芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

2018年01月

1: なまえないよぉ~ 2017/12/31(日) 07:21:40.94 ID:U7mHuExM0● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典
 先日、米国の映画批評サイト「TC Candler」が、2017年の「最も美しい顔/ハンサムな顔100人」を発表した。日本人のトップは
アイドルグループ「TWICE」のサナ(湊崎紗夏)で、初登場で21位にランクイン。さらに同グループではツウィが3位にランクインし、アジア最高位を記録するなど、注目が集まっている。

 「TWICE」は韓国人5人、日本人3人、台湾人1人で構成された多国籍ガールズグループ。韓国では、デビューから約1年で「第31回ゴールデンディスクアワード」
大賞を受賞。第30回の同アワードでは、新人賞を受賞したため、約1年で得た快挙だった。韓国で多くの功績を上げ、2017年6月28日にベストアルバム「#TWICE」
で日本デビュー。楽曲「TT」の日本語バージョンが発表されると、TwitterなどのSNSで

若者を中心に“TTポーズ”が大流行した。

 さらに日本で大晦日に行われる「第68回NHK紅白歌合戦」(2017年)の初出場も決定しており、韓国グループとしては2011年に出場した「東方神起」「KARA」「少女時代」以来、6年ぶりの出場となる。
紅白出場の「TWICE」勢いが止まらない理由 「世界で最も美しい顔100人」にもランクイン

(「TWICE」のツウィ/画像はTC CandlerのOfficial YouTubeより)
紅白歌合戦も出場、勢いが止まらない 「TWICE」の魅力

番組のなりゆきを見ていたファンたちはそのまま「TWICE」のファンとして、彼女たちの活躍を見守っている。

 また、日本・台湾のメンバーなど、他国籍メンバーがいることで、ファンの規模も他グループより絶対数が跳ね上がった点なども、ここまで人気が拡大した理由の一つだろう。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00010000-abema-ent
no title

【TTポーズが大流行?紅白にまで出場する韓国女性グループ「TWICE」の勢いが止まらない理由とは】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/12/30(土) 23:12:09.76 ID:CAP_USER9
30日、東京・新国立劇場で開催された年末恒例の音楽賞「第59回 輝く!日本レコード大賞」最終選考会に、特別賞を受賞した荻野目洋子が出演し、再ブレイクのきっかけとなった大阪府立登美丘高校ダンス部とともに「ダンシング・ヒーロー」をパフォーマンス。
今年最後のコラボとなる“ラストバブリーダンス”を披露した。

最後のコラボ“バブリーダンス”でレコ大彩る

バブル全盛期のディスコを彷彿とさせるビビッドなメイク、衣装で登場した部員たち。
センターの荻野目を囲んでステージを縦横無尽に動きながらキレキレのダンスを見せつけ、ラストにふさわしいド派手なパフォーマンスを届けた。

荻野目はダンス部とのコラボで話題を席巻したこの1年を「本当に奇跡のコラボ。皆と出会えてよかった」と振り返り、ダンス部キャプテンの林さんは「夏の全国大会から考えられない出来事が短時間で起きて、すごく充実した1年でした」と語った。

パフォーマンスを終えると司会の天海祐希は「かっこいい!」と拍手で大絶賛。
ステージ横で見守っていた振り付けのakeneコーチは大粒の涙を流してメンバーを労い、隣の安住アナも感極まった表情でグッと涙をこらえていた。

登美丘高校ダンス部とは
同ダンス部は、8月の高校のダンス部の日本一を決める大会「第10回日本高校ダンス部選手権(ダンススタジアム)」の全国大会決勝にて準優勝。
「ダンシング・ヒーロー」やお笑いタレントの平野ノラのネタなどに合わせ、バブリーな出で立ちでキレキレに踊るダンスはネット上で話題を集め、YouTubeの動画再生回数は3000万回を突破している。

https://mdpr.jp/music/detail/1737842
no title

【“バブリーダンス”登美丘高校ダンス部、 荻野目洋子とド派手ステージ YouTubeの再生回数は3000万回を突破wwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/12/31(日) 09:57:50.08 ID:CAP_USER9
昆虫好きとして知られる俳優・香川照之が、熱い昆虫トークを繰り広げる『香川照之の昆虫すごいぜ!』(Eテレ)。
正月に放送される特別編では、マレーシアへ初の海外ロケをおこない、現地でカマキリの頭を1日14時間もかぶっていたという。

過去4回放送され好評を得た同番組。香川は、「広い自然のなかに狙った昆虫がいるはずの場所を見つけ、さらにそこで昆虫に出会えるというのは、実は奇跡的なこと。
決してヤラセなしの、ガチの虫探しですから。もう、私にとっては昔の『電波少年』みたいなもんです(笑)」という。

また、「(撮影は)疲れました。カマキリの頭を1日に14時間かぶりっぱなしでしたから。もう、おかしいよね、現地の人には絶対にコメディアンだと思われていますよ。
でも、決してそうではないということを証明するために、いずれ俳優として海外に進出したいと思います」と撮影の苦労を話す。

最後には、「マレーシアにきてみると、この時期に蝶が飛んでいたり、バッタがいたり、まだ虫と一緒にいられる幸せを感じています。
みなさん、私のように虫取り網を片手に昆虫をどんどんつかまえて、いろんなことを学びましょう」とコメントした。

今回香川扮するカマキリ先生が狙うのは、マレーシアの国蝶「アカエリトリバネアゲハ」や、枯葉や花にそっくりのカマキリの仲間、3つの巨大な角を持つ「アトラスオオカブト」など。
この模様は、1月1日・午前9時から放送され、過去の4回も12月31日・午前9時からすべて再放送される。

俳優・香川照之、正月から海外でカマキリ姿 
2017.12.30(Sat) 
https://www.daily.co.jp/leisure/kansai/2017/12/30/0010860068.shtml 
no title

【{{ 香川照之 }} 正月から海外でカマキリ姿 1月1日・9:00~】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/12/31(日) 22:18:32.25 ID:CAP_USER9
■『第68回NHK紅白歌合戦』(31日、東京・渋谷 NHKホール)
欅坂46が総合司会の内村光良と「不協和音」をコラボした企画で、メンバーの鈴本美愉が歌唱後、ステージ上で後ろに倒れる姿が放送された。

「不協和音」は最後に、欅坂46のロゴマークの三角形のフォーメーションを作るが、その中で鈴本が後ろに倒れ込んだ。
センターの平手友梨奈もパフォーマンス中からふらつき、ダンス中に内村が「大丈夫?」と話しかけて平手がうなずく一幕も。
平手は最後のポーズで手が小刻みに痙攣しており、SNSでは鈴本と平手の体調を心配する声であふれている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00000368-oric-ent

内村光良と「不協和音」をコラボ中 欅坂46・鈴本美愉が倒れるハプニング 
no title

no title

平手友梨奈に声をかける内村光良
no title


欅坂46 鈴本美愉
no title

欅坂46 平手友梨奈
no title

【【紅白歌合戦】欅坂46・鈴本美愉、ステージ上で倒れる 平手友梨奈もふらつく】の続きを読む