芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

いだてん

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/11/18(月) 09:47:59.50
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第43回が17日に放送され、関東地区の平均視聴率が6・1%だったことが18日、ビデオリサーチの調べで分かった。前回の第42回の6・3%から0・2ポイントダウンした。

第41回から東京国税局から1億3800万円の申告漏れなどを指摘され、当面の芸能活動自粛を発表したチュートリアル徳井義実(44)が出演。NHKは「(徳井の)出演シーンは配慮して再編集しながら放送する」などと、10月には全収録が終わっている中、対応に追われている。

今後の影響が心配される中、視聴率的にはこれまで低迷が続き、第39回では3・7%(関西地区4・1%)と、大河ドラマのワースト記録を作っていた。裏番組には、日本テレビ系でラグビーW杯「日本×スコットランド」が放送され、関東地区の平均視聴率が39・2%と高視聴率を記録していた。

「いだてん」の放送前、大河ドラマの平均視聴率の最低記録は、12年11月18日に放送された「平清盛」の7・3%だったが、「いだてん」は、4月28日放送の第16回で7・1%を記録し、6月9日放送の第22回で6・7%、8月11日の第30回で5・9%、8月25日の第32回に5・0%、10月13日の第39回で3・7%と、ワースト記録を5度更新している。

◆これまでの視聴率推移

第1回が関東地区で15・5%(関西地区12・9%)

第2回は12・0%(関西地区11・5%)

第3回は13・2%(関西地区11・6%)

第4回は11・6%(関西地区12・0%)

第5回は10・2%(関西地区11・7%)

第6回は9・9%(関西地区8・0%)

第7回は9・5%(関西地区8・6%)

第8回は9・3%(関西地区7・7%)

第9回は9・7%(関西地区8・3%)

第10回は8・7%(関西地区8・6%)

第11回は8・7%(関西地区8・9%)

第12回は9・3%(関西地区8・3%)

第13回は8・5%(関西地区7・7%)

第14回は9・6%(関西地区7・4%)

第15回は8・7%(関西地区8・4%)

第16回は7・1%(関西地区8・0%)

第17回は7・7%(関西地区8・6%)

第18回は8・7%(関西地区7・2%)

第19回は8・7%(関西地区6・6%)

第20回は8・6%(関西地区7・2%)

第21回は8・5%(関西地区6・9%)

第22回は6・7%(関西地区6・0%)

第23回は6・9%(関西地区7・5%)

第24回は7・8%(関西地区7・5%)

第25回は8・6%(関西地区8・0%)

第26回は7・9%(関西地区6・5%)

第27回は7・6%(関西地区7・0%)

第28回は7・8%(関西地区5・1%)

第29回は7・8%(関西地区5・5%)

第30回は5・9%(関西地区5・2%)

第31回は7・2%(関西地区5・9%)

第32回は5・0%(関西地区4・9%)

第33回は6・6%(関西地区4・8%)

第34回は9・0%(関西地区5・5%)

第35回は6・9%(関西地区5・3%)

第36回は7・0%(関西地区6・2%)

第37回は5・7%(関西地区4・1%)

第38回は6・2%(関西地区4・5%)

第39回は3・7%(関西地区4・1%)

第40回は7・0%(関西地区6・2%)

第41回は6・6%(関西地区5・3%)

第42回は6・3%(関西地区4・8%)

11/18(月) 9:42配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191118-11110947-nksports-ent
20190212-00000085-spnannex-000-13-view[1]

【【視聴率】NHK大河ドラマ「いだてん」大河歴代ワースト20へのカウントダウンwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/11/11(月) 09:38:18.59
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第42回が10日に放送され、関東地区の平均視聴率が6・3%だったことが11日、ビデオリサーチの調べで分かった。前回41回の6・6%から0・3ポイントダウンした。

前回の第41回は東京国税局から1億3800万円の申告漏れなどを指摘され、当面の芸能活動自粛を発表したチュートリアル徳井義実(44)が初出演するとあって、NHKの再編集の状況などに注目が集まっていが、第40回の7・0%から0・4ポイントダウンしていた。NHKは「(徳井の)出演シーンは配慮して再編集しながら放送する」としている。

また、第39回では3・7%(関西地区4・1%)と、大河ドラマのワースト記録を作っていた。裏番組には、日本テレビ系でラグビーW杯「日本×スコットランド」が放送され、関東地区の平均視聴率が39・2%と高視聴率を記録。「いだてん」の3・7%はラグビーW杯の影響を受けたと思われるが、その後も視聴率は1桁の低空飛行が続いている。

これまでの大河の視聴率は、8月25日放送の第32回で大河ドラマ史上最低の5・0%(関西地区4・9%)を記録していた。「いだてん」放送前の、大河ドラマの平均視聴率の最低記録は12年11月18日に放送された「平清盛」の7・3%だったが、「いだてん」は、4月28日放送の第16回で7・1%を記録し、6月9日放送の第22回で6・7%、8月11日の第30回で5・9%、8月25日の第32回に5・0%と、4度目のワースト記録更新をしていたが、10月13日の第39回で3・7%と、5度目の更新となっていた。

◆これまでの視聴率推移

第1回が関東地区で15・5%(関西地区12・9%)

第2回は12・0%(関西地区11・5%)

第3回は13・2%(関西地区11・6%)

第4回は11・6%(関西地区12・0%)

第5回は10・2%(関西地区11・7%)

第6回は9・9%(関西地区8・0%)

第7回は9・5%(関西地区8・6%)

第8回は9・3%(関西地区7・7%)

第9回は9・7%(関西地区8・3%)

第10回は8・7%(関西地区8・6%)

第11回は8・7%(関西地区8・9%)

第12回は9・3%(関西地区8・3%)

第13回は8・5%(関西地区7・7%)

第14回は9・6%(関西地区7・4%)

第15回は8・7%(関西地区8・4%)

第16回は7・1%(関西地区8・0%)

第17回は7・7%(関西地区8・6%)

第18回は8・7%(関西地区7・2%)

第19回は8・7%(関西地区6・6%)

第20回は8・6%(関西地区7・2%)

第21回は8・5%(関西地区6・9%)

第22回は6・7%(関西地区6・0%)

第23回は6・9%(関西地区7・5%)

第24回は7・8%(関西地区7・5%)

第25回は8・6%(関西地区8・0)

第26回は7・9%(関西地区6・5%)

第27回は7・6%(関西地区7・0%)

第28回は7・8%(関西地区5・1%)

第29回は7・8%(関西地区5・5%)

第30回は5・9%(関西地区5・2%)

第31回は7・2%(関西地区5・9%)

第32回は5・0%(関西地区4・9%)

第33回は6・6%(関西地区4・8%)

第34回は9・0%(関西地区5・5%)

第35回は6・9%(関西地区5・3%)

第36回は7・0%(関西地区6・2%)

第37回は5・7%(関西地区4・1%)

第38回は6・2%(関西地区4・5%)

第39回は3・7%(関西地区4・1%)

第40回は7・0%(関西地区6・2%)

第41回は6・6%(関西地区5・3%)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-11070015-nksports-ent
20190212-00000085-spnannex-000-13-view[1]

【【視聴率】「いだてん」第42話低空飛行続くwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/11/05(火) 09:42:44.84
歌舞伎俳優の中村勘九郎(37)と俳優の阿部サダヲ(49)がダブル主演するNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜後8・00)の第41話が3日に放送され、平均視聴率は6・6%(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが4日、分かった。前週10月27日放送の7・0%から0・4ポイント下がった。

 この回から、東京国税局に1億3800万円の申告漏れなどを指摘され、芸能活動自粛中のチュートリアル徳井義実(44)が、女子バレーボール日本代表・大松博文監督役で登場した。

 冒頭でテロップが表示され、黒のバックに白文字で「徳井義実さん演じる日本女子バレーボールの大松博文監督を描くシーンについては編集などでできるだけ配慮をして放送いたします」などと伝えた。徳井は開始約7分の場面で初登場。計約2分にわたって姿が映るなど、出演シーンをカットし切れないままの放送となった。

 「いだてん」は初回15・5%で、0・1ポイントながら前作「西郷どん」の初回15・4%を上回ったが、第6話で9・9%と“史上最速”で1桁に陥落。その後も1桁の“低空飛行”を続け、第16話で大河ドラマでは記録が残る1994年以降の過去最低視聴率となる7・1%を記録。その後も数字を下げ、第39話では3・7%とワースト記録を更新していた。

 第41話は「おれについてこい!」。平沢和重(星野源)の名スピーチにより1964年(昭39)の東京オリンピックが開催決定。田畑(阿部)を事務総長に組織委員会が発足する。メダルを獲れる競技を正式種目に取り入れようと考えた田畑は、鬼監督・大松(徳井)とキャプテン・河西(安藤サクラ)率いる女子バレーボールチームに注目する…という展開だった。

11/5(火) 9:25配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00000114-spnannex-ent
20190212-00000085-spnannex-000-13-view[1]

【【視聴率】<いだてん>第41話の視聴率、チュート徳井登場の1分短縮版、話題にはなっていたのだか・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/11/04(月) 06:40:37.67
NHKは3日、多額の申告漏れと所得隠しを指摘され、活動自粛中のチュートリアル・徳井義実(44)が出演している大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜・後8時)を再編集して放送した。

冒頭に再編集したことをテロップで告知。ドラマ本編ではストーリーのつながりとして必要な部分は削除されず、徳井はのべ約4分間登場した。
徳井は1964年の東京五輪で「東洋の魔女」の異名を取った女子バレーボール日本代表の大松博文監督役で、安藤サクラ(33)が演じる主将・河西昌枝らに厳しい指導をする場面などが放送された。

放送時間は通常43分のところ42分となり、短縮された1分は同局ドラマ関連のスポット映像を流して対応した。

https://news.livedoor.com/article/detail/17330031/
2019年11月4日 6時1分 スポーツ報知
20191104003

【チュート徳井、NHK「いだてん」に約4分間登場…番組は1分短縮でスポット流れる】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/10/28(月) 09:45:03.20
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第40回が27日に放送され、関東地区の平均視聴率が7・0%だったことが28日、ビデオリサーチの調べで分かった。

20日はラグビーW杯の放送のため、大河ドラマは休止となっていたが、13日に放送された第39回では3・7%(関西地区4・1%)と、大河ドラマのワースト記録を作っていた。

13日放送の大河ドラマの裏番組には、日本テレビ系でラグビーW杯「日本×スコットランド」が放送され、関東地区の平均視聴率が39・2%と高視聴率を記録。「いだてん」の3・7%はラグビーW杯の影響を受けたと思われる。ただ、なかなか視聴率は2桁に届かず低空飛行が続いている。

これまでの大河の視聴率は、8月25日放送の第32回で大河ドラマ史上最低の5・0%(関西地区4・9%)を記録していた。「いだてん」放送前の、大河ドラマの平均視聴率の最低記録は12年11月18日に放送された「平清盛」の7・3%だったが、「いだてん」は、4月28日放送の第16回で7・1%を記録し、6月9日放送の第22回で6・7%、8月11日の第30回で5・9%、8月25日の第32回に5・0%と、4度目のワースト記録更新をしていたが、第39回の放送で5度目の更新となっていた。

◆これまでの視聴率推移

第1回が関東地区で15・5%(関西地区12・9%)

第2回は12・0%(関西地区11・5%)

第3回は13・2%(関西地区11・6%)

第4回は11・6%(関西地区12・0%)

第5回は10・2%(関西地区11・7%)

第6回は9・9%(関西地区8・0%)

第7回は9・5%(関西地区8・6%)

第8回は9・3%(関西地区7・7%)

第9回は9・7%(関西地区8・3%)

第10回は8・7%(関西地区8・6%)

第11回は8・7%(関西地区8・9%)

第12回は9・3%(関西地区8・3%)

第13回は8・5%(関西地区7・7%)

第14回は9・6%(関西地区7・4%)

第15回は8・7%(関西地区8・4%)

第16回は7・1%(関西地区8・0%)

第17回は7・7%(関西地区8・6%)

第18回は8・7%(関西地区7・2%)

第19回は8・7%(関西地区6・6%)

第20回は8・6%(関西地区7・2%)

第21回は8・5%(関西地区6・9%)

第22回は6・7%(関西地区6・0%)

第23回は6・9%(関西地区7・5%)

第24回は7・8%(関西地区7・5%)

第25回は8・6%(関西地区8・0%)

第26回は7・9%(関西地区6・5%)

第27回は7・6%(関西地区7・0%)

第28回は7・8%(関西地区5・1%)

第29回は7・8%(関西地区5・5%)

第30回は5・9%(関西地区5・2%)

第31回は7・2%(関西地区5・9%)

第32回は5・0%(関西地区4・9%)

第33回は6・6%(関西地区4・8%)

第34回は9・0%(関西地区5・5%)

第35回は6・9%(関西地区5・3%)

第36回は7・0%(関西地区6・2%)

第37回は5・7%(関西地区4・1%)

第38回は6・2%(関西地区4・5%)

第39回は3・7%(関西地区4・1%)

10/28(月) 9:37
日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191028-10210188-nksports-ent
20190212-00000085-spnannex-000-13-view[1]

【【視聴率】NHK大河「いだてん」 第40回、爆上げwwwwww 】の続きを読む