芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

2021年01月

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/14(木) 08:28:56.14 _USER9
 2020年12月30日に結婚を発表した元SMAPの草なぎ剛(46才)。新妻のA子さんは31才で、草なぎが偶然に合わせたエレベーターの中で、声をかけたことが出会いだという。

【写真17枚】腕を体の前にギュッと寄せたサンタ衣装姿の妻・A子さん。他、草なぎのデート日の姿や短いパンツに素足の妻・A子さんなど
 その後、人目を忍んで食事などのデートを繰り返すうちに、本格的な交際に発展した。おっとりした雰囲気のA子さんは大のお酒好きだという。

「草なぎさんとつきあう前までは、連日パーティーに繰り出す、いわゆるパリピ。六本木で朝まで飲むこともよくありました。タクシー代がなかったのかひとり暮らしの部屋には帰らず、漫画喫茶に泊まってそのまま出勤なんてこともしていましたね(笑い)。当時は、かなりの酒豪だったので、『草なぎさんとお付き合いしたら、今度は一緒に“泥酔事件”を起こすのではないか』と半ば本気で言う人もいたほどです」(知人)

 しかし、周りの心配をよそに極秘交際は順調に進んだ。

「草なぎさんは秘密主義で、芸能界で派手な交友関係を築くタイプではない。過去の交際相手も一般の方が多かったと聞きます。これまで結婚に至らなかったのは、彼が女性より趣味に夢中だったから。『夜な夜なジーンズを並べて眺め、うっとりしている』などと語り、一生独身なのではとも囁かれていました。A子さんは、趣味人の草なぎさんをそのまま受け入れられる女性だったのでしょう」(芸能関係者)

 草なぎと交際し、間もなくするとA子さんは驚くほど変わっていったという。

「草なぎさんのマンションで同棲するようになって、夜遊びからは卒業し、お酒もたばこもきっぱりとやめたんです。あれだけお酒が好きだった彼女が飲まなくなるなんて、交際への覚悟を感じました」(前出・知人)
 変わったのはそれだけではない。身長165cmで、色白でふくよかな印象のA子さん。

「草なぎさんの友人に会ってみたいとねだるA子さんに、彼は『もっとやせたら会わせてあげるよ』と言ったらしいんです。もちろん、草なぎさんにとっては冗談だったのでしょうが、彼女は本気でダイエットに励んでいました。みるみるスリムになって、久々に会ったときには見違えるようでした。

 また、もともと彼女は積極的にSNSを更新していて、友人との食事会や、日常の写真をアップしていました。でも、草なぎさんと交際してからはストップ。ある日、過去の投稿も含めてすべて削除されていました」(前出・知人)

 A子さんの両親は、娘の結婚をどう思っているのだろうか。父親を直撃したところ、「私からは何も話せないんです。事務所に聞いてください」と語るのみだった。

※女性セブン2021年1月28日号

1/14(木) 7:05 
NEWSポストセブン 

草なぎ剛の妻 交際後に夜遊び卒業、酒もたばこも止めSNS全削除 
お酒が好きだという草なぎの妻。草なぎとの交際前、クリスマスパーティーを楽しむA子さん 
https://news.yahoo.co.jp/articles/cea91dd0ee029ff19b2492093ca432afcfd3abfc
no title 【【ほっといてやれよ】草なぎ剛の妻 交際後に夜遊び卒業、酒もたばこも止めSNS全削除】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
森七菜2

1: なまえないよぉ~ 2021/01/14(木) 12:44:41.86 _USER9

. 【森七菜ちゃん、公式SNSアカウントが突如消える・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/13(水) 16:41:42.72 _USER9
お笑いコンビ・オリエンタルラジオがユーチューブで、お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建について言及した。

オリエンタルラジオは10日、ユーチューブチャンネルに「オリラジが尊敬する吉本の先輩芸人とは?」という動画をアップ。その中で、吉本興業の先輩芸人について語っていったが、話の流れがコラボしたい芸人に移ると、藤森慎吾が「渡部さん呼びますか? あっちゃんだったら単純にあるのかなと思うけど」と他事務所の渡部の名前を出した。

これに対し、中田は渡部の不倫騒動に触れつつ、「あの会見があった上で、その上で復帰もできないってなった時の絶望的な感じっていうのかな。有名人が仕事奪われることの恐怖ってえげつないじゃん、実は」と、日本で再就職もできない現状を含め、渡部に対し同情。「相当なことを課してるわけじゃん」と話した。

また、中田は「復帰はさせるべきだと思う、世間が」と強く語り、「じゃないと、何のために法律と裁判所と刑務所ってあるのか分かんないじゃん」「更生して復帰させるためにあるんじゃないの、ルールがって思った時に、引きずり回してボコボコにしてその上で復帰させないで閉じ込めるってなんかやだなって思うから」と指摘。「余計なお世話っていうパターンもある」とした上で、「もし必要であれば行きたい(コラボ)よね」と前向きな姿勢を見せた。

中田は自身の言動に対し、「優しい人間もいていいじゃない」と話していたが、この動画にファンからも、「渡部さんが書いたコントでコラボしてほしい!」「リンチ会見して復帰できないマスコミはおかしいって思ってた」「才能あるんだから、渡部は切り替えて活動をユーチューブにした方がいいかもしれない」というコラボを望む声が多く寄せられている。

http://npn.co.jp/article/detail/200010474 

20210113003

【オリラジ中田、アンジャ渡部に同情「ボコボコにしてその上で復帰させないで閉じ込めるってなんかやだな」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/13(水) 00:25:06.72 _USER9
アイドルグループ「日向坂46」の金村美玖さんが、1月13日発売のマンガ誌「週刊少年サンデー」(小学館)7号の表紙を飾った。
金村さんが少年マンガ誌の表紙にソロで登場するのは初めて。

日向坂46の美少女、金村美玖 キャミ姿も披露した「サンデー」写真 可愛い…

同号では、今年の春、高校を卒業するという金村さんを「制服デート」をテーマに撮影。
制服姿や河原でキャッチボールする写真などが掲載されたほか、キュートなキャミソール姿も見せた。
特別付録として、金村さんのポストカード2枚が付属。抽選で100人に金村さんの図書カードをプレゼントするキャンペーンも実施している。

同号は、高橋留美子さんのマンガ「MAO(マオ)」が巻頭カラーを飾った。

http://news.yahoo.co.jp/articles/4c27e0d9227633fb5251db82ff5cc6b6d339a0cb

「週刊少年サンデー」7号 「美少女」金村美玖がキャミ姿披露
no title

no title

no title


日向坂46 金村美玖
no title

no title

no title

no title

【日向坂46金村美玖(18)が「サンデー」グラビア登場 キュートなキャミ姿披露】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/13(水) 20:46:02.79 _USER9
女優の美保純(60)が13日放送のTOKYO MX「5時に夢中」(月~金曜・後5時)に出演。山手線の駅で通過すべき駅を明かした。

 この日の番組では、山手線について6万人にアンケートした結果、停まるべき駅は新宿、池袋、東京の順。通過すべき3駅は下から鶯谷、目白、田端となったという記事を紹介した。

 この件について聞かれた美保は「私は代々木はもういらないかなって。代々木は降りることないもんね」とバッサリ。MCのふかわりょう(45)を「駅消滅ってことですか?最後通告ってことですよね」と驚かせた。「後は品川の横っちょ。大崎?あんまり住民がいない所はいいんじゃない?」と続けた美保。

 リモート出演のスピリチュアリストでタレントの江原啓之(55)は「通過すべきは田端だと思います。だって、田端って印象に残ります?何もないでしょ。駒込とか行ったほうがいいじゃないですか。人の印象に残らない所なのにハイソぶっているのが嫌なんです」と断言した。

 黒船特派員のタレント・小原ブラス(28)は「駅自体いらないのは目白だと思います。目白は目黒の雰囲気を醸し出すのが気にくわない。池袋から目白の駅って見えるんですよ。『歩け』って思います」と話した。

 これらの意見を受け、江原は「目白も大崎も田端も共通しているのはハイソぶっているんですよ」と繰り返した。

 最後にアシスタントの大橋未歩アナウンサー(42)は「目白に住んでいたことがあるんですけど…」と明かすと「学習院大学や日本女子大の付属幼稚園とかあって、お母様方が朝8時から巻き髪にブランドバッグを持ってらっしゃったのはビックリしました」と続けた。

https://news.livedoor.com/article/detail/19528294/
2021年1月13日 18時8分

スポーツ報no title

【美保純さん、山手線で通過すべき駅は代々木「もういらないかなって。降りることないもんね」 ← なんとなく炎上www】の続きを読む