芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

2019年08月

1: なまえないよぉ~ 2019/08/31(土) 00:25:12.12
武内直子氏(52)原作の「美少女戦士セーラームーン」。
そのショーを楽しむことのできるレストラン「美少女戦士セーラームーン -SHINING MOON TOKYO-」が8月15日にオープンした。

作品の舞台となっている聖地・麻布十番に開店したということもあり、大きな話題を呼んでいる。
Twitterでは足を運んだというファンから《本格的なショーだし可愛いし世代としては最高だった!!!》
《あの短い時間で、女の子の可愛さと強さを体現できるとかもう信じられない。胸がいっぱい》といった声が。
また24日にTwitterでアップされたショーのアンコール動画は、5.2万回のリツイートと13万回の“いいね”を記録。さらに注目を集めることとなった。

もともと「セーラームーン」は漫画雑誌「なかよし」の92年2月号に初めて掲載された作品。17年には連載開始から25周年を迎え、話題となった。
しかし原作自体は、97年3月をもって終了している。にもかかわらず人気は衰えることなく、
今なお多くのファンから愛されているのだ。ローラ(29)や中川翔子(34)、若槻千夏(35)といった著名人も同作のファンで、成田童夢(33)のようにファンを公言する男性も増えている。

コラボグッズも続々と製作されており、アパレルやコスメから文具までと幅広く展開。
さらに今月23日にはユニクロのUTシリーズに登場し、今秋には「Samantha Thavasa」とのコラボアイテムが全国の店舗で展開される予定になっている。
なぜ「セーラームーン」はここまで根強く愛されるのか。「セーラームーン世代の社会論」(すばる舎)著者の稲田豊史氏は、こう語る。

「『セーラームーン』では少女たちが物語の“サポート役”でなく、美少女戦士という“直接闘う存在”として描かれている点が重要です。
当時、『女の子たちが主体的に敵と戦う』という設定はメジャー作品ではほとんど存在しませんでした。そのため先進的であり、インパクトがあったのです。
また作品が20周年を迎えたころ、セーラームーン世代はおおむね20代後半。多くの人は社会に出て、仕事面や恋愛面でちょうど壁にぶち当たるような年齢でした。
そこで再び同作に触れることで勇気づけられ、リバイバルヒットに繋がったのだと考えています」

主人公・月野うさぎを筆頭に、作中のキャラクターたちはメイクアップすることで強くなっていた。また戦闘中でもキラキラしたアイテムを身につけていた。
稲田氏は「セーラームーンは、戦うからといって『美しさを犠牲にする必要はない』と思わせてくれた作品」と分析。
そして「キャリアを積むため、女性らしさや恋愛を犠牲にしない。すべて100%叶えたいけれど、それは男性や恋愛のためではなく自分のため。
そういった女性像を描いた、日本での原点的な作品といえるでしょう」と評価する。

また美術を専門とする沖縄県立芸術大学准教授・土屋誠一氏は同作について「結果として『女性の解放』を描いたといえる」と解説。さらに「多様性の器にもなっている」と言う。

「作品には性格や髪型や境遇といった面で異なる、“あらゆる少女たち”が描かれています。制作側がどこまで意識していたかはわかりませんが、
観る側のジェンダーロールの多様性を確認するきっかけとなっていました。そしてストーリーの性質上も、『いろんな人がいるほうが楽しい』と気づくことができる内容になっていたと思います」(土屋氏)

さらに敵キャラクターのクンツァイトとゾイサイトは、アニメ版ではゲイカップルという設定だった。土屋氏はこの点にも注目する。

「作品では彼らのセクシャリティを否定するのではなく、シリアスな扱い方をしていました。セーラームーンは彼らの性的嗜好が嫌だからではなく、彼らの企みを阻止するために戦っていたのです。
キャラクターの多様性を描き、パーソナリティを否定しない。そんなセーラームーンを見て『いろんな子がいるし、いろんな性の形がある。
そして、誰もが輝くものを持っている』と多様性をうまく認識することができるのです」

前出の稲田氏は、「セーラームーン」のこれからについてこう締めくくる。

「多感な時期に影響を受けた作品は価値観のベースとなり、それぞれの生き方の指針が凝縮されています。社会現象になるほど大きな反響のあった作品ですから、
『昔好きだった』では終わらない耐用年数の長い作品となり得ます。フランスや北米のように海外でも人気がありますから、日本に限らず海外でも新たな古典作品として輝き続けるのではないでしょうか」

女性自身
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190830-00010012-jisin-ent
no title

【セーラームーン人気なぜ続く?原作終了から22年もコラボ続々】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/08/31(土) 07:56:12.09
「特定のメンバーだけが“黒幕”と言われ一方的に批判されているが、それは違うんじゃないかと言いたい」

そう語るのは以前NGT48の取材をしていた元記者だ。騒動が発覚した当時は、グループ複数の関係者に接触、内情を知る人物である。

「メディアは取材もせずに山口真帆の主張だけを報道した。そもそもそれが間違っている」

具体的な話の前に、まず事件について振り返っておこう。

発端は、今年1月8日。山口真帆が動画配信サービスSHOWROOMに投稿した一本の動画だった。涙を浮かべたアイドルの不可解な映像はすぐにファンの間に波紋を広げたが、決定的だったのはその翌日にアップされたツイッターの“告白”だった。

<男は最初の男と変わって私の顔を掴み、同じように押し倒されそうとしてきました>(原文ママ)

異様な緊張感が滲む文章には、帰宅した山口が暴漢に襲われる一部始終が書かれていた。これを受けメディアが一斉に報道を開始、すぐに容疑者が特定されたが、そこから騒動は意外な方向に飛び火した。他のメンバーのツイート等から、事件の裏にNGTのメンバーが関与していたのではないか、という疑惑である。そのためネットメディアを中心に「犯人捜し」がはじまり、数名のメンバーが「黒幕」とされることになった。事態は収束することなく膨らみつづけ、「メンバー内の不仲」「運営サイドの隠蔽工作」など疑惑は噴出、さらには運営会社の謝罪会見での不手際もあり山口と運営サイドの溝がクローズアップされ、ついに山口がグループを脱退、事務所を移籍することで一応の決着をみせた。

ところがここにきて、そんな状況を「おかしい」という声が噴出してきているようだ。関係者がつづけて言う。

「色々な噂が囁かれているが、今なぜかネットから“消されはじめている情報”がある。そこには山口がNGTに加入前に、『P』というアイドルグループに在籍していたこと。そしてそこで今回と“似た騒動”を起こしていた疑惑が明かされていた」

消されはじめている
「疑惑の情報」とは

その“消されはじめている情報”のひとつを見ることができた(8月26日現在)。その内容を要約すると、以下のようなものである。

山口は出身地である青森県からアイドルになるために上京、最初に加入したのがアイドルグループ「P」だったという疑惑がある。この「P」はメジャーグループではないいわゆる地下アイドルで、さほど目立った活動はなかったが、その中で“騒動”が起きた。それは、山口と思しきメンバーが、運営やメンバーにイジメられている、というツイートしたことからはじまったとされる。そして、「P」に在籍したままNGTに“移籍”したという噂が飛び交っている。


この記事について、記者はこう解説する。

「サイトの存在は知っていましたが、どこまでの話か、こちらも裏をとっていないからはっきりしたことは現段階で言えません。イジメが事実だった可能性もある。しかしツイートからはじまったとされるかつての騒動は、今回の事件発覚の流れと似ている部分が見えてきます。もし本当に同一人物であれば、同じ手法で注目をあつめていたとも考えられるーーそういった見方をする関係者もいるのは事実」

突如浮上してきた怪情報。さらにこれまで語られてきた「疑惑」に対するこんな証言も。

「山口を襲ったとされ逮捕された男と山口との関係です。これまでメディアでは疑惑として触れられてきましたが、実はコアなNGTファンの間では“ふたりが仲が良かった”というのは定説とされていたようです。決定的な証拠がない以上、明言はできませんが」

騒動が一段落したこのタイミングで新たな疑惑が浮上したその意味とは一体何なのか。ナックルズでは今後も関係者取材を進めていく。

-2019.08.30
https://k-knuckles.jp/1/8584/2/
no title

【【山口真帆ネガキャン】NGT事件「本当のことを誰も書かない」業界関係者語る「山口真帆が前に在籍していたグループで同じような騒動が」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/08/31(土) 19:22:55.17
新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」の村雲颯香(22)が31日、新潟市内の専用劇場で卒業公演を行った。村雲はこの日をもってグループから卒業し、芸能界からの引退も明言している。

冒頭MCでは、自己紹介を兼ねて各メンバーが「もふちゃん(村雲)に伝えたいこと」をテーマで話した。
キャプテンの本間日陽(19)が「伝えたいこと。普段からご飯によく行くし、家にも行く。それがなくなるのは実感がない」と話せば、
高倉萌香(18)は「もふがいなくなるのが想像できない」と寂しがった。
“アヤカニ”こと太野彩香(22)は「(NGT48で)名コンビは“カニもふ”だと思ってた。もふが卒業しちゃったらどうしたらいいのか…。
今日は名コンビの相方の卒業ということで、頑張りたい」と意気込んだ。

また、中井りか(21)は村雲を「私にとって生徒指導の先生だった」と告白。
「『片づけよう』とか怒られることが多かった。もふがいなければ、どうなるんだと。これから怒る人がいなくなる。掃除とかも頑張らないと…」とため息。
“お姉さんキャラ”の西潟茉莉奈(23)は「私がメンバーにおごったランキングの1位がもふです。
おごられ上手で、貢ぎに貢ぎまくった。でも、また、もふが劇場に来たら貢ごうと思います」と話すと、村雲はうれしそうな表情を浮かべた。

さらに荻野由佳(20)は「もふちゃんはですね、1期生の中でNGTに最後までいてくれるのは、もふちゃんだと思ってた。こんなに早くお別れの時がくるとは…。
今は一番、NGTの真ん中で盛り上げてくれる人。もふちゃんの背中を押してあげられる公演にしたい」と力を込めた。

一方、山田野絵(19)は「これは未来のもふに」と前置きし「もふにプレゼントをあげた時にお返しがない! 大人になったもふに会ったらごちそうしてほしい!」と訴えると、
村雲は「(公演が)終わったら連絡先、消そう~」といたずらっぽい笑みを浮かべながらジョークで返答。これに山田は「『消そう』と思われないように、公演を頑張りたい」と気合を入れ直した。

メンバーの「伝えたいこと」を笑顔で聞いていた村雲の自己紹介の番になると、会場は「もふ」コール一色。
村雲は「鳴りやまぬ!」と感激した後に「みんな、私のことを思ってくれて、お菓子を買ってくれたり、ジュースやお肉をもらったり。公演を通して感謝を伝えたい」と話した。

村雲といえば、NGTを卒業した山口真帆(23)に寄り添った“山口派”と呼ばれたメンバーの一人。
昨年12月に起きた男性ファン2人による山口への暴行事件(その後、不起訴)が今年1月に発覚。山口が「寄り添ってくれた」と卒業公演時に感謝していた。

ただ、山口と“山口派”と呼ばれた菅原りこ(18)、長谷川玲奈(18)の3人は5月に一緒に卒業したが、村雲だけは卒業せずにグループ残留を決断していた。
ファンの様々な憶測を呼んだが、関係者によれば、事件への関与が疑われた一部メンバーらとも交流の場を持ち、グループの立て直しなどに奔走していたという。

7月18日にグループの公式サイトに、村雲が全メンバーと一緒に映った動画が掲載され、村雲は卒業とともに、芸能界引退を表明。
今年に入ってから卒業を決意しており、2月下旬から早川麻衣子NGT48劇場支配人に相談していたことを明かした。

今月18日から8か月ぶりに劇場での定期公演が発表された際には「公演を通して、皆さんにもNGT48の変化を感じていただけるように頑張ります。
メンバー全員で作り上げるステージを、どうか一度だけでも観ていただきたいです」と訴え、グループ再生への第一歩に理解を求めていた

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190831-00000040-tospoweb-ent
8/31(土) 18:52配信

no title

no title

【NGT48村雲颯香が卒業公演、オールブラックス爆誕かwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/08/31(土) 07:27:40.29
女優の橋本環奈(20歳)が、8月30日に放送されたバラエティ番組「A-Studio」(TBS系)に出演。俳優の小栗旬(36歳)と先月だけで5回は会い、小栗がいない時も小栗家に3連泊したと語った。

橋本は自分の家に人を呼ばず、人の家に出かけて何泊もするため、「あんまり自分の家にいないイメージ」だという。

そして、先月は映画「銀魂」で共演した小栗旬が海外に移住することもあって、移住前に会っておこうと5回は会い、小栗家に3泊したと語った。

橋本によると、泊まっている時に小栗はおらず、小栗の妻・山田優の隣で寝ていたそうで、橋本は「誰んちでも泊まっちゃうんですよね」と話した。

https://news.livedoor.com/article/detail/17008788/
2019年8月31日 4時9分 ナリナリドットコム
no title

【橋本環奈ちゃん、誰んちにでも泊まっちゃう女の子だったwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/08/30(金) 18:59:07.08
いつもハロー!プロジェクト及びモーニング娘。'19を応援頂き、誠にありがとうございます。
メンバーの岡村ほまれですが、腰の痛みを訴え、病院で医師の診察を受け
第4腰椎椎間関節損傷で2週間の局所安静治療が必要と診断されました。
よって下記の公演をMCのみで参加させて頂きます。

・Hello! Project 2019 SUMMER「beautiful」「harmony」
8月31日(土) 9月1日(日) 中野サンプラザ

皆さまには、ご迷惑とご心配をお掛け致しますが、
何卒ご理解、ご了承頂きます様、宜しくお願い申し上げます。

http://www.helloproject.com/news/10897/

岡村ほまれ
no title

no title

https://livedoor.blogimg.jp/morning77/imgs/a/5/a52f0e10.jpg
no title

no title

no title

【モー娘。岡村ほまれ(14歳)、腰椎椎間関節損傷で休養】の続きを読む