芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

2018年08月

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/08/29(水) 21:48:01.46 ID:CAP_USER9
精神的に追い込まれていたということはわかるが、やはり視聴者からすればイラっとする心境告白だったようだ。

矢口真里が8月25日放送のバラエティ番組「八方・陣内・方正の黄金列伝 気になるアノ人にアノこと聞きたいSP」(読売テレビ)に出演。
5年前に引き起こした自宅連れ込み不貞騒動を振り返っている。

矢口は2011年5月に中村昌也と結婚するも、わずか2年後に自宅マンションに現在の再婚相手となる男性を連れ込み、不貞行為を行っていたことが発覚。
その現場に中村が居合わせたというドラマのような展開なだけに、当時世間に大きな衝撃を与えた。矢口は騒動発覚前の状況について、
「最初は別居を撮られて、離婚間近になっているのではと。(自宅不倫は)お願いだから出ないでくれ!ってのはあった」と、苦笑いしながら正直な本音を語っている。

その後、週刊誌報道により不貞騒動が明るみになり、矢口は13年から約1年5ヵ月の活動休止期間を経て、芸能活動を再スタートさせている。
また、「(休養中に)心から笑うことがあったか?」という質問に対しては「ないです、ないです。このまま見続けたらテレビに殺される!って思うぐらいの報道だったんです。
だからこそ、観ないふうにしたし、考えないようにした。どんだけ“死”というものを考えないようにするかは自分の中で戦ってましたね」と、一時は死もよぎるほど追い込まれていたと説明している。

しかし、今回の放送にネット上では「何回も言ってるけど、自業自得だろ」「もういい加減、矢口の不貞愛掘り下げるのやめて。
ただただイライラする」「なんで被害者意識持ってるんだろうね」「死にたいのは元夫」などといった批判が殺到している。

「騒動発覚前の心境を聞いていても、バレなければ大丈夫という考えを心のどこかに持っているところがとにかく心配ですね」(エンタメ誌ライター)

また、芸能界引退を踏みとどまった理由として、

「それで言われもないこともどんどん報道されてますし、これは一回出ていかないと、自分の口で説明しないと、すべてが100%悪い女の状況で残ってしまうというのもあった」

と話してもいた矢口。

「報道内容に多少の誇張はあったとしても不貞愛に走ったという事実は変わりませんし、ハタから見れば100%矢口が悪いとは思いますが…。
やはり考え方が少し甘いと思われてしまっても仕方がないでしょうね」(前出・エンタメ誌ライター)

5月に放送されたバラエティ番組でも不貞騒動について振り返り、テレビ復帰後の心境について、性行為を行うための器官名を口にしながら、
テレビで服を脱いだ下半身を出している感じであることを生々しく説明していた矢口だが、
そこまでの思いをしてまでテレビ復帰したいと思える執念はさすが。どうか2度と同じ過ちを犯さないように気を付けてもらいたいものだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/15226024/
2018年8月29日 9時59分 アサ芸プラス
no title

【矢口真里、活動休止期間を「テレビに殺される」と振り返り総ツッコミ!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/08/30(木) 11:01:30.85 ID:CAP_USER9
お笑いトリオ・安田大サーカスが8月19日に放送された「お笑いワイドショー マルコポロリ!」(関西テレビ)に出演し、一部では知られていた〈昨年6月に高血圧で緊急入院したHIROへのお見舞いよりもパチンコを優先していた〉というクロちゃんの仰天エピソードがの全貌が初めて明かされた。

大食漢だったHIROは血圧上昇による「左脳室内出血」との診断結果を受け、生存確率は20%という危機的状況に瀕していたが、クロちゃんは当時を「もしもHIRO君が亡くなったら、新しいデブを入れないといけないかなぁと思ってた」などと回想し、まるで他人事。

また、団長の安田が奇跡的に意識を回復させたHIROの見舞いに行こうとクロちゃんへ電話すると、
「ボクはいいです。今外出してるんで」とまさかの拒否。クロちゃんによれば、“パチンコが確変中だった”とのことで、トリオのメンバーへの見舞いよりもパチンコを選んだクロちゃんのトンデモ行動には共演者の月亭方正からも「またパチンコか、お前それはあかんぞ!」とのお叱りが浴びせられた。
だが、クロちゃんは「パチンコやる人ならわかりますけど、1回休憩したりすると運気が変わる。
それにボクが行っても容態が良くなるわけじゃないし、もしも悪くなったらボクのせいになる」などと述べ、“見舞い拒否”の理由を淡々と説明している。

「その後、HIROは健康面を気遣い、ストイックなダイエットに成功。今では別人のようにスリムな体型となりましたが、当時は団長も『もう芸能界復帰は無理かも』と振り返るなど、ヤバイ状況だったことは確か。
それだけにクロちゃんの無神経とも思える発言にはネット上でも『クズキャラを演じてる人がいる中、クロちゃんは本物かと思えることが多々ある』『彼の性格は治りません。世の中にはこんな人もいるのです』『どう見ても素だわ笑 プライベートでクズを演じるメリットはない』など、もはやネタではなく“ガチでクズ”なのではないかと疑う声であふれています」(テレビ誌ライター)

もちろん、クロちゃんの“トンデモ話”としてトーク番組で活かされている時点である程度はネタである可能性も否めないものの、そもそもネタとして話せるのはHIROが生存確率20%という危機を乗り越えられたからだ。

クロちゃんにはもう少し相方への愛や思いやりを見せてもらいたいところだが…。

http://news.livedoor.com/article/detail/15231309/
018年8月30日 9時58分 アサ芸プラス

no title

【【計画炎上】クロちゃん、「HIROの見舞いよりパチンコ優先」の“クズ男”秘話wwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/08/29(水) 20:23:14.76 ID:CAP_USER9
総選挙1位、『SKE48』松井珠理奈の復帰のメドがまるで立たない。このまま長期休業、あるいは『AKB48』グループから脱退するのではないかという声まで出始めている。

この事態に、松井との不仲が囁かれる『HKT48』の宮脇咲良が大喜びしているという。コトは6月16日に行われた『第10回 AKB48世界選抜総選挙』の開票イベントにさかのぼる。

「オープニングのダンスでヤル気の見えない宮脇に、松井が注意。すると宮脇は『なんで、あんたに……』と言い返し、場が険悪になった。結局、開票後メンバーによる記念撮影を宮脇がボイコットしたのです」(AKBライター)

ところが開票日の直後から、松井の方が「体調不良」で休業に入ってしまった。

「表向きは開票日まで3日間飲まず食わず。精神的にも肉体的にも疲れて休養するという話でしたが、
実際には宮脇に取った態度を主催者に叱責され、大きなショックを受けた。それで仕事が嫌になったといいます」(同・ライター)

そのため、休業が長期化。ついに9月19日発売予定の『センチメンタルトレイン』のセンターの映像に間に合わないという“異常な事態”にまで発展してしまった。

「新譜のミュージックビデオは松井不在のまま制作。映像は松井が踊るセンターをCGで、ビデオ内のドラマは松井の絵コンテでゴマかされた。完全に窮余の策でしょう」(音楽ライター)

ファン不在の争いか?

松井、宮脇、どちらが悪いかは不明だが、AKBにおいて松井は2008年から活動している10年のキャリア。一方、宮脇は11年から活動と短く、年齢も松井より1歳年下。

「松井はAKB思いで、宮脇の無気力を注意した。しかし宮脇は、開票イベントがSKEのお膝元の名古屋で行われ、結果が見えている総選挙には最初からシラケていた。
案の定、松井が1位で、宮脇は3位。当初は2位予想だったのに宮脇は3位に落ち、怒って撮影をボイコットしたのです」(前出のAKBライター)

ちなみに2位は、やはりSKEの自称「ブス力(りょく)」が売り物の須田亜香里。昨年の6位で、完全な名古屋票といわれる。

「宮脇は悪くても2位だという考えがあった。でも3位。これに怒りまくって、松井の長期休業には『引退すればいい』と言っているほど。
宮脇は今、韓国のオーディション番組『PRODUCE 48』に出演中。
番組オリジナル曲ではセンターを務めている。松井の休業は大歓迎だが、もし復帰ならばHKTと韓国を主活動にする予定です」(前出の音楽ライター)

2人のバトルは気になるが、話が本当なら松井があまりにもかわいそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1511151/
2018.08.29 19:00 まいじつ
no title

【SKE48・松井珠理奈「休養長期化」に“天敵”宮脇咲良が大喜びwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/08/29(水) 06:03:23.61 ID:CAP_USER9
人気コスプレイヤーの霜月めあがこのほど、東京・秋葉原のソフマップで最新イメージDVD&ブルーレイ『キミにめあめあ』(ともに発売中 各4,104円税込 発売元:ラインコミュニケーションズ)の発売記念イベントを行った。

上からB81・W57・H88というスタイルにFカップバストで人気を博しているコスプレーヤーの霜月めあ。今年3月に発表した1stDVD『マジカル』では、上品な顔立ちに似つかわしくない大胆なショットを披露して、瞬く間にグラドルファンのハートを射止めた。
そんな彼女が早くも2枚目となるDVDをリリース。今年4月に沖縄・宮古島でロケを行い、視聴者を彼氏に見立てて宮古島へラブラブ旅行に行くというシチュエーションものとなっている。

アイスクリームのチョコミントをモチーフにした水着姿で登場した霜月は「今回の内容は見ている皆さんが私の彼氏という設定で、一緒に旅行に行くという設定になっています。宮古島の綺麗な海に入ったりホテルのお部屋でワインを一緒に飲んだりしました。サトウキビ畑にも行きましたよ」と最新作を紹介。
恥ずかしかったシーンを「レースの水着があるんですけど、それは今までで一番際どかったので恥ずかしかったですね(笑)」と照れ笑いを浮かべながら、「猫耳のフードを被ったシーンは、夜のベッドのシーンです。是非見て欲しいですね」と霜月らしい猫コスプレが見どころだという。

DVDは2作目となる霜月。グラビアデビューは今年と活動歴は浅く、撮影も「慣れないですね。カメラを前にするとスイッチが入るんですけど、やっぱり恥ずかしいですよ(笑)」と少女らしいはにかんだ表情も。次回作の話題になると「南国に行ってみたいですね! 内容はお任せします(笑)」とアピールしていた。

2018/08/28 23:00:00 
人気レイヤーの霜月めあ、際どすぎるレースの水着が「恥ずかしかった」 

 DVD&ブルーレイ『キミにめあめあ』の発売記念イベントを行った霜月めあ
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title


https://news.mynavi.jp/article/20180828-684269/

【人気レイヤーの霜月めあ、際どすぎるレースの水着】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/08/29(水) 18:32:49.95 ID:CAP_USER9
モデルでタレントのみちょぱのある発言が、ネット上で物議を醸している。

 みちょぱは28日に『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。この日は初のゲスト全員10代という企画だったが、話題がK-POP歌手の発信するファッション文化に移行した際、明石家さんまが「TTポーズをやりながら口紅を塗ってるのか?」とふざけて発言。
これにみちょぱが「TTはちょっと前じゃないですか?」とツッコミを入れたのだ。

 TTポーズとは、韓国のアイドルグループ・TWICEの楽曲『TT』の振り付けの中にあるポーズで、2017年に10代の女性を中心に大流行。年末の『NHK紅白歌合戦』にも出場し、話題になった。さんまも当然みちょぱに「年末紅白出てるからな?」と反論すると、みちょぱは「紅白って言っても8か月前ですから」と指摘。続けて、「半年以上経ったら古いですよ」と断言していた。

 今回、みちょぱは「TTポーズ」が10代女子の間でもう流行っていないということを指摘したに過ぎないが、ネット上の一部TWICEファンが、みちょぱのツイッターやインスタグラムに「『TWICE古い』という発言は酷いです…」「TWICEファンとして嫌な気持ちになりました。ファンの気持ちを考えてください!」「みちょぱのTWICE古い発言は悲しかった…」といったクレームを入れる事態に発展している。

 みちょぱはこれを受け、自身のインスタグラムのストーリーズを更新し、「オンエアーみてない人が盛られてる情報のみで勝手に便乗されるのが1番困りますよ~」と苦言。
「言葉に責任持って言ってますしその流れもいれずにただ一部だけを抜き取られそこを拡散されても、、、」とつづった。また、自身ではオンエアーは見てないとしながらも、「その方たちはもっと新しいのも出してますよって言う流れだったはずなんだけどね」と釈明していた。

 ネット上では、「『TWICEが古い』なんてみちょぱは言ってないのに…」「勘違いでみちょぱを叩くのはやめてほしい」などの声が上がっていた。

記事内の引用について
みちょぱの公式インスタグラムよりhttps://www.instagram.com/michopa1030/?hl=ja

https://npn.co.jp/sp/article/detail/02664687/
no title

【みちょぱ、“TTポーズ古い”発言で炎上?どうせ声が大きいクレーマーが叩いているだけでしょwwwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ