芸能

1: なまえないよぉ~ 2017/04/22(土) 23:08:53.78 ID:CAP_USER9
4月16日、格闘技特番「RIZIN」を放送したフジテレビ。
放送決定後から何度も番宣を放送し、同局が大いに力を入れていたものの平均視聴率は5.4%と惨敗を喫してしまった。

昨年の年間視聴率は前日、ゴールデン、プライムのいずれも民放4位に沈み、早急なテコ入れに動いている同局。
4年前に就任した現社長の亀山千広氏の解任がいよいよ現実味を帯びてきている。

「社内では次期社長の話題で持ちきりですよ」と語るのは同局の30代社員である。

「週刊誌にも書かれているように、次期社長候補は2人に絞られたと言われています。ひとりは遠藤龍之介専務取締役。
作家の遠藤周作の長男で、広報のエースとして活躍してきた人です。

もうひとりはドラマのヒットメーカーとして知られている大多亮常務取締役。大多さんは4年前にも“次期社長の最有力候補”と呼ばれていて、次こそ社長かと噂されているんです」

社内外から注目を集める同局の次期社長争いだが、内部からは不安の声も──。
「『もし新社長に大多さんが選ばれたら大変だ』と戦々恐々としているスタッフもいますよ」

なぜ、大多氏は恐れられているのだろうか?

「大多さんは現社長の亀山さんと長年のライバル関係。大多さんがトップの座についたら、現体制からの脱却をアピールするため、
いま放送されている番組が続々と打ち切りになるのではと予想されているんです。バラエティだと『めちゃ×2イケてるッ!』『とんねるずのみなさんのおかげでした』などは真っ先に“粛清”されると言われていますね」

間近と囁かれるフジテレビの新体制樹立。新社長となるのは遠藤氏か大多氏か──。

(白川健一)

Posted on 2017年4月22日 17:58
http://www.asagei.com/excerpt/79816

フジテレビ

【フジテレビ 新社長があの人なら「めちゃイケ」「みなさんのおかげ」は即粛清!?】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/04/23(日) 17:39:59.25 ID:CAP_USER9
元日本テレビアナウンサーでタレントの脊山麻理子が23日、都内にて、4作目となるイメージDVD「脊山麻理子 シチリアの休日~みるくぽんの足跡~」の発売記念イベントを開催し、報道陣の取材に応じた。

イタリア・シチリアで撮影

4月8日に37歳になった脊山は、ホワイトのミニガウンを脱ぎ捨てて、作品内容に合わせた大胆なブラックのガーターベルト姿を披露。
「“着ているところからの下着”がエロさかなと思います。“いきなり下着”よりは、“着ているところからの下着”がこのDVDでも醍醐味になっています」と笑みを浮かべた。

同作は、イタリア・シチリア島で撮影。
シチリア島では撮影をしていても注意されることはなく、「『もっと、こういうポーズを撮った方がよいのではないか』など、街のお父さん方が声を掛けてくれたりして、さすが芸術の街で、寛容な街でした」と回顧。

シャワーを浴びるシーンのほか、下着は、イタリア製の薄い生地のものなど8種類ほどを収録しており、
「着た下着を干しているシーンもありますので、どれだけ素材が薄いのかも楽しんで頂けると思います」と自信満々。
「お尻が全開のシーンがあるので、そこは気を付けて撮りました」とも。
「キッチンで小麦粉を使って遊ぶシーンがあるのですが、“小麦粉エロ”みたいな(笑)」と茶目っ気たっぷりにアピールした。

「青空のもと、思う存分、お尻を堪能できる作品になっておりますので、ぜひ、お尻フェチの方、そして、大人女子好きの方に観てほしいなと思います」と笑顔を浮かべ、
お尻に加えて「ガーターベルトや黒い下着など大人な下着を堪能できるDVDにもなっています」とメッセージを送った。

スタイルキープの方法は?

グラビア活動については「年齢で考えていなくて、見た目が100%でできるうちはやりたいかなと思います」といい、
「年齢で『すごいね』みたいに言われることが多くなったので、そういうことが言われないような社会にしていきたいなと思います。『女性は年ではなく、いつまでも楽しんでよいのだ』という存在になれたら嬉しいです」と意欲。

美ボディキープの方法については、「ウォーキングと筋トレです。あとはプロテインを飲んでたんぱく質を多めに取っています」といい、
「アスリートの人みたいな毎日を送っています。朝に6キロ歩いて、ジムに行って、プロテインを飲んで。体を鍛えることが趣味といいますか」とコメント。
毎週ジムに通うことを10年ほど続けており、「それが今、DVDを出せていることに繋がっているかなと思います」と声を弾ませた。

(つづきはコチラ)
http://mdpr.jp/news/detail/1681083

イメージDVD「脊山麻理子 シチリアの休日~みるくぽんの足跡~」の発売記念イベント
no title
【脊山麻理子(37)、黒のSEXYガーターベルト姿で登場】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/04/22(土) 23:51:43.17 ID:CAP_USER9
グラビアアイドルや女優として活躍する橋本マナミさん(32)が自身のインスタグラムで公開した過去の写真が反響を呼んでいる。
橋本さんは2017年4月19日深夜、「13歳の時のアタシ」として20年近く前の写真を披露した。

まさに原石」「驚くほど美しい」

続けてインスタグラムでは「明日の日本テレビPONで美少女コンテスト13歳当時の様子が流れるかもです。とっても貴重映像です。みれたらみてねっ」とファンに告知した。

橋本さんといえば1997年、「第7回全日本国民的美少女コンテスト」に出場し、演技部門賞を受賞。これを機に芸能界デビューを果たしている。写真はコンテスト当時のものというわけだ。

写真の中の橋本さんは花柄のノースリーブに身を包み、ロングヘアをアップスタイルでまとめ、13歳とは思えないほどの色気を漂わせている。大人になってから

「愛人にしたい女NO.1」「平成の団地妻」との異名をとることになるが、その片鱗は当時から垣間見せていたようだ。

その美少女っぷりにファンは大興奮。コメント欄には、

「まさに原石」

「13歳から色気がある美少女だったんですね!」
「驚くほど美しいですね。本当に綺麗です」
「ほんと綺麗、この若さでかわいいより綺麗と言われるなんてすごい!」

といったコメントが続々と寄せられている。

2017/4/20 12:01
https://www.j-cast.com/2017/04/20296060.html?photo=2&in=news.yahoo.co.jp

写真
no title

【橋本マナミ 13歳にしてこの色気! 美少女コンテスト時代の写真が反響】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/04/22(土) 20:06:19.89 ID:CAP_USER9
 一時期“色白ハーフ系”で人気者だったトリンドル玲奈(25)が失墜。その挽回策として仰天ヌードを披露するのではないか、と期待が高まっている。
 「ピーク時は、ベッキーやローラとは一味違うハーフキャラとして、テレビや雑誌などで引っ張りだこでした。ベッキーとローラがバラエティー中心で活動するのに対し、トリンドルは、モデル系アイドルとして高い評価を得ていたんです。人気の理由はギャップ。美少女系なのに、水着やエステCMでの下着披露もガンガンやっていましたからね」(グラビア雑誌編集者)

 とりわけトリンドルを有名にしたのは、同じハーフタレントのダレノガレ明美とのケンカ。2人はファッションショーの際、ランウェイ中にぶつかりそうになったことがきっかけだ。
 「本来、出るときはセンター、帰りは端を戻ってくるのがモデル界の常識。しかし、そのときは、ダレノガレはズバズバ言う絡みキャラだったので、トリンドルに軍配が上がった。でも実際は、ダレノガレにライバル意識を燃やしたトリンドルが、わざとぶつかったのではないか、とも囁かれています」(モデル関係者)

 しかし、その気性の荒さが裏目に出てしまった。慶応大在学中の、ある事件が表沙汰になったことだ。
 「握手を求めるファンに、『なんで、お前と握手しなきゃなんねえんだ』と発言したことがツイッターで拡散。しかも彼女は、付き合う相手を『慶応じゃ無理。東大じゃないと』と言ったことも暴露された。この一件で、トリンドルは決定的に評判が悪くなったのです」(芸能記者)

 そんな彼女は、金曜ナイトドラマ『女囚セブン』(テレビ朝日系)に出演する。主演の剛力彩芽を筆頭に、橋本マナミ、安達祐実など豪華な出演陣だけに、彼女は脇役といっても過言ではない。しかし、この出演の裏に、ある狙いがある。
 「彼女自身、最近の人気急落は自覚していて、挽回のためなら脱ぐ覚悟もあるといいます。もともと下着などのエッチ路線でブレイクしたわけですから、脱ぐのは平気。聞こえてくる話では、今回の深夜ドラマでの囚人役を引き受けたのは、アイドルイメージを払拭するため。ズバリ、放送終了後、ライバルのダレノガレもが驚くヌードを発表するというのです。最後の挑戦に出るつもりらしいですよ」(写真集編集者)

 タイマン勝負。

2017年04月22日 20時00分
http://wjn.jp/article/detail/8916910/
no title

【トリンドル玲奈 女囚ドラマ出演で見せるか仰天ヌード】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/04/23(日) 05:02:50.10 ID:CAP_USER9
セブンティーンモデルの岡本夏美(18)が、フジテレビのバラエティー「新しい波24」(月曜深夜0・55)のMCに抜てきされた。将来のスター候補が週替わりでMCを務める番組で、あす24日放送回に初出演。初収録ではゲストの「ナインティナイン」岡村隆史(46)をうならせた。

 本格的なMCは初挑戦。中学時代からテレビ東京「おはスタ」でカンペ読みは経験しているものの、進行役は未経験。だが、まったく動じることなく堂々と務め上げ、岡村に「グイグイ仕切るやん!」とベタ褒めされた。岡本は「良かったです。MCもできるぞって思っていただけたらうれしいです」と笑顔を見せた。

 おっとりした顔立ちながら、その度胸で注目を集めた。今春まで同局の「ワイドナショー」に、「ワイドナ高校生」として出演。「ダウンタウン」の松本人志(53)や、東野幸治(49)らベテランを相手に、ズバズバと直球で自分の意見や考えを述べていた。

 「新しい波」は過去に3シリーズ放送された若手芸人発掘番組で「24」は3日深夜にスタート。MCにも次世代のスター候補を積極起用する。岡本はモデルとしてティーンから支持されており、今後は女優としての飛躍が期待されている。番組プロデューサーは「この春高校を卒業し新スタートを切る彼女は、この全てがピカピカの新番組にぴったりだと思いオファーしました」と説明。

 岡本は「番組名と同じように“新しい岡本夏美”を見つけていただくことができると思います」とやる気に満ちている。

 ほかに、同局入社2年目の鈴木唯アナウンサー(23)、昨年の「LINEオーディション」で12万人の頂点に立った足立佳奈(17)らが週替わりMCを務める。


フジテレビ「新しい波24」のMCに抜擢された岡本夏美(右)。ゲストの「ナインティナイン」岡村隆史と。
no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00000002-spnannex-ent.view-000
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00000002-spnannex-ent

【モデル岡本夏美 フジ新番組「新しい波24」MC抜てき!】の続きを読む

このページのトップヘ