芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

2020年06月

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/28(日) 22:44:38.30
6月19日付でジャニーズ事務所を退所し、23日に記者会見を開いた元『NEWS』の手越祐也。
彼が会見内で「人生を変えてくれた番組」とまで言った『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)が、後任選考の動きに入っているという。

手越は2007年の番組開始当初から、実に13年半にもわたってレギュラー出演。
手越をメインに据えた企画も多く、会見ではMCの内村光良と宮川大輔には退所を伝えたと明かすなど、出演者同士の関係の良さも垣間見えた。

しかし、「イッテQ!」を放送する日本テレビは、手越の退所と同時に「今後、レギュラーとしての出演はありません」と発表。
そして既に、後任レギュラーの選考に入っているようだ。


「そもそも『イッテQ!』に手越が出ていたのは、05年~07年まで放送されていた前番組『ウタワラ』にジャニーズが大量出演していた名残。この経緯を考えると、手越の後釜にもジャニーズタレントが起用されるでしょう」(制作会社関係者)


ポスト手越のカギになるのはバラエティー適正!?

「選考基準ですが、手越という問題児に懲りた制作サイドは、当初〝素行の良い優等生〟を求めたそう。バラエティー能力に関しては、内村や宮川の個の力量に加え、大げさな編集で面白くできるため〝二の次〟と考えたようです。
一方、ジャニーズサイドは、人気番組の看板を利用し、次代を担うジャニーズJr.の知名度アップに利用したい意図があったとか。そこで『美 少年』『Hi Hi Jets』メンバーの週替り出演という案が浮上したそうです」(芸能プロ関係者)

しかし、これは〝当初案〟であり、すぐに方針転換が図られたという。

「バラエティー能力の観点から、Jr.起用案はすぐボツになったと聞きます。続いて浮上したのは番組を盛り上げられる〝即戦力〟の起用で、『A.B.C-Z』の塚田僚一、5月の『ものまねグランプリ』(同系)で準優勝を果たすなど、
今年に入ってからバラエティー進出が目立つ河合郁人の名が挙がることに。塚田に関しては、世界の筋肉自慢と対決する企画案も浮上。同じくバラエティー適正が高く、昨年から〝本格ブレーク〟の気配を漂わせている
『ジャニーズWEST』からの抜擢も候補に挙がったようですよ。他にも数名の名を聞きましたが、度重なる日テレのお膳立てを受けながら一向に知名度が上がらない『Sexy Zone』だけはナシのようです」(同・関係者)

一体、手越が空けた穴には誰が入り込むのか…その答えは、数カ月以内に分かるだろう。

『イッテQ!』手越祐也の“後釜”は誰!? 名前の挙がったジャニーズとは… 
  
https://myjitsu.jp/archives/123027
8a6163c6

【【ジャニ縛り】『イッテQ!』手越祐也の“後釜”は誰!? 名前の挙がったジャニーズとは…】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/29(月) 10:03:38.13
フジテレビの恋愛バラエティー「あいのり」の元メンバーで、昨年9月から交際していた6歳下の一般男性と今月20日に再婚したブロガーでタレントの桃(35)が28日、自身のブログを更新。
今後、自身に寄せられる誹謗中傷について弁護士に相談の上、法的措置を取ることを発表した。

桃は友人である人気ブロガーで作家のはあちゅう氏(34)が匿名掲示板での誹謗中傷の書き込みに対する開示請求が認められたと27日に自身のブログで報告した件について触れ「よかった…これで泣き寝入りしなくて済むんだ…本当に、誹謗中傷をした人たちに罰が下される世の中になったんだ…それを頑張って証明してくれたはあちゅう、ありがたすぎる…」と、はあちゅう氏への感謝を込めてコメント。
その上で「木村花さんのあの悲しすぎる出来事があってから、世の中の誹謗中傷が減るかなと思ってたんだけど、あの事件の後でも、平気でこのようなDMが送られて来たりしていました。本当に悲しくなります」として「お願い、この世から消えて」などと書かれた匿名の人物からのコメントを公開した。

そして「はあちゅうに、【どんな書き込みの内容が誹謗中傷として認められたか】を聞いてみました」と確認を取ったことを明かし「私は『死ね』とか、ハードな内容でしか対応してもらえないと思ってたけど、ばばあとか、顔でかいとかの割とライトな書き込みでも対象になりうることがわかって、すごく、すごく嬉しいです!!!!!!!!ってことは、私のアンチ掲示板の内容なんて、ほとんどの書き込みが、『酷い誹謗中傷等の明白な権利侵害がある』と認めてもらうことが出来るはずです」と続けた。

その上で「今までのことは目を瞑ります。ただ、今日からは誹謗中傷や、FOLLOW MEの内容をリークする人に対して、今後、はあちゅうの担当の優秀な弁護士さんにお願いしようと思っています」と宣言。
「これを読んでも誹謗中傷を続ける方は、法律の裁きが下る可能性を知ったうえで、ネット上での書き込みをしてください(いや、もう書き込みなんてしないでください)よろしくお願いします!!!」とブログを締めくくった。 

http://news.yahoo.co.jp/articles/0070e181406902ba29043c9c7ef992b049b8be52

「あいのり」桃
no title

【「あいのり」桃さん、今後の誹謗中傷は弁護士に相談、法的措置へ「ばばあとか、顔でかいとかライトな書き込みでも対象に」 ← おまえらどうすんのwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/28(日) 23:40:20.48
タレントのあびる優(33)が28日、TBS系「アッコにおまかせ」にリモート出演し、
複数の女性との不倫が発覚したアンジャッシュの渡部建(47)について「一時的ないい人キャンペーン」の可能性を示唆した。


あびるは、渡部の不倫について「病気じゃないけど、くせになってると思う」とバッサリ。
妻以外の女性とのカラオケや食事は「いいと思う」と許容範囲としたが「遊びイコール性的な欲求につながり過ぎちゃっててここまで大変なことになっちゃった」と渡部の下半身のくせの悪さを指摘した。


さらに、渡部が「週刊文春」のインタビューで「気持ちの上で浮ついたことはない、今でも妻でも愛してます」とコメントしたことについて、MCの和田アキ子(70)は「多数の女性と不倫していた夫から『愛してる』と言われたらどう?」と質問。

あびるは「そういう人ほど、そういう風に言い慣れてると思うので、それで一時的に許してもらって、一時的ないい人キャンペーンがあるんです」と男の生態を解説。
「妻に尽くす時間があって、何週間かすると、何事もなかったかのように同じことを繰り返す」と“再発”を予測した。

あびるは2014年に格闘家の才賀紀左衛門(31)と結婚し、15年5月に長女を出産したが、19年末に離婚している。

あびる優、渡部の不倫再発を予測 今は「一時的いい人キャンペーン」 
https://news.yahoo.co.jp/articles/f79aede5ae1114c54c1d1c9c2f23a1772a484d3e
no title

【【おまいう】あびる優さんが、アンジャッシュ渡部の不倫再発を予測 今は「一時的いい人キャンペーン」www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/28(日) 17:14:23.52
フジテレビ系の恋愛バラエティー番組「あいのり」に参加していたブロガーでタレントの桃(35)が
28日までに自身のインスタグラムを更新。再婚した6歳年下の夫とのラブラブショットを公開した。

 ドレス姿の桃は「おうちのベランダから」とタキシード姿の夫とグラスを手に乾杯し、顔を密着さ
せる幸せいっぱいの2ショットをアップ。

 2枚目には「キスをかわされ、おでこにちゅー。笑」と夫からおでこにキスをされるラブラブショッ
トも添えた。

 桃は2010年に一般男性と結婚するも、18年7月にブログで離婚を発表。昨年2月に10歳年下
の交際相手ができたことを明かしたが、4月に破局を報告。9月からマッチングアプリで知り合った
年下男性と交際をスタートさせ、今年1月2日に婚約を発表し、今月20日にインスタグラムやブロ
グで再婚を報告した。
no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/3f0af4a42d3133a251d996273eb3027dcdb4fba1

【【己に酔う】「あいのり」桃さん、自宅ベランダで年下夫とラブラブショット公開】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/28(日) 17:13:53.33
女優の吉田羊と鈴木梨央が出演するポカリスエットのCMでイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)の名曲「君に、胸キュン。」(1983年)が採用され、2人が見事なハーモニーでカバーして話題となった。

今回でシリーズ第13弾となる同CM。これまでも、ZARDの「揺れる想い」や小沢健二の「さよならなんて云えないよ」、小泉今日子 「木枯らしに抱かれて」など絶妙な“懐メロ”をたびたび起用。また、「スケーターズワルツ」や「交響曲第9番」などのクラシックを鼻歌で歌ったり、そのほか吉田と鈴木がアカペラでゆるいカバーアレンジをほどこし、その絶妙な空気感で人気を博してきた。
今回の「君に、胸キュン。」は本家YMOの高橋幸宏氏がアレンジを手掛けており、ファン垂涎の展開。しかも、吉田と鈴木がまさかの阿波おどりで登場するバージョンもあり、またぞろ話題になっている。

「同CMは、博報堂のエース級チームが制作を手掛けています。ポカリのCMは、若者に訴求したスポーツ系のバージョンを電通が、主婦層や中年をターゲットとした健康志向のものを博報堂が手掛けています。ちょうど、30~50代の代を狙い撃ちにしたもので、80年~90年代の楽曲をうまく取り入れています。吉田さんと鈴木さんが親子という設定もターゲットに合わせたもので絶妙ですね。最近は、ユーチューブとアップルミュージックなどサブスク型の音楽サービスのおかげで、若い人もかなり昔の歌謡曲などに詳しくなっているんです。だから名曲は使い勝手がいい。カルチャー的にも90年代リバイバルが来ているので、そのあたりもマッチしているのかと思います」(大手広告代理店関係者)

 ポカリのCMに限らず近年、過去の名曲のカバーを使ったCMが話題になるケースはよくあること。例えば17年には午後の紅茶のCMで上白石萌歌がスピッツの「楓」を、18年のドコモのCMで高畑充希がX JAPANの「紅」をエモーショナルに歌い上げて話題に。2月からは深田恭子、多部未華子、永野芽郁がWinkの「寂しい熱帯魚」を無表情で歌いながら踊るUQモバイルのCMで放映され、世を湧かせている。

「CMはやはり、出ているタレントよりも音楽が担う部分が大きいコンテンツです。このところ、タレントパワーが相対的に低下しているので、懐メロで“掛け算”しているんでしょう。

■夏以降も懐メロCMが増えていく!?

 ポカリCMに関して言えば、吉田羊と懐メロ楽曲は相性が抜群ということだろうか。一方で、3~5月にかけて、コロナ禍によりロケや屋外撮影などが厳しくなっていることもあり、夏以降も懐メロCMが増えるという予測も。

「時間がないときに、楽曲メインのCMは企画が通りやすいんです。短時間でクライアントにプレゼンし、仕上げてチェックまで持っていく場合、懐メロや替え歌はうってつけなんです。業界では、CMの楽曲に関して『子どもが口ずさむようなものを作れ』と入社1年目によく言われます。これからしばらく、楽曲メインのCMは増えるでしょう。最悪、ありものの映像と音楽だけでも成立させることは可能だからです」(同)
続きはソースをご覧下さい

https://dot.asahi.com/dot/2020062500038.html?page=1 
2020.6.28 17:00 
20200629001

【吉田羊ポカリCMで話題 中高年狙い撃ちに絶妙な“懐メロCM多発のワケ】の続きを読む