芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

2019年09月

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/09/28(土) 19:26:34.79
 反社会的勢力の宴席での闇営業が問題となり謹慎中の雨上がり決死隊の宮迫博之が、約1カ月ぶりにツイッターに新規投稿した。

 たこ焼き機の前でエプロン姿で正座し、遠くを見つめるような目をしている写真をアップし「たこ焼きおじさんのたこ焼きは、誰もヤケドする事無く
全て食して頂きました。ありがとう御座います」と投稿した。

デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190928-00000116-dal-ent
no title

【謹慎中の宮迫博之さんが1カ月ぶりツイート】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
AKB48

1: なまえないよぉ~ 2019/09/29(日) 09:16:26.22
MVの中でAKB48の歴史を振り返りつつ、17歳の矢作萌夏をセンターに置くことで
驚くほど若返っている印象を受けるのが、AKB48の「サステナブル」です。

2019年9月30日付のオリコン週間シングルランキングで、AKB48の「サステナブル」は、初週138万枚を売り上げて1位を獲得しました。
AKB48が初週で100万枚を超えるのはいつまで続くのだろうと思いもしますが、総選挙がなくても100万枚を超え続けています。

MVを見ると、制服を着たメンバーが緑の中を自転車で走ったり、ソフトクリームを食べたりしていて、
思わず「普通のアイドルみたいだ」と感じてしまったのですが、いや日本で一番売れているAKB48こそ
「普通のアイドル」であるはずです。思わずそうした感想を抱くほど、原点回帰という印象を受けます。

一方で、MVにはAKB48のさまざまな過去の楽曲が登場します。
2006年の「会いたかった」、2009年の「言い訳Maybe」、2013年の「恋するフォーチュンクッキー」、2018年の「Teacher Teacher」と「センチメンタルトレイン」。

メンバーが母校を訪れるシーンが、最後に実は2028年だと明かされるなど、22年分もの時間軸がMVに存在しています。
今回、これらのCDの初動売り上げを、オリコンの有料会員制サイトですべて調べてみました。

2006年の「会いたかった」は初週1万7千枚。2009年の「言い訳Maybe」は初週9万枚。
この時代の数字を見ると、「そのぐらいだったの?」という驚きすら覚えます。とはいえ、今では1万枚程度でもCDを売ることは大変なのですが。

2013年の「恋するフォーチュンクッキー」になると、初週133万枚。2018年の「Teacher Teacher」は初週166万枚、「センチメンタルトレイン」は初週144万枚。

初週で100万枚を初めて超えたのは、実は2011年の「Everyday、カチューシャ」で、
このときは初週133枚を記録しています。今年の夏フェスで聴いてもテンションが上がる一曲でした。

「会いたかった」と「Teacher Teacher」を比べてみると、同じグループで枚数が100倍程度違うわけです。
では、「サステナブル」の楽曲はどうなのか? 作詞は秋元康、作編曲は井上ヨシマサというAKB48最初期から続くコンビによる作品です。

イントロ3秒で響きだす生のブラスセクションとコーラス(このコーラスには井上ヨシマサも参加)。
これは紛れもなく48系のサウンドプロダクションで、ひとつの様式美のように変わりません。

Aメロのコーラスの入れ方はほぼオールディーズですが、これもAKB48の楽曲群に見られてきたテイストです。
シンセドラムっぽい音の打ち込みも、かなり意図的なものでしょう。最後の歌詞である〈これからも ずっと〉のうち、
〈ずっと〉はほぼコーラスによるものだという点にも、コーラスが前面に出るという様式美を感じました。

そして、メロディーラインの明朗さ、覚えやすさ。これを「中庸」と呼ぶことはたやすいですが、そうそう真似しがたい職人技であることも事実です。
前述した「Everyday、カチューシャ」も井上ヨシマサ作品ですが、Dメロのカタルシスは今もなお健在です。

「サステナブル」のMVを見ていると、IZ*ONEに参加する宮脇咲良、矢吹奈子、
本田仁美がフロントにいて海外進出を強く意識していた「NO WAY MAN」の緊張感は何だったのだろうとも感じます。

まだ去年のことなのに。その辺をあっさり置いていく「サステナブル」の潔さにもうなりました。

「サステナブル」とは、持続可能性を意味します。未来のために、見る人それぞれの胸の中の
「AKB48」を呼び起こす作業をしているのが「サステナブル」という作品だとも言えるでしょう。

■宗像明将
1972年生まれ。「MUSIC MAGAZINE」「レコード・コレクターズ」などで、はっぴいえんど以降の日本のロックやポップス、
ビーチ・ボーイズの流れをくむ欧米のロックやポップス、ワールドミュージックや民俗音楽について執筆する音楽評論家。
近年は時流に押され、趣味の範囲にしておきたかったアイドルに関しての原稿執筆も多い。
https://realsound.jp/2019/09/post-422521.html

【AKB48、総選挙なしでも初週100万枚突破継続中 ← 握手券wwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
20190925-00000347-oric-000-60-view[1]

1: なまえないよぉ~ 2019/09/28(土) 08:47:08.57
女優の永野芽郁が24日、ハタチの誕生日を迎え、同日に自身のブログを通じて「やっぱり特別ですね 20年間も育ててくれた 一緒に歩んでくれた家族には本当に感謝しています」と思いをつづった。

「ついに20歳だってよ!」のエントリーで永野は「ハタチになった永野芽郁です笑 と、いうことで20歳になりました~」と報告し
「なんだか不思議な感覚で誕生日を迎えました! 今までも19回誕生日があったはずなのに また全然違う感じがしてなんでしょうね笑 やっぱり特別ですね」と心境を吐露。

続けて「20年間も育ててくれた一緒に歩んでくれた家族には本当に感謝しています」と伝え「母と0時になった瞬間に乾杯してぼろぼろ泣きました笑 
きっと、また歳を重ねて自分の過去を思い返したとき あの瞬間が蘇るんだろうなと思います」とつづった。

10代は「あっという間に終わりました笑」という永野。「コップからひたすら水が溢れるくらい毎日が精一杯な時間もありました 今思えばどんな瞬間も、成長するための過程だったと思います」と振り返り
「20代はその経験を少しの自信にして日々、面白がって過ごしたいです」と抱負を記した。

最後は「もちろんこれから知ることの方がいっぱいあるだろうし 色んな感情を体感して 困惑する事も多々あるだろうけれど 素敵な女性になるために 背筋伸ばして、たまに丸めて笑頑張りたいと思いますー!!」
と決意を新たにし「20歳になった私もよろしくお願い申し上げます~笑 せーの カンパーーーイ 未成年者はカルピスね 私は、、ふふふふ 皆さまいつもパワーをありがとう」とメッセージした。

永野は、2016年8月より、ファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルとして活躍。女優として、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』や映画『ひるなかの流星』で主演を務めた。そのほか、映画『俺物語!!』、
『帝一の國』、『ピーチガール』、NHK大河ドラマ『真田丸』、カンテレ・フジテレビ系ドラマ『僕たちがやりました』などに出演している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-00000347-oric-ent
9/25(水) 14:13配信

no title

no title

no title

【永野芽郁、20歳BDで母と乾杯し涙 10代は「あっという間に終わりました笑」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/09/28(土) 23:00:09.16 ● BE:115523166-2BP(2000)
9月1日、グラビアアイドルの夏目つなりさんの1stDVD『観察記録』(グラッソ)の発売記念イベントがソフマップAKIBA①号店 サブカル・モバイル館で行われた。

7月に都内で撮影が行われた本作について「1人でいろいろやっている姿を誰かに観察されているテーマでいろいろ着替えてやりました。お気に入りのシーンは、メイド服のシーンで、飴を舐めるシーンが一番エロかったです。最後のナース服のシーンで変態ナースをやって、ナース服を脱いだら全身タイツを着て透け乳首をしてます。めっちゃ緊張しました。」と紹介。

恥ずかしかったシーンは「風船を使って風船と戯れるシーンで、風船で腰を動かしてるシーンで、注射器を持って、最後にプシャーってカメラに向かって注射させるのが恥ずかしかったです。」とコメント。

セクシーだと思うシーンは「緑色の変形水着は、紐を身体にまとわせて、紐と遊ぶみたいなシーンで、そこがセクシーだと思いました。」とコメント。

夏目つなりさんの猫耳メイド姿に注目です。

https://entameclip.com/topics/168647
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【ソフマップらしい新人グラドル、ちょっとあいみょん入ってね?wwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/09/29(日) 05:28:47.44
グラビアアイドルの福田琴美が、最新イメージDVD『Heartstrings』(4,104円税込 発売元:スパイスビジュアル)をリリースした。

2016年に女優としてデビューし、ドラマや映画、バラエティーに活躍中の福田琴美。インスタグラムにプライベートの水着姿の写真をアップするとアクセスが集中して話題にとなり、今年5月に待望の1stDVD『ことみっくす』をリリースした。上からB88・W56・H82という圧倒的なスタイルと豊満のFカップバストを披露。その圧倒的な豊満さに"次世代下乳クイーン"と呼ばれてグラドルファンから熱い注目を集めている。そんな彼女が早くも2ndDVDを発売。1stDVD『ことみっくす』では初めてのグラビア作品にも関わらずセクシーなシーンを見せてファンの視線を釘付けにしたが、今回は前回以上に大人びた姿を披露している。

水着は黒のビキニや白のY字形超ハイレグ水着、さらには三角ビキニと、露出度の高いものが多い。車のシーンやベッド、バスルームでのシーンが見どころで、特にベッドのシーンは、前作以上にセクシーな福田が見られる。

なお、同DVDの発売を記念したイベントが9月29日に東京・秋葉原のソフマップAKIBA 1号店 サブカル・モバイル館7F(15:00~)で開催される。

2019/09/24 22:00 
"次世代下乳クイーン"福田琴美、2ndDVDで過激さアップ 
https://news.mynavi.jp/article/20190924-898678/ 

DVD『Heartstrings』をリリースした福田琴美 
no title

no title

【【グラビア】"次世代下乳クイーン"福田琴美、2ndDVDで過激さアップ】の続きを読む