芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

2020年01月

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/12/31(火) 10:00:22.93
TBSが30日放送した「第61回 輝く!日本レコード大賞」に同局の安住紳一郎アナウンサー(46)が司会として出演。
「サステナブル」で優秀作品賞を受賞したAKB48へ送った言葉に反響が相次いでいる。

同グループは10年連続で優秀作品賞を受賞。
その間、毎年見守ってきた安住アナは歌唱前に「フライングゲットの時は、大賞を発表されて、席から出るのにみんながパニックになっちゃって転ぶ人が続出してね」と懐かしそうに振り返った。

この日、AKBは56枚目のシングル「サステナブル」を披露。
メンバーが「原点回帰」と説明する同曲を堂々と歌い切った。

歌唱が終わると、安住アナは「いや~、もう、本当、AKBはいい!」と絶賛。
「おじさん、グッときちゃった…」と声を震わせ、感慨深い表情で語った。
これに対し、岡田奈々(22)は何度もお辞儀をして応えていた。

さらに、この言葉を受け、同グループのメンバーが31日までに更新したツイッターでもコメント。
総監督の向井地美音(21)は「歌唱後の安住さんの言葉、じーんと沁みました」とつづり、小栗有以(18)は「安住アナウンサーのお言葉とっても嬉しかったです」と感謝した。

また、ネットでは「やさしさが伝わる」「安住さんの言葉すごくうれしかった!」「安住さんの涙声に大賞あげたい!」「うるっときちゃった」「安住さんありがとう」などと反響と絶賛のコメントが相次いでいた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00000106-spnannex-ent

『日本レコード大賞』 AKB48「サステナブル」 
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

AKB48
no title

no title

no title


センター矢作萌夏
no title

【【台本通り】安住アナ、AKB48を絶賛「いや~、もう、本当、AKBはいい!」「おじさん、グッときちゃった…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/12/31(火) 16:54:26.02
元TBSアナウンサーでタレントの田中みな実(33)が28日に放送されたTBS系「ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」(土曜・後7時)に出演し、推定年俸1億円を超えるプロ野球選手2人から告白された。

番組アシスタント役のみな実に“求愛”したのは、埼玉西武ライオンズ・金子侑司外野手(29)と横浜DeNAベイスターズ・山崎康晃投手(27)。金子は契約更改で推定年俸1億2000万円、山崎は推定3億5000万円でサインした、球界を代表する選手だ。

 みな実を前にすると、2人ともグラウンド上とは違い表情は緩みっぱなし。山崎は「去年、みな実さんが表紙の『anan 美乳塾』を買いました。今年の初写真集も予約済みです」とファンぶりをアピールした。

 2人からの告白に、みな実は「結婚願望はありますか?」と逆質問。2人とも「あります」とアピール。さらにみな実が「浮気しない?」と色っぽく尋ねると山崎は「僕はしません」と即答。金子も「…。しません」と答えていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-12280167-sph-ent
12/28(土) 21:44配信
no title

【田中みな実、年俸「億」超えプロ野球2選手から告白され「結婚願望はありますか?」と逆質問】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/12/30(月) 14:47:06.31
今年で開催5年目を迎えた美ボディコンテスト『サマースタイルアワード(以下SSA)』の令和元年最後となる大会『SSA×NOVICE』が先ごろ、東京・ TFTホール1000で開催された。当日は、総勢約200名の美ボディ自慢が集結。男女別に目標とするシルエットや筋量、年齢などに応じて10部門16クラスに分かれグランプリの座を競い合った。中でも会場の声援を集めた3人の美女に話しを聞いた。

■「何事にも没頭しちゃう」大学2年生 ボディビル部に入部

 16名の美筋美女がエントリーした「ベティ」部門のファイナリストとなった赤坂優花さん(20歳)は現役の女子大生だ。

「トレーニング歴は1年半くらい。もともとスポーツが好きで山岳部に所属していたのですが、体力づくりのためにやる筋トレの方が好きになっちゃって。今では大学のボディビル部に所属しています」

 自身の性格を「没頭しちゃうタイプ」と分析する赤坂さん。今では大学のジムで週5~6回、多い日には1日4時間トレーニングに励むこともあるのだとか。

「腹筋を『縦に割りたい』っていう最初の目標が、いつのまにか『横に割りたい』になって、どんどん筋トレにハマっていきました。そこから、ただ筋トレしているだけじゃ意味ないなと思い始めて…。ありきたりな大学生活から、『何か目標を立てて頑張ってみたい』『自分がどれだけ挑戦できるか確認したい』という気持ちになり、大会出場を目指すようになりました」

 今、大学2年生。社会人になってもトレーニングは続けていきたいと話す赤坂さん。「将来は、ジムのあるオフィスで働くのが夢です(笑)」

■抜群のスタイルを披露した不動産会社の美人OL

 適度な筋肉でバランスのとれたスタイルに加えて、女性らしさや優雅さ、セクシーさなども求められる「ベティ」部門には、28歳の有吉啓乃さんが出場。不動産会社に勤める美人OLだ。

 有吉さんは、先月開催されたコンテスト「SSAルーキーチャレンジカップ」で大会デビューし、「ビキニモデル」のトールクラスで5位に入賞。今回の「NOVICE」大会では、さらなる筋肉量が求められる「ベティ」部門に挑戦した。

「今回カテゴリーを変えたので、『絞り』を頑張りました。大会前の食事は、1日1000キロカロリー未満にするように抑えたり。あとは、毎日会社まで往復10キロ歩いていましたね。スニーカーで行き、デスクでヒールに履き替えて、帰りはまたスニーカーで帰るようにしていました(笑)」

 そんな有吉さんの自慢のパーツは、“背中”だ。「まだまだ道半ばですが…。『背中』はトレーニングで一番大きくなった部分なんです。逆に『お尻』と『腹筋』は厚みがつきにくくて。だから今後は、“腹筋の山”がもっと大きくなるように頑張りたいです」

■周囲の「痩せすぎ」の一言からトレーニング決意したアラサーOL

「ビューティーフィットネスモデル」部門のショートクラスに出場した花崎智代さんは現在28歳で、OLとして勤務している。トレーニング歴は2~3年。周囲からの「痩せすぎ」という一言から始めたと、花崎さんは振り返る。

「20代になったばかりの頃は太っていたのですが、23歳くらいから急に痩せ始めちゃって。当時はそれが『健康美』だと思っていたら、周りから『痩せすぎ』と言われるようになってしまい…。自分でも『顔色がよくない』『健康的じゃない』と感じるようになり、鍛えることにしました」

 24時間のフィットネスジムやパーソナルジムに通い始め、健康美を手に入れた花崎さん。自信のあるパーツは「お尻」と「腹筋」だが、トレーニングを始めて最も変わったのは「意識」だと、花崎さんは語る。

「意識が変わりましたね。内面から明るく元気になり、笑うときも“作り笑顔”じゃない自然な笑顔が出るようになったんです。また大会出場を目指すようになってからは、ふとした瞬間の所作を意識するようになりましたね。『これができたらきれいだな』って思うことがたくさん見つかりました」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00000304-oric-ent

no title

no title

no title

【現役女子大生に美人OLら、美ボディコンテストで自慢のスタイルを大胆披露】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/12/30(月) 19:01:48.65
〈彼女バカだと思わない? SNSで自分で(男との交際を)公表しちゃったわけじゃない? もうちょっと大人しくしたほうが良くない? 
どうみたって世間からしたら、浮かれてるようにしか見えないじゃない〉

台本なしの即興ドラマのなかで、剛力彩芽(27)が発した台詞には、“心の内”が溢れ出していた。
実に1年半ぶりの出演ドラマとなったのが、年末に放送された「抱かれたい12人の女たち」(テレビ大阪)。

山本耕史(43)扮するバーのマスターのもとに、1話につき1人の女優が訪れ、即興劇を繰り広げる。

剛力が選んだ役柄設定は、「世間を騒がせている女優Aを追う『週刊大砲』の芸能記者」。マスターに謝礼金をちらつかせながら、
「来店していた女優Aとカレシの会話」を聞き出そうとするのだ。撮影は11月初旬で、「女優A」は自らを投影していた。

「2018年春に明らかになった、前澤友作・ZOZO前社長(44)との交際中は、“積極的”に芸能マスコミのターゲットになっていたと言えます。
19年11月中旬に突然、破局を公表しましたが、その後は2人とも、いい友人関係を続けているというアピールをしています」(芸能デスク)

このドラマのオファーを受けたタイミングは、ちょうど剛力が「今後のふたり」について、いちばん悩んでいる時期だったという。

〈彼女の最初のイメージが元気で明るくて、みたいな。まったく違うところいっちゃったから。なんで、もうちょっとそこを器用にできなかったんだろう……〉

ドラマ内の即興の台詞は“後悔”すら感じさせる。

剛力の知人は、「前澤氏との破局のタイミングで、彼女は悩みぬいてすごく痩せてしまった」と明かす。

剛力は「芝居は好きで、舞台もテレビも辞めたくはない。でも、仕事をせずに月旅行の準備だけしていていいのか」と不安が募り、
特に「前澤氏に自分の言葉が伝わらない」ということを悩んでいたようだ。

「彼女が懸命に『付き合ってはいきたいが、仕事にも戻りたい』と説明しても、前澤氏には『もう、そういうのいいから』といなされてしまった。
そんな剛力を所属事務所は非常に心配していました」(前出・知人)

前澤氏との交際で“色”がついてしまった剛力は、多くのCMの仕事、そして周囲の信頼を失った。

「交際当初、『彼と一緒にいることを優先したい』という剛力を、事務所関係者は叱ってみたり、
やさしくなだめてみたりした。でも、彼女の真意は見えませんでした」(同前)

破局後、事務所側が「本気で仕事復帰するなら、もう隠しごとをせずに心の内を教えて欲しい」と伝えたところ、
剛力は「これからは私のことを信じてください」と、初めて泣きながら訴えたという。

所属事務所は一連のやりとりについて「特にそういうことはないと思います」。
また“激ヤセ”したことは「もともとの体質があるので、あまり関係ないと思います」と回答した。

破局が公になってからも、剛力はバラエティ番組やラジオなどで“未練”を少しずつ吐露している。

「最近はさらにふっきれたのか、『わたしは演技の幅が広がったはず。そのことは前澤さんに感謝しなければいけない』と言っていました。
前澤氏の“呪縛”から逃れようとしても逃れられない、過渡期にあるように見えます」(前出・知人)
https://bunshun.jp/articles/-/22538
no title

【剛力彩芽さん 「私を信じてください」と涙、前澤氏と破局で激ヤセ・・「仕事をせずに月旅行の準備だけでいいのか」と悩んでいた】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/12/31(火) 01:34:18.97
お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳、元TBSの枡田絵理奈アナがMCを務めるTBS系年末特番『クイズ☆正解は一年後』が30日、放送された。今年は「闇営業」問題を巡る騒動でお笑い界が揺れに揺れた。その余波で番組の軸となるクイズ映像が”お蔵入り”となってしまった。

 本来は、1年を振り返るクイズを“年始”に収録し、“年末”に答え合わせをする画期的なクイズ番組。番組冒頭、枡田アナは「この番組では例年、予想ブロックを収録をしていたのですが、それから数ヶ月後、予想ブロックでも予想できなかった事態が起きまして、1月に収録した映像が一切、使えません」と説明した。

 淳も「申し訳ありません。今回はオール生放送です。一年前に予想したクイズを振り返る忘年会スタイルでやらせてもらいます」と頭を下げる。出演した有吉弘行、おぎはやぎらは「何でだよ!」と猛クレームを受けると「察して、いないから!」とタジタジとなっていた。

 それでも枡田アナが「この番組の放送があってよかった…」と安堵の声を漏らすと、淳も「放送は何とかできる…」と胸をなでおろしていた。

12/30(月) 23:52配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00000349-oric-ent
no title

【【ガッカリ】<TBS『正解は一年後』>クイズ映像が“お蔵入り” 騒動余波で異常事態...「1月に収録した映像が一切、使えません」】の続きを読む