芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

いだてん

1: なまえないよぉ~ 2019/08/14(水) 22:28:46.69
11日に放送されたNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」(日曜午後8時)の第30回の関東地区の平均視聴率が、大河ドラマ史上最低となる5・9%(関西地区5・2%)だったことが13日、ビデオリサーチの調べで分かった。

 6月9日の第22回で、6・7%(関西地区6・0%)と、それまでのワースト記録だった「平清盛」の7・3%を7年ぶりに塗り替えてしまっていたが、今回はこれをさらに更新。なお第6回から第30回まで、25話連続で1ケタの数字を記録している。

 かねて危機感を抱いていたNHKは、PR特番を放送するなど視聴率アップに努めてきたが、全く反映されていない状況だ。

 ネット上では受信料と関連づけ「なんで支持されていないドラマに莫大な制作費を投じるんだ」「これでは国民から理解が得られるわけがないだろ」「そもそもなんで打ち切らないんだ」などと怒りの声が噴出している。

 何かと話題の「NHKから国民を守る党」の存在もあって、同局は公式ホームページに「NHKについて~視聴者のみなさまへ」と題し、受信料についてのリリースを矢継ぎ早に出しているだけに「いだてん」の低視聴率ぶりはバツが悪い。

 そこで、本紙が同局に「ドラマの打ち切りは検討しているか?」「この視聴率で、視聴者から受信料に理解は得られるか?」と質問状を送ったところ、同局は「より多くの視聴者の皆さまに見ていただけるよう今後も努力してまいります」と、予想通りの“お役所コメント”だった。

「さすがに局内で『いだてん』の話はできませんね。もはや存在しないかのような雰囲気です。早く来年の『麒麟がくる』になってほしいことでしょう」とは制作会社関係者。「いだてん」はまだまだ続くが、いったいどこまで下がるのだろうか。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1509627/
いだてん

【 「いだてん」 視聴率ワースト記録を更新 打ち切りは?本紙直撃へのNHK回答】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/08/13(火) 09:36:19.53
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第30回が、11日に放送され、関東地区の平均視聴率が、大河ドラマ史上最低となる
5・9%だったことが13日、ビデオリサーチの調べで分かった。

同作は第22回で6・7%(関西地区6・0%)と、当時の大河ドラマ史上最低の数字を記録したが、これを更新してしまった。関東地区では初めての5%台。

これで第6回から第30回まで25話連続で1桁の数字となった。

第30回は、念願のロス五輪が開幕し、アナウンサーの河西(トータス松本)はレースの実況中継に気合が入るが、大会運営側から妨害にあい、田畑(阿部サダヲ)らが
実況中継の代わりにレースの模様を放送する奥の手を考える姿が描かれた。また、治五郎(役所広司)はIOC総会で五輪招致の立候補を表明する内容だった。

◆これまでの視聴率推移

第1回が関東地区で15・5%(関西地区12・9%)

第2回は12・0%(関西地区11・5%)

第3回は13・2%(関西地区11・6%)

第4回は11・6%(関西地区12・0%)

第5回は10・2%(関西地区11・7%)

第6回は9・9%(関西地区8・0%)

第7回は9・5%(関西地区8・6%)

第8回は9・3%(関西地区7・7%)

第9回は9・7%(関西地区8・3%)

第10回は8・7%(関西地区8・6%)

第11回は8・7%(関西地区8・9%)

第12回は9・3%(関西地区8・3%)

第13回は8・5%(関西地区7・7%)

第14回は9・6%(関西地区7・4%)

第15回は8・7%(関西地区8・4%)

第16回は7・1%(関西地区8・0%)

第17回は7・7%(関西地区8・6%)

第18回は8・7%(関西地区7・2%)

第19回は8・7%(関西地区6・6%)

第20回は8・6%(関西地区7・2%)

第21回は8・5%(関西地区6・9%)

第22回は6・7%(関西地区6・0%)

第23回は6・9%(関西地区7・5%)

第24回は7・8%(関西地区7・5%)

第25回は8・6%(関西地区8・0%)

第26回は7・9%(関西地区6・5%)

第27回は7・6%(関西地区7・0%)

第28回は7・8%(関西地区5・1%)

第29回は7・8%(関西地区5・5%)

日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-08050709-nksports-ent
20190212-00000085-spnannex-000-13-view[1]

【【視聴率】NHK「いだてん」記録更新wwwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/08/09(金) 12:44:51.19
俳優の阿部サダヲ(49)が第2部(後半)の主演を務めるNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜後8・00)の新たなキャストが9日、同局から発表され、古橋廣之進役で04年アテネ、08年北京五輪で平泳ぎ2冠を果たした北島康介さん(36)が出演することが分かった。北島さんは初のドラマ出演となる。北島さんは第40回(10月20日放送)に登場予定。

 北島さんが演じるのは“フジヤマのトビウオ”の異名をとった国民的ヒーローの古橋廣之進。小学生の時から数々の記録を塗り替え、「豆魚雷」と呼ばれた。敗戦国の日本が参加できなかった1948年ロンドン五輪の裏で、田畑政治(阿部)が同日程で開催した日本選手権に自由形で出場し、ロンドン五輪の金メダリストの記録を上回る世界新記録を樹立し、一躍、極貧に苦しむ日本の国民的ヒーローとなった。古橋の泳ぎは国境を越えて勇気と感動を与え、アメリカの新聞は“フジヤマのトビウオ”と称賛した。

 北島さんは「ドラマ出演のオファーが来るとは想像もしていなかったので驚きましたが、古橋先生の役ということだったので快くお受けしました」と素直な思いを吐露。「古橋先生は僕が初めて代表入りしたときの会長でいらして、選手の僕たちをサポートしていただきました。おそらく僕が古橋先生のことを直接知っている最後の世代で、古橋先生から厳しいお言葉だけでなく、水泳に対する思いやここに至るまでのお話を聞く機会が多くありました。僕より下の世代やこれからの水泳界・スポーツ界に、古橋先生がこういう人だったんだということを少しでも伝えられたらと思います」と恩師を演じることへの思いをつづり、「また、来年の東京オリンピックに向けて、自分自身も水泳の歴史を知るきっかけになってありがたかったです」と続けた。「泳ぐシーンの撮影では、昔の泳ぎ方を少し真似しながら泳がせてもらいました。古橋先生が泳いでいる映像とは状況が違うのでそのあたりが少し難しかったですけれど、楽しく盛り上げていただいて良い時間を過ごすことができました。できあがりが楽しみです」と意気込んだ。

 主演の阿部も「北島康介さんがクロールで泳ぐ姿は撮影で初めて拝見したのですが、速い、速い!お芝居もなんでもやってくださり、チーフ演出の無茶ぶりにも応えていらっしゃいましたよ(笑)。撮影に入る前に田畑政治さんと古橋廣之進さんの出身地である浜松に行ったのですが、みなさん、古橋さんのことはよくご存じで、いかに慕われているかを実感しました。ちなみに、田畑さんのことはその時はまだあまり知られていなくて、古橋さんを紹介する施設の一角に、田畑さんのコーナーがありました(笑) そんな国民的ヒーローを、誰もが知っている金メダリストで、しかも実際に古橋さんに指導された北島さんが演じてくださるのは面白いと思います!」とコメントを寄せた。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/09/kiji/20190809s00041000152000c.html 
2019年8月9日 

no title

【「いだてん」新キャストに金メダリストの北島康介さんがドラマ初出演、ちょっと気になっちゃうよなwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/08/05(月) 11:14:57.54
 4日放送のNHK大河ドラマ「いだてん」の視聴率が、関東地区で7・8%、関西地区で5・5%だったことが5日、分かった。

 同ドラマは序盤から視聴率不振が続き、1けたから脱出できない状況が続いている。(数字はビデオリサーチ日報調べ)

https://www.daily.co.jp/gossip/2019/08/05/0012580314.shtml 
2019.08.05 
20190212-00000085-spnannex-000-13-view[1]

【【視聴率】大河「いだてん」圧倒的低視聴率で安定wwwwww】の続きを読む

20190212-00000085-spnannex-000-13-view[1]

1: なまえないよぉ~ 2019/07/29(月) 09:19:11.25
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第28回が、28日に放送され、関東地区の平均視聴率が7・8%だったことが29日、ビデオリサーチの調べで分かった。

同作は第22回で6・7%(関西地区6・0%)と、大河ドラマ史上最低の数字を記録し、第23回も6・9%と2週続けて6%台を記録するなど低迷を続け、これで第6回から第28回まで23話連続で1桁の数字となった。

第28回は、ロス五輪が迫る中、関東大震災からの復興に手ごたえを持つ東京市長の永田秀次郎(イッセー尾形)は東京にオリンピックを招致する構想をぶち上げる。田畑政治(阿部サダヲ)がロスの前哨戦と位置づける日米対抗水上競技大会が開幕すると、日本水泳陣はアメリカチームに圧勝。だが満州事変が発生し、政局が混迷する様子が描かれた。

◆これまでの視聴率推移

第1回が関東地区で15・5%(関西地区12・9%)

第2回は12・0%(関西地区11・5%)

第3回は13・2%(関西地区11・6%)

第4回は11・6%(関西地区12・0%)

第5回は10・2%(関西地区11・7%)

第6回は9・9%(関西地区8・0%)

第7回は9・5%(関西地区8・6%)

第8回は9・3%(関西地区7・7%)

第9回は9・7%(関西地区8・3%)

第10回は8・7%(関西地区8・6%)

第11回は8・7%(関西地区8・9%)

第12回は9・3%(関西地区8・3%)

第13回は8・5%(関西地区7・7%)

第14回は9・6%(関西地区7・4%)

第15回は8・7%(関西地区8・4%)

第16回は7・1%(関西地区8・0%)

第17回は7・7%(関西地区8・6%)

第18回は8・7%(関西地区7・2%)

第19回は8・7%(関西地区6・6%)

第20回は8・6%(関西地区7・2%)

第21回は8・5%(関西地区6・9%)

第22回は6・7%(関西地区6・0%)

第23回は6・9%(関西地区7・5%)

第24回は7・8%(関西地区7・5%)

第25回は8・6%(関西地区8・0)

第26回は7・9%(関西地区6・5%)

第27回は7・6%(関西地区7・0%)

7/29(月) 9:13配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190729-07290163-nksports-ent

【【視聴率】<NHK大河「いだてん」>低迷続く、でも、安定しちゃったみたいでつまらないなwwwww】の続きを読む