芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

2017年09月

1: なまえないよぉ~ 2017/09/28(木) 22:22:05.04 ID:CAP_USER9
石原さとみ(30)が来年1月期のTBS系主演連ドラ『アンナチュラル』で“美乳限界濡れ場”に挑むともっぱらだ。独身ラストのドラマ主演になる可能性が高いというから、穏やかではない。さらに、これには“ガッキー憎し”が大きく絡んでいるのだという。
 「石原が演じるのは、不審死をした遺体を解剖し、原因を究明する研究所の法医解剖医。ただ、彼女は周囲に“これが最後の連ドラ主演”をニオわせているそうなんです。おそらくクリスマスイブに迎える31歳の誕生日をメドに、恋人・山下智久(32)との強硬婚を狙っているからでしょう。相手がジャニーズタレントだけに、結婚引退も覚悟しているようです」(芸能記者)

 石原は、主演を引き受けるにあたり、同年代のライバル・新垣結衣(29)を強烈に意識しているという。
 「実はこの新ドラマは、昨年10月期に新垣主演で放送され大ヒットしたTBS系『逃げるは恥だが役に立つ』と同じ野木亜紀子が脚本を担当しており、いやが上にも比較されるのです。また、昨年10月期には石原も日本テレビ系『校閲ガール・河野悦子』に主演し平均視聴率12.4%を稼いだものの『逃げ恥』の14.5%には敗北した因縁もある」(同)

 新垣を意識する理由はもう一つある。新垣が山下と急接近しているからだ。
 「新垣と山下は、高視聴率をマークした7月期の山下主演連ドラ、フジテレビ系月9『コード・ブルー』で共演。現場では、いつも恋人のように仲良くしていたというのです。石原はそんな噂を聞き、怒りに燃えています」(スポーツ紙記者)

 それだけに石原は、ガッキーをギャフンと言わせるほどの「脱ぎ&濡れ場」を披露する覚悟というのだ。
 「法医解剖医の日常生活を描く中で、ディープキス、ベッド濡れ場などが盛り込まれる方向。石原はスタッフに“全裸入浴かシャワーシーンを入れて”とまで注文しているそうで、乳首ギリギリ限界ショットまで見せるつもりのようです」(同)

 山下との間には破局説も流れるなど、不透明な要素も囁かれている。
 「これまでは連ドラ主演が決まっている女優の結婚や妊娠はタブーでしたが、9月1日にTAKAHIROとの妊娠3カ月婚を発表した武井咲が風穴を開けた。『アンナチュラル』が『逃げ恥』超えを果たしたら、本当に引退するかもしれませんね」(芸能関係者)

 石原は本気で強硬婚を狙っているようだ。

http://wjn.jp/article/detail/5674169/

no title

【石原さとみ ガッキー憎しで“美乳濡れ場”を新ドラマでぶっ込み!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/09/29(金) 15:02:00.74 ID:CAP_USER9
「楽しくなければテレビじゃない」とはかつてのフジテレビの名キャッチコピー。

じゃ、笑いを引き起こすためにわざわざ人を傷つける必要があるかと言えば、それはNOでしょう。

昨日(平成29年9月28日)放映した番組「とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP」の番組内コーナーにおいて、とんねるずの石橋貴明氏が「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」というキャラクターで登場。懐かしい、といえば確かにそうなんですが…。

他の出演者とともに、「ホモ」という単語を数度に渡り発言し、番組全体として男性同性愛者を笑い、というか嘲笑の対象としていたわけですよ。

30年前はいざしらず、少なくとも現在では「ホモ」という単語は男性同性愛者に対する蔑称だという認識はわりと一般的になっていて、その存在自体を嘲笑の対象として表現することは問題あり!と言わざるをえないなぁ、と。

30周年を機に、過去の名物コーナーのキャラクターを登場させよう…という趣旨は理解できます。僕自身も懐かしさを感じましたし、深い意図なく企画されたものだとも思います。

ただ、劇的にここ数年で日本における性的少数者(LGBT)に関する見識や考え方は転換してきました。LGBTなど「性的指向・性自認」を個性ととらえ、権利を確保し、尊重するというのが大きな流れです。

すでに渋谷区など複数の自治体で「同性パートナーシップ」にかんして制度化されたり、岐阜県関市でも、尾関市長のリーダーシップのもと「LGBTフレンドリー宣言」がなされています。

当事者が(2015年 電通総研の調べでは7.6%がLGBTと推計されています)この番組を目にすれば、どうかんじるでしょうか。

当事者の中には、こんな書き込みをフェイスブックにしているヒトも。

未だにこんなことやってる!自分はこれで相当小学校時代イジメられました。こういう事はもう私の世代でたくさん。終わりにしよう。

振り返ってみると、30年近く前、小学生だった自分も「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」というキャラに」影響を受け、女性ぽい仕草や言葉遣いをする男友達を「ホモ」と揶揄したこともあったかもしれません。(もちろん、いま思えば深い反省とともにです。)

同じように考えれば、番組を目にする子どもたちへのネガティブな影響が懸念されます。子どもたちが番組の内容を学校で真似をすることで、いじめや無視等につながるやもしれないのです。

またツイッター上でも、嫌悪感を示す書き込みが散見されます。

すでに、CM提供スポンサーの中には降板を決めた会社もあるとか。

楽しくなければテレビじゃない、といっても

楽しむ人がいるならば、ひとを傷つけて良いわけじゃない。

わざわざ、いま、あえてこの内容を流す必要はなかった。

制作スタッフに、ちょっと視聴者やLGBTの当事者、社会的トレンドに思いが寄せられれば。

そして、最終的に放送にGOをした、意思決定者に強い違和感を感じました。

https://news.yahoo.co.jp/byline/akimotoshoji/20170929-00076334/ 

otK70C9M

【保毛尾田保毛男を放送したフジテレビに批判殺到www】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/09/29(金) 05:02:37.65 ID:CAP_USER9
歌手でタレントの華原朋美(43歳)が9月28日、自身のInstagramで、髪をバッサリとカットしたことを報告している。 

セミロングほどの長さだった髪を、今回はショートにした華原。「髪短くしました こんなみじかくしたの久しぶりだなぁ」と、ここ最近の華原とは印象が大きく変わるほど大胆にカットしているが、本人は「とってもお気に入り」「#シャワーの時間短くなるね」と大満足のようだ。

これにファンからは「えーーーっっ!びっくり!」「髪が短い朋ちゃんも素敵です」「めっちゃ似合ってる!!」「思い切ったねーー!!」「短い方が若々しく見えるね」「かっ、かわ……!」「可愛いが増してる」など絶賛の声が寄せられている。


髪短くしました [tomomikahala]
no title


http://www.narinari.com/Nd/20170945947.html

【華原朋美が髪バッサリ、久々ショートに絶賛】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/09/29(金) 06:14:58.18 ID:CAP_USER9
バラエティ出演時は解散後の衆院選出馬を匂わせながら、突然の不出馬会見。政治評論家への転身を宣言し、大手芸能事務所との契約まで取り沙汰されている衆院議員の上西小百合氏。SNSでの数々の炎上も彼女の知名度アップに役立ったことは明白で、世論を引っかき回したあげくの“勝ち逃げ”感が強い。ところが、そんな上西議員をスパッと切り捨てた芸人に拍手喝采が起こっている。

 ファインプレーを見せたのが、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきお。伊達は26日に出演した昼のバラエティ番組「バイキング」(フジテレビ系)で、上西小百合議員の不出馬問題を「正直どうでもいい」と突き放し、さらに「あんまり人のことを嫌いにならないけど、この人は好きじゃない」と本音でバッサリ。「本業以外の面で目立ちすぎてる。いろんなところに噛みついたり、タレントならすぐなれるみたいな…」と、怒りが収まらない様子だった。

「他人の悪口を言わない伊達にしては本当に珍しい。しかも、嫌悪感たっぷりに言ってましたからね。それを受けてMCの坂上忍も『タレントみたいなことして知名度あげて、また選挙出るって言ってるんでしょ。今でも十分(知名度は)あるのに、だったら勝てるんじゃないですか?』と、上西議員の痛いところをみごとに突いてみせました。現役議員でありながら、完全に売れっ子タレント気取りの彼女によほどハラワタが煮えくり返っていたのでしょう」(女性誌編集者)

 普段はおとぼけの伊達の痛撃に、視聴者も溜飲を下げたのか「激しく同意」「もっと言ってほしい」「伊達さんの怒りが頂点に達している感じがスカッとした」「テレビから依頼殺到とか、本当にやめてほしい」など、続々と賛同や称賛がネット上に書き込まれた。

 現在、上西氏は東国原英夫とネット上でバトルを繰り広げていることから、サンド伊達も巻き込まれるんじゃないかと不安視する声も一部にはあるが、メディア関係者は「心配無用」としてこう言う。

「サンド伊達はネタもトークも面白く、『週刊文春』の好きな芸人ランキングの4位に選ばれるほど好感度が極めて高い。しかも今回言っていることは正論そのものですし、もし上西氏が彼に噛み付いても、まったくプラスはない。人気者の伊達を叩く材料はないし、そもそも策士の上西氏ですから、ケンカする相手は吟味しているはず」(週刊誌記者)

 これまでほとんどの批判にやり返してきた上西議員だが、今回ばかりは相手が悪い。あっさり「不戦敗」となりそうだ。

(飯野さつき)

アサジョ2017年9月28日18時15分
https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_38028/?ptadid=

写真
no title

【<上西小百合が完敗!>サンド伊達の一刀両断にバイキング史上最大級の賛辞】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/09/28(木) 23:43:03.25 ID:CAP_USER9
9月28日発売の女性ファッション誌『Richesse』(リシェス)で、元女優の後藤久美子とフランス人の元F1ドライバーであるジャン・アレジの娘のエレナ・アレジ・後藤がモデルデビューする。
エレナは後藤の長女で、スイスの高校を卒業後、イギリスの映画製作専門学校に入学している。10月1日から母の後藤と同じ芸能事務所のオスカープロモーションに所属し、11月に学校を卒業したあとは日本で本格的に芸能活動をするとみられている。

リシェスでは高級ブランド『ブルガリ』とのタイアップで、総額1億円以上のジュエリーを身に着け、そのセレブぶりをいかんなく発揮している。だが、日本での芸能活動には、早くも先行きを不安視する声が広がっている。

「後藤とアレジの娘ということで、2世タレントとしては申し分ない話題性があります。しかし、実際に活動していくとなるとその知名度以外に何が特徴なのかがはっきりしないのです。
オスカーということでモデル業を中心にしていくのでしょうが、身長は母の後藤よりも小さい156センチ程度。端正なルックスといえば聞こえはいいですが、正直、父のアレジの血が濃く反映されていて、かつての“美少女ゴクミ”のルックスには到底及びません。語学堪能ということで、数年後には文化人枠で活躍することも可能でしょうが、それも会話術や頭の回転が相当よくないと厳しいでしょう」(芸能記者)

https://myjitsu.jp/archives/32596

no title

【後藤久美子の娘・エレナに芸能界から厳しい声】の続きを読む