人を呼んでしまう」という大胆な試みもこの番組では何度か行われてきている。とんねるずのパロディとは、本物すら巻き込んでしまう壮大なエンターテインメントだった。

 そして、スタッフロールが流れて「ほんとのうたばん」のスタジオパートが終わり、最後の歌のコーナーが始まった。とんねるずの2人がバックバンドを従えて『情けねえ』を歌い上げた。この曲は、1991年にとんねるずが初めての『NHK紅白歌合戦』出場を果たしたときの思い出の一曲である。

 秋元康によるこの曲の歌詞には、湾岸戦争時の日本を風刺する意味が込められていると言われている。ただ、「この世のすべてはパロディなのか?」というフレーズは、すべてをパロディのネタにしてきたとんねるずやこの番組の歴史を象徴しているようにも思えるし、「みんな時代のせいだと言い訳なんかするなよ」というのも、現代のバラエティ番組の制作者を鼓舞するようなメッセージであるようにも聞こえてくる。

 そうやって歌詞を読み解くのはこちらの勝手な思い込みではないと思う。なぜなら、サビの部分の「この国を」「滅ぼすなよ」という歌詞は「バラエティを」「滅ぼすなよ」に変えられ、「この国を」「おちょくるな」という歌詞は「フジテレビを」「おちょくるなよ」に変えられていたからだ。フジテレビのバラエティ番組の黄金期を支えてきた2人が、フジテレビとバラエティ業界に惜別のメッセージを捧げる形になっていた。

 とんねるずがテレビで歌を披露するときには、途中で木梨憲武がふざけて声色を変えて歌ったりすることも多いのだが、最後の最後に本気で格好良く歌いきる2人の姿が見られた。

>>2以降に続く

2018.3.24 11:30dot
https://dot.asahi.com/dot/2018032300056.html?page=1

no title

【みなさんのおかげ、30年の歴史に幕 とんねるずが投げかけた「フジテレビをおちょくるなよ」の意味】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/03/12(月) 20:35:08.13 ID:CAP_USER9
お笑いコンビ・とんねるずの木梨憲武(56)が3月11日、都内で行われた主演映画「いぬやしき」(4月20日公開)のPRイベントに共演の佐藤健(28)らとともに出席した。

大ヒット漫画「GANTZ」作者・奥浩哉氏の同名コミックが原作。人智を超えた力を手にした初老の犬屋敷壱郎(木梨)と、
同じ力を得た高校生・獅子神皓(佐藤)の苦悩や葛藤を描く。木梨の映画主演は「竜馬の妻とその夫と愛人」(02年)公開以来16年ぶりとなる。

「木梨さんが演じているのは、実年齢よりも上となる58歳のキャラクター。特殊メイクをして、初老の冴えないサラリーマン役を怪演。
原作のファンが見ても木梨さんのキャスティングに納得するほどの出来栄えとなっています」(試写で作品を見た映画ライター)

イベントで佐藤は木梨の印象について「何十年も俳優として生きています、というような佇まい」と絶賛。さらには「ここらへんから見る木梨さんはモーガン・フリーマンかと思った」と絶賛。
それを受けた木梨は佐藤に「あとで5千円あげる」と切り返し笑わせた。

「相方の石橋貴明さんはハリウッド映画『メジャー・リーグ』シリーズに出演していましたが、木梨さんはしっかりとお芝居で見せることができます。
中井貴一さん、佐藤浩市さん、水谷豊さんらと深い親交があり、3月でとんねるずの冠番組『みなさんのおかげでした』が終了。
今後は今より時間ができるので、お仲間から作品への誘いが増えそうです。水谷さんの口利きで『相棒』シリーズへの出演もありそうです」(芸能記者)

レギュラー終了とともに、俳優業のオファーが増えそうだ。

写真
no title


2018年3月12日 17時0分 女性自身
http://news.livedoor.com/article/detail/14422056/



【<木梨憲武>レギュラー終了で囁かれる“俳優オファー激増”の噂】の続きを読む

した

1: なまえないよぉ~ 2018/03/09(金) 19:43:34.07 ID:CAP_USER9
8日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)で、石橋貴明が番組終了について「また戻ってくる」と宣言した。
番組は人気のコントを一挙放送。「仮面ノリダー」や若き日の宮沢りえが出演した学園コントシリーズ、荻野目洋子出演の「貧乏家の人々」などを次々放送し、かつてのファンが歓喜の声をあげる。

そして、中盤には「最もクレームが多かった」という木梨憲武死亡コントも流すなど、久しぶりに「攻め」た内容に。ただし、昨年問題になった「保毛尾田保毛男」については、登場せず。
終盤は「北の国から2018」。石橋が黒板五郎(田中邦衛)木梨が黒板純(吉岡秀隆)に扮したうえ、とんねるずとコントをするのが夢だったという伊藤英明も登場。さらに、渡辺満里奈、宮沢りえも参加する。

コーナーの最後、石橋貴明が番組に終了について「寂しいです」と一言。さらに、「バラエティ番組の今後が心配だ」とポツリ。カンペを読んだ設定にしたものの、その言葉は本心であったよう。
その後、「これ以上辛いんで読んで」と宮沢にカツラを渡すと、宮沢は「父さん、思います。なんにだって始まりがあれば終わりがある。でも、1つのことを30年も続けるって、これはすごいことだ。

なんちゅうかほんちゅうか、やり遂げたぞって、やれるもんならやってみろって。父さん、胸張って言えます。上出来だ」と労をねぎらう発言。
最後に、石橋は「続けたんじゃない。続けさせてもらったんだ。これまでずっと多くの人に支えられてきたってことです。このことだけは君たちに忘れないでほしい。まさに、『みなさんのおかげでした』」と結ぶ。

そして、『北の国から』のテーマに乗りながら「父さん、君たちが今日まで支えてくれたスタッフ、そして、この番組をずっと見てくれた人たち。そういう人たちが幸せになることを願っています。心からそう願っています」と謝辞を述べた。
「北の国から2018」はカーリングの要領で宮沢りえがやかんを投げ、それが柱にあたり家が崩れて終了となったのだが、エンドロールでメイキング場面が。
そこで石橋貴明が真剣な表情で、「最後と思ってないから俺。俺いつか帰ってくるから」と断言する様子が放送される。

その様子は鬼気迫るもので、笑いは一切なし。本当に「復活」を望んでいるようだった。そんな石橋の決意表明に、ネットユーザーも呼応。「帰ってきてほしい」「待っている」と応援の声が噴出する。
また、番組で流れたコントについても「面白かった」「笑った」「改めてすごい番組だと思った」など賞賛の声が殺到。そして、「終わってほしくない」という声が多数上がった。

「『とんねるずのみなさんのおかげでした』は、『とんねるずのみなさんのおかげです』が終了となり、『とんねるずの本汁でしょう!!』を挟んで「復活」した番組。
もちろん、当時と状況は違いますが、後続の番組が振るわない場合は、復活ということもあるかもしれません。

『食わず嫌い王』や『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』など、人気コーナーもあります。迷走するフジテレビですから、突然引っ張り出してくる可能性はゼロではないでしょう」(芸能ライター)
石橋の願いが現実になることはあるのだろうか。

3/9(金) 12:52配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180309-00000007-reallive-ent

写真
no title

【<とんねるずの石橋貴明>『みなさんのおかげでした』復活を宣言!真剣な表情で「俺いつか帰ってくるから」と断言】の続きを読む