芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

とんねるず

1: なまえないよぉ~ 2017/12/17(日) 07:07:34.26 ID:CAP_USER9
【現役放送作家X氏の芸能界マル秘ウラ話】年の瀬のお笑い界で、一番の話題はとんねるずだ。約30年続いたフジテレビ系の長寿バラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」が、来年3月に終了することが正式発表された。他の芸人にも激震が走ったのは言うまでもない。

土田晃之は「本当にお疲れさまですっていうか、一時代を築いて、すげぇなって思いますよね。だって30年もやれる番組、ないもん」。バナナマンの日村勇紀は「15歳の時に始まったってことだもんね。中3か。そんな子供が見てたんだよね。まさか番組に出させてもらうなんて。夢にも思わなかった」。

おぎやはぎの小木博明は「すごい番組だよなぁ。はやる言葉とかゲームって、とんねるずが一番多い気がするんだよな。『男気ジャンケン』『全落・水落シリーズ』それに『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』とか」と思いをはせる。

石橋貴明はかつてこんなことを語ったという。極楽とんぼの山本圭壱が振り返る。「とにかく流れに身を任せろと。流れに身を任せておけば、必ず海に出られるからっていう話をされたことがあるんですよ。だから川を上流に向かってガンガン泳いでも仕方ない。逆流してもしょうがない。そうじゃなしにリラックスして、とにかく川の流れに身を任せなさい、と。そうすれば必ず海に出られるから。そう、海に出てからが勝負」

また石橋は6年前、相方・木梨憲武についても語ったという。

「謙遜でもないよ。自分で分かるじゃん。自分の資質って。木梨憲武の方が資質は上なんだよ。あいつの方が、これから10~20年したら、すっごいスーパースターになる。俺にはそれがないんだよ。アイツはそれ以上を求めていかないから、今、フラフラしてるけど(笑い)。資質を自分でちゃんと考えて『よし、いってやろう!』って考えたら、あっという間にナンバーワンになってると思う」

石橋はそのうえで自分の未来も語っている。

「あと数年したらイタリアに行って、イタリア料理でも勉強してこようかって思ってるんだよ。俺はプロ野球選手になりたかったけど、もう一つなりたかったのが料理人。『前略おふくろ様』が大好きなドラマだったから、サブちゃん(萩原健一)みたいな料理人がいいなって思って。料理って客前でネタをやってウケるのと一緒でライブ感じゃん? 目の前で調理して食べてもらって、おいしいって言ってくれるっていうのは、ライブでネタをやってウケて気持ちいいのと一緒かな。そっちを一回やってみたいな」。新たな可能性を示唆していたという。

☆プロフィル=1967年、東京・神楽坂生まれ。23歳の時にラジオ番組で放送作家デビュー。現在はPTAから苦情が絶えない某人気バラエティー番組やドラマの脚本を手掛ける。

2017年12月16日 16時30分 東スポWeb
http://news.livedoor.com/article/detail/14038395/

写真
no title


【テレビ】<とんねるずとダウンタウン>“禁断の合体共演”ついに実現へ!“視聴率20%超え”も夢ではなくなるかもしれない
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1513390823/

【<「みなおか終了」とんねるず石橋が思い描く未来>イタリア料理でも勉強してこようかっ】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/12/16(土) 11:20:23.45 ID:CAP_USER9
来年3月をもって終了することが正式発表された、フジテレビ系の長寿バラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜午後9時)の今後の内容が注目されている。
残る放送も3か月あまりとなり、石橋貴明(56)と木梨憲武(55)は意気消沈かと思いきや、「終了までに20%近い視聴率を取る!」と有終の美を飾るべく今まで以上にやる気満々になっているという。
視聴率が振るわない現状でこんな数字を取るのは至難の業に思えるが、その理由は――。

番組終了は今月7日放送の同番組内で、2人が展開するコントで発表された。
石橋が「30年間やってたんだけど、番組が終了しちまうんだよ」と告げると、木梨が「えーっ! あれ噂じゃなかったんですか」と驚き、直後に「2018年3月、堂々完結」というテロップが表示された。

「とんねるずにとって唯一の冠番組が消滅するのは、大ショックだと思います。でも2人、特に石橋は落ち込むどころか『番組が終了するまでに20%近い視聴率を取る』と大きな目標を掲げ、
自ら企画会議に出席してスタッフと一緒にアイデアを練るなど、がむしゃらに奮闘中なんですよ」(制作会社スタッフ)

同番組の打ち切りは、長期にわたる視聴率低迷のためだが、別の理由もあると言われている。

「9月に放送された30周年記念SPで、石橋扮する約30年前の人気キャラクター『保毛尾田保毛男』が登場し、出演者が“あんたホモでしょ?”などと突っ込んだことに対し、
性的少数者(LGBT)の関連団体などが抗議。これにフジの宮内正喜社長が陳謝した影響も少なくないようです」(大手広告代理店関係者)

番組最高は29・5%(1989年、当時タイトルは「とんねるずのみなさんのおかげです」)とすさまじい勢いがあったものの、終了を発表した7日のオンエアは5・9%、
その前の週の11月30日は7・2%と低迷している。9月28日放送の30周年SPでさえ10%だ。それでも20%を狙って石橋が奮闘し始めた背景には、“ある大物2人の成功例”があるという。

「それはズバリ、タモリと志村けんですよ。フジテレビは、局に貢献してくれたタレントへの恩情が手厚いことで知られています。『笑っていいとも!』は2014年3月に終了したが、
同年10月から深夜枠でトーク番組『ヨルタモリ』をスタート。長年司会を務めたタモリに新番組を任せた」(芸能プロ幹部)

志村も同様だ。一世を風靡した「志村けんのだいじょうぶだぁ」が1993年に終了した後も「志村けんはいかがでしょう」「志村けんのオレがナニしたのヨ?」など、
ゴールデンのレギュラーは継続して放送。2000年以降は、現在も放送中の「志村の夜」まで、深夜枠のレギュラーをフジで持ち続けている。

「30年も冠番組を続けたとんねるずは、タモリや志村のように深夜枠のレギュラーをもらうことはできるでしょう。でも『ゴールデンからの降格』という印象を持たれるのは避けたい。
そのためにも最後の3~4か月、『みなさんのおかげでした』で、できるだけ高視聴率を残そうと躍起になっているんです」(前同)

深夜だけではない。

「春と秋に大型改編期があります。この時期は多くの特番が放送されるが、『みなさんのおかげでした』で高視聴率という結果を残しておけば、改編期のスペシャル番組として復活させられる。
そのために“有終の美”を飾ろうと考えているのでしょう」(テレビ局関係者)

さらにここにきて、思いも寄らない大きな援軍が現れた。長年“ライバル”と言われ、不仲説までささやかれたダウンタウンだ。
松本人志(54)が10日放送のフジ系「ワイドナショー」で“共演OK”“仲は全然悪くない”と、超のつくサプライズ発言をしたのだ。

つづく

12/16(土) 11:07配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-00000002-tospoweb-ent

写真 
no title

【<とんねるずとダウンタウン>“禁断の合体共演”ついに実現へ!“視聴率20%超え”も夢ではなくなるかもしれないwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

した


1: なまえないよぉ~ 2017/12/13(水) 09:37:11.76 ID:CAP_USER9
 ダウンタウンの松本人志(54)が「呼んでくれたらいつでも行く」と発言したことで、テレビ関係者が色めき立っている。

 フジテレビ系「ワイドナショー」でのことで、「行く」と言っているのは、来年3月で終了する同局「とんねるずのみなさんのおかげでした」へのゲスト出演のこと。ダウンタウンととんねるずには不仲説があったが、松本はこれを否定。そこで「大物コンビの夢の共演実現か」と盛り上がっているのだ。
バラエティーを中心に活動する、ある放送作家は言う。

「コンプライアンス重視やら制作費のカットやらで、『とがった番組ができなくなっている』というのが松本の持論。お笑いコンビの冠番組で、とがった番組をやってきた仲間として、とんねるずを称え、そうした番組の価値を訴えたいのでは」

 数千万円もの制作費をかけてバカをやり、とんねるずのように「番組1本1000万円」ともいわれる高額ギャラをテレビ局が払う価値が今もバラエティーにあるというのであれば、とんだ時代錯誤だが、この放送作家はこう続ける。

「なんだかんだ言って、フジテレビに限らず、いまのテレビ局の中心である50代以上は、テレビ局といえばフジテレビで民放の王様という思いがある。
『夕やけニャンニャン』を見て、ときめいていた世代ですから、彼らにとって、とんねるずは恩人であり、今も神様のようなもの。『みなおか』終了は時代の趨勢で仕方ないにしても、松本と同じように、どこか悔しい、寂しいという思いでいるんです」

■時代に合わない芸風

 だから、ダウンタウンとの共演話に盛り上がっているというのだが……。「みなおか」制作現場を知る芸能プロ関係者はこう言う。

「最近の若手スタッフは、当然ですがとんねるずの全盛期を知るわけもなく、石橋さんを『面倒な高飛車おじさん』呼ばわりするのを聞いたことがある。
石橋さんは、かつてスタッフを引き連れて豪遊したものですが、こうした若手にしてみれば、仕事が終わった後に群れるのは嫌だし、番組経費を無駄な飲食代に使うということ自体、厳しくなっていてできない。そんな若手が決裁権を握るようになれば、打ち切りは当然の流れ。石橋さんがイジっていた名物プロデューサーも年を取ったし、そうでなくても、やんちゃ坊主の石橋さんが誰かをコケにしたり、バカにしてお遊びをする芸風を面白がる時代じゃないというのに、当事者だけが分かっていない印象でしたね」

 だからこそ、とんねるずは嫌いな芸人ランキングで上位になったり、番組終了を番組内で発表した今月7日の放送も、平均視聴率5.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と振るわなかったのだろう。「みなおか」が、とんねるずにとって唯一のレギュラーだったというのも、落日を感じさせてしまう。全盛期を引きずり、時代の変化についていけないテレビマンたち。これはバブル期採用の中高年サラリーマンにとっても明日は我が身か。

日刊ゲンダイ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000005-nkgendai-ent

【みなおか終了は当然の流れ “とんねるずの笑い”は時代遅れか?】の続きを読む

した


1: なまえないよぉ~ 2017/12/04(月) 18:47:18.86 ID:CAP_USER9
フジテレビの定例社長会見が12月1日に行われた。

一部で長寿バラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした(以下みなおか)」が来春での終了すると報じられたばかり。しかしその件について宮内正喜社長(73)は、「何も決まっていない」とコメント。担当役員は「先々の話ですのでまだ何も決まっていないという状況です」と語っていた。

「『みなおか』はこのところ低視聴率続きで、改編期のたびに打ち切り説が浮上していました。しかし日枝久会長の肝いりということもあり、フジの幹部も決断できずにいたようです。ただ今年9月に放送した特番に登場した名物キャラ・保毛尾田保毛男の各方面から批判が殺到。打ち切るには格好の口実ができたかたちです」(テレビ局関係者)

だが、その過程で打ち切り話が外部に漏れてしまったというのだ。

「来春以降のスポンサー探しは難航しており、その過程で話が漏れてしまったそうです。局内では誰が漏らしたか、“犯人捜し”が行われていると聞きました。とはいいうものの特番での問題でスポンサー探しは暗礁に乗り上げ、厳しい状況に置かれています」(広告代理店関係者)

ではなぜ、打ち切りをいまだに発表できないのだろうか?

「誰もとんねるずに“引導”を渡す役割を引き受けたくないので、棚上げになったまままなのです。打ち切りによってレギュラーが0本になってしまうため、『次の“受け皿”を整えてから』という方向で話が進んでいるようですが……」(フジテレビ関係者)

12/4(月) 17:37配信 
フジがとんねるずの「みなおか」終了報道を否定した裏事情 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171204-00010012-jisin-ent

【フジがとんねるずの「とんねるずのみなさんのおかげでした」終了報道を否定した裏事情】の続きを読む

した


1: なまえないよぉ~ 2017/11/23(木) 07:22:46.48 ID:CAP_USER9
『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が2018年3月末に終了するにあたり、多くのネットニュースが配信されている。そこで用いられる番組の略称「みなおか」へ違和感を示すネットユーザーが続出している。

 ネット上では「『みなおか』なんて略称はじめてきいた」「最初はどの番組を指すのかわからなかった」といった声が聞こえる。さらに、11月13日深夜放送の『東京ポッド許可局』(TBSラジオ系)においても、この話題となった。

「『東京ポッド許可局』は、マキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオの“文系芸人”3名が、斜めの視線から世間にツッコミをいれる番組で、コアなファンを獲得しています。番組では、方言の統一の話題から、違和感のある言葉として『みなおか』の話題となりました。プチ鹿島が口火を切り、マキタは『みなさん』、タツオは『みなさんのおかげでした』、鹿島は『おかげ』と自分のまわりに定着していた略称を語っていましたね。いずれにせよ『みなおか』は、かつては存在しなかった略称であるといえるでしょう」(芸能ライター)

 ならば、「みなおか」の呼称はなぜ現れたのか。そこにはネットニュース特有の事情も関係しているようだ。

「ネットニュースは、限られた字数に文字を詰め込む必要があります。理想としては、15字前後で簡潔に内容が把握できることが望ましい。『とんねるずのみなさんのおかげでした』は番組タイトルだけで17文字ですから、文字数オーバーです。そこで『みなおか』の略称が生まれたのでしょう。さらに、同時に打ち切りが発表された『めちゃ×2イケてるッ!』の略称である『めちゃイケ』との並びも良いため、ネットニュースにおいて『みなおか』が広く定着したといえます」(前出・同)

 両番組は高額な制作予算の割に、視聴率が伸び悩み、「フジテレビのお荷物番組」と化していた。企画のマンネリ化などがつねづね指摘され、ネットニュースの題材となってきただけに、期せずして『みなおか&めちゃイケ』の略称がセットで語られるようになったのだろう。

2017年11月22日 12時20分 リアルライブ
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13925880/

【テレビ】<フジテレビ>とんねるず「みなおか終了」でCS放送に「都落ち」説が急浮上するワケ
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1511334630/

【<とんねるずのみなさんのおかげでした>「みなおか」略称に違和感の声、みんなどう呼んでた?】の続きを読む