芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

いだてん

1: なまえないよぉ~ 2019/02/04(月) 10:45:23.91 ID:EbR4qiw89
3日に放送されたNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」(日曜・後8時)第5話の平均視聴率が10・2%だったことが4日分かった。

 1月6日放送の初回は15・5%を記録し、昨年放送の前作「西郷どん」の初回15・4%を0・1ポイント上回るスタート。第2話は12・0%、第3話は13・2%、第4話は11・6%と推移。今回は前回から1・4ポイントダウンした。

 ドラマは主演を中村勘九郎(37)と阿部サダヲ(48)が務め、東京高等師範学校の嘉納治五郎校長の元に五輪の招待状が届いた1909年から64年の東京五輪開催までの激動の55年間を描く。
12年ストックホルム大会で、マラソン選手として日本人で初めて五輪に出場したが不本意な結果に終わった金栗四三(中村勘九郎)と、東京に五輪を招致するために尽力した日本水泳連盟会長・田畑政治(阿部サダヲ)を中心に3部構成で展開。

 宮藤官九郎氏(48)が脚本を手掛け、ビートたけし(71)が物語の語り部となる伝説の落語家、5代目・古今亭志ん生を演じる。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00000076-sph-ent
いだてん

【【視聴率】 NHK大河「いだてん」第5話視聴率が危険水域wwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/01/28(月) 09:53:51.21 ID:i/mfI3BF9
27日放送されたNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の関東地区の平均視聴率が11・6%だったことが28日、分かった。

関東地区の平均視聴率は初回が15・5%、第2話が12・0%と3・5ポイントも下落したが、第3話に13・2%を記録し、前話から1・2ポイントアップしていた。
第3話は笑いを随所に盛り込み、コミカルな内容。
1話、2話に比べて分かりやすい作り方になっており、単純に見ていて楽しく、今後、数字を上乗せしていく気配を感じさせていた。

第4話はマラソン大会で3位となった四三(中村勘九郎)が表彰式で憧れの嘉納治五郎(役所広司)に声をかけられてさらに発奮し、むちゃな練習を敢行する内容だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00456726-nksports-ent

NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」W主演の中村勘九郎と阿部サダヲ
no title

【【視聴率】NHK大河ドラマ「いだてん」4話で再び下降www】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/01/22(火) 05:06:21.96 ID:U5mmAbpu9
 女優の山本美月が1月20日、“モダンガール風”衣装でのオフショット画像を公開。その姿を見たネット上のファンからは、早くも絶賛コメントが相次いで寄せられている。

 これは同日、山本が自身の公式インスタグラムに投稿したもので、この中で彼女は、「#いだてん 3話、観てください。 本庄さんの本日のファッション。 毎度、ほんとに衣装が素敵です。」と紹介しつつ、自身が出演中のNHK大河ドラマ『いだてん?東京オリムピック噺?』の衣装を身につけての“モダンガール風オフショット”を公開。

 その姿を見たネット上のファンからは「美月ちゃん、綺麗(ハート)」「衣装だけでなく、それを着ている人も素敵です」「美月ちゃん(ハート)可愛い??」「カッコいいですね」「素敵すぎです、、シャネルみたいです、、お美しい…お顔の小ささがさらに際立ちます!!衣装 毎回楽しみにしてます(ハート)」と、衣装はもちろんのこと、それを着こなす彼女の美貌を絶賛する声が相次ぐこととなった。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


[mizuki_yamamoto_official]
no title

no title

no title

https://www.instagram.com/p/Bs2qDdvg4fM/
@mzkymmtofficial
no title


2019.01.21 16:23 
『いだてん』山本美月、小顔際立つ“モダンガール”姿に絶賛の声「素敵すぎです」 

https://abematimes.com/posts/5597780

【『いだてん』山本美月、小顔際立つ“モダンガール”姿に絶賛の声】の続きを読む

いだてん

1: なまえないよぉ~ 2019/01/20(日) 07:29:33.99 ID:54DDf8ZU9
 1月6日にスタートした平成最後のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」は初回こそ15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、昨年の『西郷どん』(主演:鈴木亮平)の初回視聴率15.4%をかろうじて上回ったが、第2話(13日)は12.0%まで急降下。

 これを受けてフリーアナウンサーの久米宏は、1月19日放送の「久米宏 ラジオなんですけど」(TBSラジオ)で以下のように語った。

「(昨年)暮れから大キャンペーンをずっと張っていて、その挙げ句が15.5%。『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)にかなり負けている。(中略)さらに2話は『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)の制作費7万円くらいの番組にまで負けて……NHKはショックだろうね。(中略)下手すると、明日は1ケタになるんじゃないか?」

 同業者にここまで言われたら、NHKもさぞやショックだろう。

 それにしても、朝ドラ「あまちゃん」で実績のあるクドカンこと宮藤官九郎を脚本に抜擢して、なぜここまで視聴率は伸びないのか。

 ***

 1963年、井伊直弼を描いた「花の生涯」(主演:尾上松緑[二代目])に始まり、今年で58作目となる大河ドラマが「いだてん」だ。これまでの人気作品を見てみよう。

 意外なことに「NHK紅白歌合戦」とは違って、古ければ古いほどみんなが見ていたわけではない。1960年代からは2本、70年代からはなく、80年代から6本がランクインしている。90年代に2本あり、2000年以降、ベスト10に入る作品はない。

 作品の時代背景を見ると、戦国時代を含む作品が5本、これに安土桃山時代も含めると10本中7本に、日本人の好きな織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が出演していることに。

 さらに、日本人が大好きな「赤穂浪士」と暴れん坊将軍の「徳川吉宗」は江戸中期の物語であり、9本が近世を描いたものになる。

 唯一の例外が「いのち」であり、時代は昭和で、主人公が架空の人物であるばかりか、歴史上の人物が全く登場しない唯一の大河作品である。

「後にNHK会長となる川口幹夫さんが放送総局長だった頃に、戦国時代と幕末ばかりになってしまった大河ドラマの路線転換を図ったんです。“近代大河”と名付け、山崎豊子さんの『二つの祖国』をもとに日系アメリカ人2世を主人公にした『山河燃ゆ』(1984年、主演:松本幸四郎、西田敏行)に始まり、翌年には日本人女優・第1号の川上貞奴を描いた『春の波濤』(主演:松坂慶子)を放送したのですが、どちらも不人気でした。そのため、大河『おんな太閤記』や朝ドラ『おしん』(1983~84年)で実績にある橋田壽賀子さんにテコ入れをお願いし、視聴率を回復させたのが86年の『いのち』です。実際、その翌年の『独眼竜政宗』以降3年連続でベスト10入りしているのは、視聴者の揺り戻しでしょう。NHKも相当懲りたと見えて、以来、大河で近現代を扱うことはなかったのですが、『いのち』から33年ぶりの近現代大河となったのが『いだてん』というわけです」(当時を知るテレビマン)

>>2以降に続きます

1/20(日) 6:01配信 デイリー新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190120-00555419-shincho-ent
no title

no title

【NHK大河「いだてん」が早くもピンチ “近現代”と“オリジナル脚本”はコケるのジンクス】の続きを読む

いだてん

1: なまえないよぉ~ 2019/01/15(火) 10:23:05.54 ID:IJbZfZJL9
3日に放送されたNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第2話の関東地区の平均視聴率が12・0%(関西地区11・5%)だったことが15日、ビデオリサーチの調べで分かった。

6日放送の初回は関東地区15・5%と、前作「西郷どん」の初回を0・1ポイント上回ったが、00年以降の作品では2番目に低い数字だった。
初回はNHKのチーフ・プロデューサー(CP)が壮大なプロローグと表現するなど、描かれる時代が激しく前後し、大勢のキャストが登場して分かりづらい一面もあった。
また、前作の「西郷どん」の後半の数カ月間の平均視聴率がほぼ11%台と低迷していた。
「いだてん-」の初回の数字は「西郷どん」の視聴習慣の影響があったとも考えられる。

NHKは第2話についてオーソドックスな話の流れになっており、見やすいはずと説明していた。
第2話は今後の人気のバロメーターになる勝負の回だったが、関東地区では初回をさらに3・5ポイントも下回ってしまった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00443510-nksports-ent

NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」W主演の中村勘九郎と阿部サダヲ
no title

【【視聴率】NHK大河ドラマ「いだてん」第2回、視聴率激減wwwwwww】の続きを読む