芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

いだてん

いだてん

1: なまえないよぉ~ 2019/05/09(木) 16:20:51.99 ID:Y73MG9zD9
 NHKの上田良一会長(69)の定例会見が9日、東京・渋谷の同局で開かれた。

 4月28日に放送された大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」(日曜・後8時)の第16話が平均視聴率7・1%と同作最低、大河ドラマ史上でも2012年11月18日放送の「平清盛」の7・3%を下回る史上最低記録となったことについて、同会長は「視聴率で見れば芳しくないが、別の角度から非常に楽しく見させていただいてます」と話した。

 その上で「私は、とてもいい作品だと思ってます。楽しく毎週見てますし、多くの方に見ていただきたいです。当初のイメージする作品を作ってもらいたい」と続けた。

 同席した制作幹部は「『いだてん』は近代をほぼ無名の人物を主人公に描くという我々としても挑戦的な大河ドラマとして作っています。特効薬的なものがあったら逆にお聞きしたい」と話した。

5/9(木) 16:04 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190509-00000104-sph-ent

【<NHK制作幹部>「いだてん」視聴率大河史上最低に「特効薬的なものがあったら逆にお聞きしたい」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/05/08(水) 11:54:42.38 ID:7gGwCfo39
改元をはさみゴールデンウイークに放送されたNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜後8・0)の平均視聴率が7日、ビデオリサーチから発表され、平成最後の放送となった4月28日に関東地区で大河史上最低の7・1%を記録したことが分かった。2012年の「平清盛」が記録した7・3%を下回った。令和最初の5月5日放送分は7・7%と盛り返したが、令和によみがえることはできるか。

視聴率低下の「いだてん」ぶりが止まらない。ついに大河の歴代ワースト記録を塗り替えた。

4月28日放送回の平均視聴率が7・1%となり、同作の最低記録だった3月31日の8・5%を大幅に更新。1963年から放送される大河ドラマで最低記録だった「平清盛」の7・3%(2012年11月18日)も下回った。
中略

局内では「中身は面白い」という強気の声も。6月2日からは美人女子高生役で黒島結菜(22)が登場。日本人女性初の五輪選手、人見絹枝(菅原小春)や日本女子初の金メダリスト、前畑秀子(上白石萌歌)ら日本人になじみのあるスポーツ選手も美女たちが演じるとあり、挽回策として期待する。

一方で「(金栗ら)五輪で棄権した選手の姿をわざわざドラマで見たくなかった」「物語が明治、大正と戦後の昭和を行ったり来たりで、金栗と古今亭志ん生(ビートたけし)のどちらが主人公なのか…。ごちゃまぜ感についていけない」という声も。

ドラマ関係者は「金栗夫妻の苦労や愛情物語を掘り下げるとか、太い幹になる回がほしかった」と指摘。今後の打開策として「美女だけで視聴者は流されない。高齢者が分かりやすい話にしなくては。阿部サダヲの後半では前向きでドラマチックな展開を期待したい」と話している。

黒島結菜
1ec6ca16

菅原小春
no title
上白石萌歌
no title


https://news.nifty.com/article/entame/etc/12273-268233/ 
2019.5.8 

【大河ワースト「いだてん」黒島結菜、菅原小春、上白石萌歌ら美人女優投入し回復期待】の続きを読む

20190212-00000085-spnannex-000-13-view[1]

1: なまえないよぉ~ 2019/05/07(火) 09:51:57.18 ID:scRskgdR9
NHK大河ドラマ「いだてん」の第16回が4月28日に、第17回が5月5日に放送され、関東地区の平均視聴率が、第16回は7・1%、第17回は7・7%と、ともに7%台とだったことが7日、ビデオリサーチの調べで分かった。

これまでの同作最低は3月31日に放送された第13回の8・5%だったことから同作のワースト記録となった。

また、これまでの大河ドラマのワースト記録は12年11月18日に放送された「平清盛」の7・3%で、これも更新した。

4月28日放送の第16回は、降板したピエール瀧被告の代役として起用された三宅弘城が登場して作品に新たな風を吹き込んでいた。また、孝蔵(森山未来)も落語の才能を開花する気配を見せるなど明るい雰囲気を漂わせていた。5月5日放送の第17回はマラソン選手育成を目指す金栗四三(中村勘九郎)と日本における駅伝の始まりが描かれた。

◆これまでの視聴率推移

第1回が関東地区で15・5%(関西地区12・9%)

第2回は12・0%(関西地区11・5%)

第3回は13・2%(関西地区11・6%)

第4回は11・6%(関西地区12・0%)

第5回は10・2%(関西地区11・7%)

第6回は9・9%(関西地区8・0%)

第7回は9・5%(関西地区8・6%)

第8回は9・3%(関西地区7・7%)

第9回は9・7%(関西地区8・3%)

第10回は8・7%(関西地区8・6%)

第11回は8・7%(関西地区8・9%)

第12回は9・3%(関西地区8・3%)

第13回は8・5%(関西地区7・7%)

第14回は9・6%(関西地区7・4%)

第15回は8・7%(関西地区8・4%)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190507-05070104-nksports-ent

【【視聴率】NHK「いだてん」大河ワースト記録を樹立wwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/04/24(水) 13:07:57.76 ID:gijjLlX/9
宮藤官九郎さんが脚本を手がけるNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の新たなキャストが24日、東京・渋谷のNHKで発表された。会見には、第2部の主人公・田畑政治(たばた・まさじ)役の阿部サダヲさんとともに、斎藤工さん、林遣都さん、人気ロックバンド「ウルフルズ」のトータス松本さんら新キャストが登場した。

 他には、三浦貴大さん、大東俊介さん、皆川猿時さんの出演を発表。さらに、日本人女性として五輪史上初の金メダルを獲得した女子平泳ぎの前畑秀子を上白石萌歌さんが演じる。

 松本さんは、伝説の実況「前畑、頑張れ!」で知られるNHKスポーツアナウンサーの河西三省(かさい・さんせい)役で出演。松本さんが大河ドラマに出るのは「龍馬伝」のジョン万次郎役以来となる。

 「いだてん」は、日本人が初めて五輪に出場した明治の終わりから、東京に五輪がやってきた1964年まで、およそ半世紀を描くオリジナルストーリー。テーマは「“東京”と“オリンピック”」で、大河ドラマで近現代史を取り上げるのは、86年の「いのち」以来33年ぶり。中村勘九郎さんが日本で初めて五輪に参加したマラソン選手の金栗四三(かなくり・しそう)、阿部サダヲさんが「東京オリンピック」実現に執念を燃やす政治記者の田畑政治を演じ、“リレー”形式で主演のバトンをつなぐ。

 大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」は全47回。NHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。 
2019年04月24日 テレビ 
いだてん:斎藤工、林遣都、トータス松本、上白石萌歌ら新キャスト発表 
https://mantan-web.jp/article/20190424dog00m200012000c.html 

会見に登場したNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の新キャスト 
no title


【NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の新キャスト】の続きを読む

20190212-00000085-spnannex-000-13-view[1]

1: なまえないよぉ~ 2019/04/22(月) 09:20:07.91 ID:1Vxq/zCG9
NHK大河ドラマ「いだてん」に出演の中村勘九郎(中央)阿部サダヲ(左)と脚本の宮藤官九郎氏
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第15回が21日に放送され、関東地区の平均視聴率が8・7%だったことが22日、ビデオリサーチの調べで分かった。第6回から10回連続で1桁となった。

第6~9回まで関東地区の平均視聴率は4回連続で9%台を記録し、第10回と第11回はともに8・7%、第12回は9・3%を記録し、浮上する気配を感じさせたものの第13回は8・5%と同作のワースト記録を更新。前回の第14回は、9・6%と2桁にあと1歩と迫り、第15回に2桁復帰の期待もあった。

第15回は熊本に帰った四三(中村勘九郎)が夫を亡くしたスヤ(綾瀬はるか)と結婚したものの、スヤを残して東京に戻り、次のベルリンオリンピックで勝つために練習に打ち込む内容だった。

◆これまでの視聴率推移

第1回が関東地区で15・5%(関西地区12・9%)

第2回は12・0%(関西地区11・5%)

第3回は13・2%(関西地区11・6%)

第4回は11・6%(関西地区12・0%)

第5回は10・2%(関西地区11・7%)

第6回は9・9%(関西地区8・0%)

第7回は9・5%(関西地区8・6%)

第8回は9・3%(関西地区7・7%)

第9回は9・7%(関西地区8・3%)

第10回は8・7%(関西地区8・6%)

第11回は8・7%(関西地区8・9%)

第12回は9・3%(関西地区8・3%)

第13回は8・5%(関西地区7・7%)

第14回は9・6%(関西地区7・4%)

4/22(月) 9:14配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-04220189-nksports-ent

【【視聴率】<NHK大河「いだてん」、もはや視聴率の数字を楽しむための番組と化すwwwwww】の続きを読む