芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

2020年12月

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/11/30(月) 07:31:10.26 _USER9
 カリスマミュージシャンが〝GoToココイチ〟だ! 日本を代表するロックバンド「X JAPAN」のベース・HEATH(52)が今月、都内にあるカレーライスチェーン店「CoCo壱番屋」(以下、ココイチ)で、カレーをテイクアウトする姿をキャッチした。HEATHはミステリアスで私生活は謎だらけだが、庶民的な食事もしていたことには驚かされる。しかも、本紙が入手した写真に写るHEATHのかたわらにはラブラブな雰囲気を漂わせる長身美女の姿が――。

現役アイドル衝撃の「路チュウ」「百合シーン」撮った!

 気持ち良く晴れた21日午前10時ごろ、都内の一等地にあるココイチに向かって、XのHEATHが悠然とかっ歩していた。黒のキャップに黒のトップスとパンツのラフな全身〝黒装束〟。新型コロナウイルス対策でマスクをきちんとしているが、色はやはり黒だ。

「全身真っ黒がいつものコーディネートなんですよ」(知人)

 かたわらにはスレンダーな美女。ダークグレーのキャップにライトグレーのパーカ、グレーのショートパンツに黒のレギンス、白いマスクでスポーティーな格好だ。胸まであるだろうロングヘアを後ろに束ね、風になびかせている。

 HEATHの身長は公表されていないが170センチ台半ばとされ、かなり細身。2人が肩を並べて歩く姿を見ると、美女は170センチ超えの長身とみられる。

「この日はブランチ(朝食と昼食を兼ねた食事)を買いに来たのか、ココイチのテイクアウトコーナーでカレーを注文していました」(同)

 Xは、ドラム&ピアノのYOSHIKI、ボーカルのToshIが〝ツートップ〟で、1992年8月にバンドに途中加入したHEATHは陰に隠れがち。メディアにはほとんど露出しない。

「兵庫出身で関西弁で楽しそうに冗談を言うこともありますが、基本的には寡黙(かもく)でシャイです」(音楽関係者)

 私生活もベールに包まれている。結婚しているかも発表していない。だからこそ、ココイチでテイクアウトする姿、しかも美女との2ショットは貴重と言える。

「かれこれ10年くらいは一緒にいるんじゃないかと思うくらい親密な女性。手をつないで歩いていることもあります」(前出知人)

 この美女は妻なのか――。HEATHの所属事務所に2回、質問したが、対応はなかった。

 日本を代表するロックバンドメンバーで、さぞ優雅な生活を送っているかと思われたが、ココイチのブランチは意外だった。

「結構庶民的な一面を持っていて、コンビニマニアでもあるんです。ついこの前も、セブンイレブン、ファミリーマートとハシゴして、それぞれの店内をうろちょろ。その後にスーパーに寄っています」(同)

 Xとカレーは因縁深い。もはや伝説となっているのが、YOSHIKIのカレー事件だ。

 HEATHが加入前の92年1月、Xの東京ドーム公演前日にYOSHIKIがカレーを食べたのだが、激辛にブチギレてテーブルをひっくり返し、リハーサルしないで帰った。この一部始終をYOSHIKI自ら、フジテレビ系「HEY!HEY!HEY!」の95年1月放送分で告白。MCだった「ダウンタウン」松本人志、浜田雅功を爆笑させ、HEATHもクスクス笑っていた。YOSHIKIはこの後も、折に触れて自らネタにしたり、周囲からイジられたりしている。ココイチはカレーの辛さを甘口から10辛まで選べるが、この日のHEATHのカレーはいかに!?

 Xのメンバーは国内外を股にかけて華麗に活動しているが、カレーのネタに事欠かないのかもしれない。

11/30(月) 5:15配信 
東スポWeb 

カレー店に向かう女性(左)とHEATH(提供写真) 

https://news.yahoo.co.jp/articles/7fec73e33442d1e4a567cd1ef1edf7ed8d26e00f
no title

【激撮!「X JAPAN」HEATHが長身美女とココイチデート、べつにいいじゃんwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/11/29(日) 22:16:35.62 _USER9 BE:709795992-2BP(0)
「お休みするときに強く思っていたのは、『勉強したい』ということと、『ひとりの人間としてちゃんと成長したい』ということ。当時は17歳で、このままひとつの場所しか知らずに大人になってしまうことが、怖かったんです」

 そう語るのは、2015年末にモーニング娘。を突然卒業して以来、じつに5年ぶりに活動を再開した鞘師里保。「モーニング娘。の絶対的エース」と呼ばれた少女は、22歳になり、また表舞台へと帰ってきた。

「卒業後は英語を学び、ニューヨークで暮らし、ダンスを学びました。その後は、本当に居候みたいに、実家で家族とのんびり過ごしてました(笑)。

 復帰の時期はまったく決めていませんでしたが『大人になって、いつか、より密度の高い自分のパフォーマンスを、皆さんの前で披露したい』という気持ちはありました。そんなタイミングでお声がけいただき、活動を再開することになったんです」

 自身の表現のために「人間力を高めたかった」という。

「家族や芸能界以外の人とも、たくさん出会って話をして、ひとりの人間として大人になりたいという気持ちが強かったんです。

 へんなたとえ話かもですが、料理の味付けも、以前は塩コショウしか知らなかったのが、今はみりんや料理酒をどれぐらい入れたらどんな味になるのかを、しっかり理解したという感じです(笑)」

 大人になった鞘師は、これからどのような姿を見せてくれるのだろうか。

「復帰後、コンサート形式のミュージカルに出演させていただいたのですが、歌って踊ると自分の血が騒ぐのを実感しました。やっぱり、歌やダンスを軸にしたパフォーマンスをしていきたいですね」

 5年間の充電期間に培ってきた人間力=表現力への、確かな自信もある。

「『自分自身から何かを生み出していかなければならない』という気持ちが、今は日々強くなっています。いろいろな世界にふれ、何かを伝える表現方法ひとつにしても、今まで以上に深く考えて、お見せできるようになれたと思いますし、自信をもって、いろいろな表現をしていきたいです!」


さやしりほ
22歳 1998年5月28日生まれ 広島県出身 5歳よりアクターズスクール広島でダンスを始め、2011年に「モーニング娘。」9期生として、12歳でデビュー。歌唱力とダンス技術の高さから“絶対的エース”と呼ばれる。2015年末にモーニング娘。を卒業し、アメリカ・ニューヨークへダンス留学。ストリートジャズ、ヒップホップなどのジャンルのダンスを踊りこなす。2020年9月より芸能活動再開。ドラマ『あのコの夢を見たんです。』(テレビ東京系)の12月4日放送回で、ヒロインを演じる。そのほか最新情報は、公式インスタグラム(@riho_sayashi_insta)にて

写真・西田幸樹
スタイリスト・松本人美
ヘアメイク・野中真紀子
衣装協力・MMormal、mite、la mimosa

(週刊FLASH 2020年12月8日号)


11/29(日) 20:05 
SmartFLASH 

鞘師里保、休業5年で高めた人間力「みりんや料理酒の味付けを理解した感じ(笑)」 
Copyright (C) 2020 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved. 
https://news.yahoo.co.jp/articles/02a8a2809e0ae48f50cf292437cb6290e9853062

no title 【鞘師里保、休業5年で高めた人間力「みりんや料理酒の味付けを理解した感じ(笑)」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/11/30(月) 05:22:28.76 _USER9
女優・吉岡里帆(27歳)が、11月29日に放送されたラジオ番組「UR LIFESTYLE COLLEGE」(J-WAVE)に出演。「響け! ユーフォニアム」シリーズで知られる作家・武田綾乃氏と同級生であると語った。

武田と対面した吉岡は「初めまして、という挨拶になるのですが、これ言うかギリギリまで迷ってたんですが、実は私たち同じ高校の同級生であることが判明しましまして」と切り出し、2人とも「驚きの」「驚きすぎて」と意外な繋がりにビックリ。

クラスが多い高校だったため、お互いの面識は無かったそうだが、吉岡は「あれ?高校、同じ高校通われてる……ウソでしょ?って思って。高校時代同じトイレを使ったり、同じ食堂でご飯を食べてたりしたのかな?と思ったり。後で知って、すごい感動して、時を経てこうしてお会いできるのをとても嬉しく思っています」とコメント。

さらに武田氏が、小中学校時代に所属した吹奏楽部と、母校である嵯峨野高校吹奏楽部への取材を基にした「響け! ユーフォニアム」シリーズを書いたことについて、吉岡は以前から読んでいて「私も中学時代、吹奏楽部で。たぶん中学生のコンクールで結果発表待ってる時にも会ってるかもしれないな」と話した。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

吉岡里帆と響け!ユーフォニアム作者“同級生”だった 
2020/11/30 03:44 Written by Narinari.com編集部 
https://www.narinari.com/Nd/20201162695.html 
no title


【吉岡里帆と響け!ユーフォニアム作者“同級生”だった】の続きを読む