芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

あいみょん

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/02/13(木) 23:14:47.24
シンガー・ソングライターのあいみょんが13日、大阪城ホールで自身最長・最大のツアー『AIMYON TOUR 2019 -SIXTH SENSE STORY-』(全26公演)のファイナルを迎えた。終演後には、4月から『AIMYON 弾き語りTOUR 2020“風とリボン”』、10月からは自身最大を更新する20万人を動員するアリーナワンマンツアー『AIMYON TOUR 2020“ミート・ミート”』を開催することが発表された。

 あわせて、配信リリースが決まっている新曲「さよならの今日に」のミュージックビデオ(MV)が14日午前0時にYouTubeでプレミア公開されることも決定。MV撮影では初めて利用された東京・渋谷駅桜丘口地区の再開発エリアを舞台に、あいみょんが力強く歌い上げる。

 あいみょんは「この場所は日々変化していく場所で、もう一度この景色で撮りたい!だなんて我儘言っても、もう撮れないです。本当に貴重な経験をさせて頂きました」とコメント。新ツアーについても「弾き語りツアーとアリーナツアーが決まりました。あいみょんのライブに戻りたい!って思ってもらえるライブにしたいです」と意気込んでいる。

 MVの監督は、過去に「マリーゴールド」「今夜このまま」「ハルノヒ」「真夏の夜の匂いがする」の映像を手がけた山田智和氏が担当した。山田監督は「2020年最初に撮るMVとして、渋谷駅再開発地域の中心、桜丘の再開発地区の敷地内で特別許可を得て撮影をさせて頂きました。今しか撮影できないであろう現在の日本の中心地と、楽曲の現在性をもって、しっかりと今というものを記録し、後世に残したいと思いました。楽曲の力強さから、自分の意志で生きることとは何かを感じ取って欲しいと願っています」とのメッセージを寄せた。

■あいみょんコメント
この場所は日々変化していく場所で、
もう一度この景色で撮りたい!だなんて我儘言っても、もう撮れないです。
本当に貴重な経験をさせて頂きました。
いつか自分が歩いた土の上が恋しくなるほど
ピカピカになってく渋谷の街に、
私は何を思うのかなぁと。ふと考えてしまいます。
戻れないのは分かってるけど。
是非、沢山観て欲しいです。
宜しくお願いします。高い所、怖かった。

p.s 2020年。弾き語りツアーとアリーナツアーが決まりました。あいみょんのライブに戻りたい!って思ってもらえるライブにしたいです。

2020-02-13 21:30 
あいみょん、弾き語り/アリーナツアー2本発表 渋谷舞台の新曲MVも公開 
https://www.oricon.co.jp/news/2155341/full/ 

@aimyonGtter 
no title

no title


※プレミア公開14日午前0時~ 
https://www.youtube.com/watch?v=1p-XRXSiEfo





【あいみょん、弾き語り/アリーナツアー2本発表 渋谷舞台の新曲MVも公開!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/02/08(土) 01:10:14.55
GfK Japanによるストリーミング再生回数レポートから、2020年2月3日~2月5日の集計が明らかとなり、あいみょん「マリーゴールド」が94.6万回再生を記録し、総再生回数2億回を突破した。(ビルボードジャパン調べ)

「マリーゴールド」は、あいみょんが2018年8月8日にリリースした5thシングルの表題曲で、7月18日より先行配信がスタート。チャートイン45週目となる2019年6月3日付チャート(集計期間:2019年5月20日~5月26日)では、国内アーティストとして初めて総再生回数1億回を突破した。

なお、2017年10月のストリーミング・チャート集計開始以降、2億回再生を突破した楽曲は、Official髭男dism「Pretender」に続き、史上2作目となる。

あいみょんは「マリーゴールド」の他にも、「君はロックを聴かない」と「今夜このまま」が、累計再生数1億回を突破している。また2月14日には、新曲「さよならの今日に」を配信限定リリースする。

http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/84791/2 
2020/02/07 
20200208005


【あいみょん「マリーゴールド」ストリーミング再生累計2億回突破 Official髭男dism「Pretender」に続き史上2作目】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/12/27(金) 13:24:07.95
シンガーソングライターのあいみょんが12月26日にInstagramを更新し、女優の広瀬すずとのツーショットを披露した。仲睦まじげな彼女たちの姿に、ふたりのファンから興奮気味のコメントが殺到している。

あいみょんは「イブの日」と12月24日に広瀬と食事をしたことをInstagramで報告。広瀬の背後から腕を回して顔を抱えているかのような、実に楽しげな写真を投稿した。「普通にツアーグッズ着て来た」とあるように、広瀬が着用している白のロングTシャツはあいみょんのツアーグッズ。そんな広瀬の気遣いに、あいみょんは「お小遣いあげたくなった」と独特の言い回しで喜びを表現している。あいみょんが初出場した2018年の『第69回紅白歌合戦』で広瀬が司会を務めた縁もあり、プライベートでも親交が深いことで知られているふたり。クリスマスイブも一緒に食事だなんて、本当に気が合うんでしょうねぇ……。

◆「イブに2人であってるなんて激アツ」と大反響

今をときめく大人気歌手と大人気女優の豪華なツーショットに、ふたりのファンは大興奮。同エントリーのコメント欄には「可愛いが充満してる」「かわいすぎるるるるる!」「仲良くなってるの可愛すぎてむり」「うわあああ大好きです」「イブに2人であってるなんて激アツ」など喜びの声が無数に寄せられた。また「すずみょん」「みょんすず」といった“コンビ名”も定着しているようで、「最強こんびすぎ」「この組み合わせ最高」といったコメントも続出。まるで家族のように気心の知れた関係であることを伺わせる彼女たちの表情に、「圧倒的姉妹感」「姉妹みたい」という感想も相次いでいた。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

あいみょん&広瀬すずの仲良し2ショットにファン歓喜「可愛いが充満してる」「姉妹みたい」 
[2019/12/26 18:01]耳マン 
https://33man.jp/article/008031.html 

aimyon36 
no title



◆あいみょん、広瀬すずにお小遣いをあげたくなる 
【あいみょん&広瀬すず 仲良し2ショットにファン歓喜】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/10/31(木) 21:47:51.39
シンガーソングライターのあいみょんが、発売中の「Ray」12月号に登場。デビュー時の心境を明かした。

独特の世界観、ファッションセンス、クセになる歌声で“あいみょん現象”を巻き起こした同誌同世代の天才・あいみょん。

歌手の道を選んだきっかけとして「世の中的に私は“さとり世代”といわれて、安定した職業に就くことがいちばんって思っている世代で。音楽の道はひと握りのものだから、何か資格があったほうがいいかもとか、人並みに考えていました」と言い、「今の自分は、まったく想像していなかったですね」と語る。

「業界のことをほっそい目で見ていたので、どうせすぐ捨てられる、悪い男に引っかかったくらいの感覚やったので(笑)」とデビュー時の心境を明かした。

ほかにも誌面では、刺激になる人や好きな音楽などを話したインタビューが掲載されている。(modelpress編集部)

https://mdpr.jp/news/detail/1889718 
2019.10.31 

no title

【あいみょん「どうせすぐ捨てられる」デビュー時の心境明かす】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/10/06(日) 11:06:44.15
【夢中論】昨年のNHK紅白歌合戦に初出場し、勢いそのまま数々の音楽記録を打ち立てているシンガー・ソングライターのあいみょん(24)。10、20代に熱烈に支持される要因の一つが、表現が美しい情念あふれる歌詞だ。作詞の感性を磨いているのは読書。大好きな官能小説からも大きなヒントを得ている。

 「本屋の街」と呼ばれる東京・神田神保町によく行く。明治創業の老舗書店などで新刊の表紙や帯、あらすじをチェック。小説だけではなく、雑誌や写真集、絵本も手に取る。

 「ここにはよくふらっと来ている。ちょっと前はミステリーばかり読んでいたけど、最近はエッセーでも詩集でも何でも読むようになった」

 直近で読んだのは「ボダ子」。ホームレスの63歳新人作家、赤松利市氏が波乱に満ちた半生を描いた私小説だ。

 「“住所不定、無職の新人”ってどんな作家やろ?面白そうやなと思って買いました。又吉さんが帯を書いている本も読むし、本選びはミーハーです」

 芥川賞芸人のピース・又吉直樹(39)のお薦めで、作家いしいしんじ氏の短編小説「トリツカレ男」も読んだ。

 自宅には本棚が2つある。リビングの方には写真集や美術の本など、寝室の方には小説が並ぶ。その中には、官能作品が交じっている。

 「めっちゃ好きなんですよ。例えば女性の局部を“茂み”って例えたり、比喩表現が豊富で勉強になる。“丘”とか“膨らみ”とか、普通の言葉なのに妄想を広げますよね」

 17歳の時、中古本販売店の100円コーナーで偶然、目にとまったのが「滴」。ベストセラー官能小説家、神崎京介氏の短編集だ。拘束が好きな女と嫉妬深い男のプレーで立場が逆転していく物語などに「う、すげえ。マジかよ」とうなり、何度も読み返した。ほかにも十数冊読み、官能作品で使われている約2300の用語や表現をまとめた「官能小説用語表現辞典」は“バイブル”だ。

 「いかに直接的な言葉を使わないか。知らないうちに作詞の勉強になっていたんだと思います」

 実際に歌詞にも生かされている。菅田将暉(26)との共演曲「キスだけで」は、♪私今日は女だから…と、女性の生理を例えるフレーズが印象的。「いいことしましょ」は、♪この膨らみに触れて…、♪あの丘をこえたいの…など官能用語が随所に登場する。

10/6(日) 10:00配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191006-00000163-spnannex-ent

写真
no title

【<あいみょん>10、20代に熱烈に支持される要因の一つが、表現が美しい情念あふれる歌詞!大好きな官能小説からも大きなヒント】の続きを読む