芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

2021年01月

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/30(土) 21:39:57.21 _USER9
乃木坂46が1月27日にシングル「僕は僕を好きになる」をリリースした。
だが、その売上はコロナ禍における日本の女性アイドル業界の苦境を象徴するものだった。

1月26日付オリコンデイリーシングルランキングによると、「僕は僕を好きになる」の初日売上は約45万枚。
翌日の売上も約7万枚だ。十分すぎる数字に見えるが、これまでの乃木坂46と比較するとそうとも言えない。

ひとつ前のシングル「しあわせの保護色」(2020年3月25日発売)は初日だけで81万枚の売上を記録している。
10カ月ぶりのリリースで売上が半減と考えれば、衝撃の数字である。

最も大きいと思われるのが、やはり「握手会」が失われたことだ。

乃木坂46など坂道シリーズのグループはリリースの数カ月前からウェブサイト・forTUNE musicを通じて握手券付きのCDを予約する仕組みになっている。

「しあわせの保護色」のCD予約が始まったのは1月30日から。
当時はまだ新型コロナの影響が深刻化していない状況であり、握手券付きCDも通常通り売れた。

しかしその後、コロナの感染状況は悪化。人がたくさん集まるイベントは開催できなくなってしまった。
特に握手会は、タレントとファンが直接接触するという性質上、開催のハードルがコンサートや舞台以上に高い。

結果的に、春から夏にかけて開催予定だった「しあわせの保護色」の握手会は延期となり、
代替イベントとして、オンラインでファンとタレントが直接話す「ミート&グリート」が開かれた。

「僕は僕を好きになる」は最初から握手会ではなくミート&グリートを特典にしているが、
直接会えないイベントではファンの購買意欲も湧きにくいかもしれない。


乃木坂46の場合、昨年10月に白石麻衣がグループを卒業した影響も大きいだろう。

ここ数年、乃木坂46からは生駒里奈、衛藤美彩、桜井玲香、西野七瀬、橋本奈々未、深川麻衣、
若月佑美といった主要メンバーが相次いで卒業。グループの世代交代が進んでおり、人気を維持するのが難しい時期にある。

乃木坂46がここまで売上を落としてしまったのはなぜなのか。楽曲やパフォーマンスに問題があるのか、
メディア展開やプロモーションに問題があったのか、ファンとのコミュニケーションのあり方に問題があったのか──

これまでの活動を検証し直す必要があるかもしれない。
https://wezz-y.com/archives/86323


乃木坂46「僕は僕を好きになる」
no title

【【衝撃】乃木坂46のCD売上が半分に ← 半分もあることに驚きの声www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/31(日) 13:50:33.04 _USER9
■オリエンタルラジオ 中田敦彦・藤森慎吾 マネジメント契約終了のご報告

 当社所属オリエンタルラジオ 中田敦彦(なかた・あつひこ)と藤森慎吾(ふじもり・しんご)について、2020年12月31日付をもってマネジメント契約を終了することで合意しましたのでご報告します。

 当社と中田、藤森は、マネジメントの方針について話合いを続けてまいりましたが、自ら確立した方針にて活動していきたいという2人の意向を最大限尊重し、この度、合意によりマネジメント契約を終了することとなりました。

 2人は当社の所属から離れますが、当社としましては、2人の新しい環境での活躍を応援してまいる所存です。

 ファンの皆様、関係各位におかれましては、引き続きオリエンタルラジオへのご支援を賜りますようお願い申し上げます。
https://www.yoshimoto.co.jp/corp/sp/news/media/media201228.html



■キングコング 西野亮廣 マネジメント契約終了のご報告

当社所属キングコング西野亮廣(にしの・あきひろ)について、双方合意の上、2021年1月30日付をもってマネジメント契約を終了しましたのでご報告します。
https://www.yoshimoto.co.jp/corp/sp/news/media/media210130.html

吉本興業

【吉本公式発表 オリラジ→「意向を最大限尊重」 キンコン西野→「契約を終了しました」www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/31(日) 10:52:07.75 _USER9 BE:206238208-2BP(0)
 20日に頭痛を訴え、前大脳動脈解離による、くも膜下出血、脳梗塞(こうそく)と診断されて入院中の爆笑問題・田中裕二(56)がMCを務めるTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・午前9時54分)が24日、生放送され、田中の代わりに「サバンナ」の高橋茂雄(45)が登場した。

 24日の代打は「くりぃむしちゅー」の上田晋也(50)が務め、視聴率は17・9パーセントを記録。

 新たな代打・高橋は登場すると「やりにく過ぎるわ!上田無双の後は誰もかれもやりにくいって!」と苦笑。田中の相方・太田光(55)は「中堅で一番のMCですからね」と期待した。

 改めて高橋は「(上田が司会した回の)視聴率17・9パーセントのニュースを見た時、震えたわ!今日は25パーセント取りましょう!」と意気込んだ。

1/31(日) 10:23
スポーツ報知

「サンジャポ」田中の代打に「サバンナ」高橋茂雄「上田無双の後は誰もかれもやりにくい!」
https://news.yahoo.co.jp/articles/121bbcc09012f0cd75b6c26ae4acd311148b776e
サンデージャポン

【「サンジャポ」田中の代打に「サバンナ」高橋茂雄「上田無双の後は誰もかれもやりにくい!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/30(土) 18:03:21.19 _USER9
 今年度後期の朝ドラ「カムカムエヴリバディ」(NHK総合)のヒロインに、元AKB48の川栄李奈(25)が選ばれた。AKB出身者が朝ドラに出演するのはこれまでにもあったが、ヒロインを演じるのは初のこと。川栄は“孤高のエース”前田敦子(29)を超えたか。


no title

 もっとも、「カムカムエヴリバディ」は、昭和から令和の3つの時代を、ラジオ英語講座と共に生きた祖母、母、娘の3世代を描くため、朝ドラ史上初のトリプルヒロインである。脚本は「ちりとてちん」(07年度後期)を手掛けた藤本有紀によるオリジナル作品だ。

 祖母役を上白石萌音(22)、母役を深津絵里(48)、そして娘役を川栄が演じる。3分の1とはいえ、川栄にとって、朝ドラヒロインは夢だったようだ。彼女は以下のコメントを発表している。

〈この度、連続テレビ小説 「『カムカムエヴリバディ』」ひなた 役を務めさせていただく頂くことになりました。/朝ドラヒロインは一つの大きな夢であり、何度もオーディションに参加させていただき頂きました。/受かるまで受け続けようという気持ちでいて、今回も自分の全力を出し切って結果を待っていたので受かったと聞いたときは信じられないほどうれしかったです。〉

■朝ドラ挑戦は6度目

 芸能記者は言う。

「彼女が朝ドラに出演するのは、16年度前期の『とと姉ちゃん』以来、2度目になります。AKB卒業後の初ドラマとなった作品であり、幸先よく見えましたが、実は彼女はヒロインの座を狙っていたんです。彼女はAKB時代から、ヒロインオーディションを受けていて、『あさが来た』(15年後期)を皮切りに、これまで5回も挑戦してきたそうです。そして6度目の挑戦で、ヒロインの座を勝ち取ったのです」

 ちなみに、これまで朝ドラに出演した主な元AKBメンバーは以下の通り。
no title


■前田敦子を超えた

 意外に多くが出演しているものだ。川栄がオーディションを落ちた「あさが来た」には、大島優子が平塚らいてう役で出演している。彼女はその後、「スカーレット」でヒロイン・戸田恵梨香の幼なじみを好演して、女優としての評価を上げた。民放プロデューサーが語る。

「今回のヒロイン達は、深津さん以外のを除く上白石さんと川栄さんはオーディションで選ばれました。最近の朝ドラは新人女優の登竜門的な意味合いは薄れてきていますからね、ふたりとも演技力が買われたんだと思います。まあ、川栄さんについては、ネット上で〈ヒロインに選ばれたのはAKB時代の握手会襲撃事件の同情から〉なんて心ない声もありますが、彼女は映画やドラマで着々と演技力を付けてきたのは紛れもない事実です」

 ところで、AKBといえば前田敦子だが、彼女はまだ朝ドラに出演していない。

「彼女はAKBメンバーとして初めて大河ドラマ『龍馬伝』(10年)に出演していますからね。敢えて朝ドラは狙わなかったのかもしれません。それに昨年末に14年間在籍した太田プロから独立し、今後はフリーでやっていくということですが、川栄に追い抜かれてしまった感じですね」

 AKBでは16位が最高位だった川栄に、トップのあっちゃんが敗れるとは……。

「前田はAKBを卒業してからも、センターのプライドが抜けませんでした。東宝制作のような大物俳優が出演する映画では素直に従っていましたが、自身が主役の映画やいい役どころの作品で、共演の役者が無名だったりすると、顔も合わせず撮影に入ったりしていましたからね。女優としてはまだまだなのに、脚本がお気に召さないと『このシーン意味ありますか?』なんて言ってくる。そういうところはスタッフから不評の声も上がっていましたから、独立後の仕事はなかなか難しいかもしれません。おバカキャラから演技派へとのし上がってきた川栄とは対照的です」

 川栄はといえば、朝ドラヒロインのみならず、2月スタートの大河「青天を衝け」にも出演する。役どころは15代将軍・徳川慶喜(草なぎ剛士)の正室である。

「『青天を衝け』にはもう一人のヒロイン、上白石萌音も13代将軍・徳川家定(渡辺大知)の正室として出演します。朝ドラの脇役でなくヒロインが、同じ年に放送される大河に出演するのは珍しい。撮影がカブるかどうかはわかりませんが、コロナ禍が長引きそうな中、NHKも思い切ったキャスティングをするものです」

 朝ドラと大河でさらに知名度を上げれば、川栄の女優としての評価はさらに高まりそうだ。

2021年1月30日掲載
https://www.dailyshincho.jp/article/2021/01301100/?all=1

【元AKB 明暗くっきり……「川栄李奈」が朝ドラヒロインで、「前田敦子」を超えた日 ← とっくに超えてたでしょwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/31(日) 10:42:32.05 _USER9 BE:206238208-2BP(0)
 「ダウンタウン」の松本人志(57)が31日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。吉本興業がお笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(40)との契約を終了した件に言及した。

 松本は、「俺は西野に関しては率直言って、寂しいけどね」と思いを吐露。「円満にって言ってるけど、円満がこんな急にバタバタ辞めるわけがない」とも指摘。年末いっぱいで「オリエンタルラジオ」の2人も退所しており、「これだけ辞めていかれたら、俺が辞めにくくなる」とボヤキ。「俺なんか辞めて、スペースクラフト入りたい」とボケて笑わせた。

 「西野みたいのはお笑い以外の才能があって、そっちでやっていけてしまうから、ある程度は仕方ないのかな」と理解も示し、「俺なんかお笑いしかできないし、お笑い以外のことは全部事務所に任せたいタイプなんで、まったく考えられない」と自身の退所に対する考え方も明かした。

 30日午後、吉本興業が公式サイトで「当社所属キングコング西野亮廣について、双方合意の上、2021年1月30日付をもってマネジメント契約を終了しましたのでご報告いたします」と発表。その後、西野はツイッターで「お騒がせしてすみません。吉本興業を卒業しました。いろんな記事が出ると思いますが、オラオラ喧嘩して辞めるわけではなく、お互いプラスになるような形を探った結果です。なので、普通に仲良しですし、継続する仕事もあります」と円満退社、良好な関係を強調した。

1/31(日) 10:28
スポニチアネックス

松本人志 キンコン西野の吉本退社に「寂しい」 “円満退所”強調には違和感「こんな急にバタバタ…」
https://news.yahoo.co.jp/articles/c1e9993b3fe88b57b6096a44b5673ac289ad6553

fblogo

【【ワイドナショー】松本人志 キンコン西野の吉本退社に「寂しい」 “円満退所”強調には違和感「こんな急にバタバタ…」】の続きを読む