芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト

2017年04月

1: なまえないよぉ~ 2017/04/30(日) 12:24:31.00 ID:CAP_USER9
現在放送中のドラマ「母になる」で初の母親役を好演し、絶賛の声が相次いでいる沢尻エリカ。だが彼女は10代のころから、素晴らしい演技と美しい姿を見せてきたことを忘れてはいけない。

2003年のテレビドラマ「ホットマン」で連続ドラマ初出演を果たし、同年上戸彩主演の「ひと夏のパパへ」にも出演した沢尻だが、彼女の名声を最も広くとどろかせるきっかけになったのは、井筒和幸監督の『パッチギ!』(2005年1月公開)だろう。
同作は60年代後半の京都を舞台に、在日朝鮮人の女子高生に一目ぼれした日本人高校生の恋の行方と、彼らを巡る若者たちの姿を活写した青春ドラマ。
その中で沢尻は、ヒロインである朝鮮高校の2年生を演じ、当時19歳という若さで日本アカデミー賞新人俳優賞を含め、計9つにも及ぶ映画賞を受賞した。

そして同年に、難病・脊髄小脳変性症を発病した15歳の女子学生を熱演したドラマ「1リットルの涙」が放送され、沢尻は同世代からも支持を集めるカリスマ的存在に。
その翌年となる2006年には、作家・江國香織の原作小説を森田芳光監督が映画化した『間宮兄弟』で、北川景子演じる夕美の姉・直美役で出演。
30代になっても同居を続ける仲の良い間宮兄弟(佐々木蔵之介&塚地武雅)と彼らを取り巻く女性たちの日常を鮮やかに切り取る本作で、沢尻がふんした直美はレンタルビデオ店でアルバイトをしている女子大生。
劇中の浴衣姿も印象的だったが、自身の年齢と同年代の一般的な女性役ということで、素のかわいらしさも垣間見える作品となっている。

さらにこの年の夏には、テレビドラマ「タイヨウのうた」に出演する。このとき沢尻は20歳。
19歳の若者・孝治(山田孝之)と、難病を抱えた歌手志望の少女・雨音薫(沢尻)のラブストーリーが繰り広げられる本ドラマで、沢尻は「Kaoru Amane」という役名と同じ名義で同タイトルの挿入歌をリリース。
オリコン月間シングルランキングでは第1位を獲得し、女優としてだけではなく歌手としての才覚もあらわにしていった。

まさに沢尻エリカフィーバーが起こった2006年だが、さらに秋には映画『オトシモノ』で映画初主演。
オトシモノを拾った女子高生たちが次々と恐ろしい目にあっていく、オトシモノの呪いを描いたホラー作品の同作で、女子高生役に挑んだ。
『パッチギ!』の頃から沢尻の名前はアジア圏を中心にじわじわと浸透していたが、『今日、恋をはじめます』『ReLIFE リライフ』などの古澤健監督が手掛けた今作は、ハリウッドリメイクされ、日本コンテンツを世界中の英語圏にも提供する機会にもなった。
(続きはソースをご覧下さい)

https://www.cinematoday.jp/news/N0091257 
2017年4月30日 7時15分 


映画『パッチギ!』 2004
no title

『間宮兄弟』 2006
no title

「タイヨウのうた」2006
no title

『オトシモノ』 2006
no title

【大人になる前の沢尻エリカwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/04/30(日) 11:14:16.11 ID:CAP_USER9
「売ってない」「買えなかった」。11日に発売されたモデル泉里香(28)の初写真集「Rika!」(SDP)が書店で“完売”状態だ。
モデル、グラビアの両方で活躍する「モグラ女子」として人気爆発中。
大きな胸を隠しに隠して生きてきたが、やっと日の当たる場所に飛び出してきた。

 1軒目は「完売!」、2軒目は「入荷待ち」だった。立ち寄った都内の大型書店の写真集売り場にあった張り紙。
「Rika!」は品切れ続出で、発売3週間たたずで3度の重版。
24日付のオリコン週間写真集ランキングでは、堂々の首位を獲得した。

 「オリコン1位って響きがいいですね。歌手になった気分」。
パァッと笑顔になった泉は、控えめにルンルンと手を叩いて喜んだ。
モデルとして雑誌で着た服が売れ、グラビアで服を脱げば写真集が売れる。
03年に実写版「美少女戦士セーラームーン」でセーラーマーキュリーを演じた少女は今、主役にも脇役にもなれる“完売美女”だ。

 写真集で男性を悩殺したのは、推定Fカップの大きな胸。
元々はコンプレックスでしかなかった。
学生時代から「普通がいい」と胸が目立たない服を着続け、モデルの現場で「胸は見せないもの」と確固たる意識を持つようになった。
「胸は“隠せ!つぶせ!”でした。胸が大きいだけで太って見えるし、“エロい体”はNG。水着の仕事は私に絶対来なかった」。

 転機はスタイルブック「RIKA」を出版した昨年4月頃。
下着姿を解禁し“エロふわボディー”と称賛された。
30代女性をターゲットとする雑誌に出るようになり、「スタイリストさんに“いいじゃん、胸出しなよ”と褒めてもらえた。出していいんだ~と思って、性格も明るくなりました」。
大きな胸がプラスに変わっていった。

 泉に魅了された一人が明石家さんま(61)。
昨年8月にテレビ番組のロケでサマーニットを着た泉の胸をチラチラ。「見せる君の胸が悪い」と開き直らせるほど。威力抜群の武器だった。

 とはいえ「普段はやっぱり隠します。何だかんだで恥ずかしい」。
体で好きなパーツは、腹筋で鍛えた約55センチの細いウエスト。腰回りにモデルとしてのプライドがのぞく。

 昨年11月に男性漫画誌「週刊ヤングジャンプ」で水着グラビアにデビュー。
「ヤンジャンだからやりたいと思った。好奇心旺盛なんです」。
瞬く間に男性にも知られる存在となり、“最強モグラ女子”は羽ばたいた。

―中略

 28歳で迎えた大ブレークの時。「最近、奇麗になったねって言われるんです」。女性が奇麗になる時。それは恋をした時だ。もしかして。

 「好きな人…好きな人…。う~ん、いないかな。仕事が私を奇麗にしてくれると思うんです。見られる機会が増えたので、もっと自分を磨きたい。
恋じゃなくても、奇麗にしてくれるものはある。下積みが長いので、今は仕事を大切にしたい」。
優等生すぎる回答が、充実ぶりを表している。


 ◆泉 里香(いずみ・りか)1988年(昭63)10月11日、京都府生まれの28歳。明大文学部卒。
中2でスカウトされ、ティーン誌のモデルで活躍。
08年から15年まで女性誌「Ray」の専属モデルを務めた。現在は「美人百花」など7誌のレギュラーモデル。趣味はF1観戦、料理など。1メートル66。血液型A。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/30/kiji/20170430s00041000073000c.html 

 

泉里香


【初写真集完売状態!「モグラ女子」泉里香 隠し続けたコンプレックスの大きな胸が武器に】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/04/30(日) 09:24:38.63 ID:CAP_USER9
 今年もゴールデンウイークに合わせ、フレッシュな“注目ガール”を紹介する連載「気になるあの娘 GWコレクション」をスタート。初回は、この娘からです!(サンケイスポーツ)

 4月からTBS系「ひるおび!」(月~金曜前10・25)の木、金曜のお天気キャスターに就任したモデル、池岡星香(21)。若手俳優集団、D-BOYSの池岡亮介(23)の実妹で、上品なオーラをまとう1メートル72の長身美人だ。

 初のレギュラー番組が全国ネットの生放送。「初日は緊張して足が震えました。司会の恵俊彰さんは話題によって出てくる言葉が変わり、本当にすごいです」と大先輩の仕事ぶりが何よりの教科書だ。

 高校時代から地元・名古屋の情報誌やイベントでモデルとして活動。現在、金城学院大4年生で就活も視野に入れていたが、兄から「やりたいと思うなら頑張って!」と背中を押された。

 目標は女優でモデル、佐々木希(29)で、「今後は演技にも挑戦して、マルチに活躍できたら」。スターを目指してひな鳥が羽ばたく。

2017.4.30 07:52
http://www.sankei.com/entertainments/news/170430/ent1704300007-n1.html
no title

no title

no title

no title

no title

【清楚なお天気キャスター・池岡星香、佐々木希お手本に女優&モデル目指します!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/04/30(日) 08:10:20.65 ID:CAP_USER9
 歌手で女優の神田沙也加(30)が4月26日、結婚を発表したお相手は、俳優の村田充(39)。187cmの長身の元モデルだ。

 沙也加は2002年のシングルデビュー時(当時の芸名SAYAKA)、松田聖子の娘として注目されたが、その後は伸び悩み。しかし2014年に映画『アナと雪の女王』のアナ役で"自力"でブレーク。紅白歌合戦で映画の歌を歌い、その姿を観た聖子が涙する場面が話題になった。

 この結婚をさぞかし聖子も喜んでいるだろうと思いきや、沙也加がインスタに掲載したのは父、神田正輝(66)と彼との3ショット。聖子は"蚊帳の外"なのだ。

 29日には神田が「(孫の)顔が見たい」と取材陣に話したが、この時点で聖子のコメントはまだなし。海外にいて連絡がとれないともいわれるが、いったい何が起きているのか。

 聖子を結婚前から取材しているある女性誌記者は、もともと母娘の仲は微妙だ、と話す。

「沙也加さんが1歳半の頃に聖子さんは全米進出し、幼い頃は神田さんや姑(女優の故・旭輝子)が、離婚後は主に祖母が面倒を見てきた。大スターになる人は勝気で、常識にも外れたくないから結婚も出産もする人が多いけれど、結局いつでも自分が“1番”ですからね」

 母がビッグなうえ恋に奔放。そのため沙也加は苦労したようだ。15年に発売した自身初のスタイルブック「Dollygirl」でも、学校でのいじめを明かしている。しかしここでも、父のことは記しているが、母の聖子には一切触れていない。先の記者はいう。

「芸能界に進んだ後は、方向性だけでなく男性関係でも聖子さんと揉めたようです。母と娘の男性のタイプが違うし、母は男性を見る目も相当厳しかったのかもしれない」

 沙也加は、若い頃から神田の母、旭輝子と旧知の仲だった大地真央をママと呼んで慕ってきた。5月13日には結婚パーティーを催すようだが、そこに本当のママが現れるのかハラハラする。

 とはいうものの、こんな意見も。TVウオッチャーの吉田潮さんは「聖子がパーティーに来ても来なくても関係ない」ときっぱり。

「娘は30歳だし、密着するよりつき離したほうが健全な気もする。一切関わらないってのも清々しい。もっとも聖子のことだから、今回のことを上手にいいタイミングで自分の宣伝に使うかもしれないけど。こうなったら唯一無二の聖子ブランドを貫き通してほしいわ」

 娘の結婚で、お相手の男性以上にクローズアップされるママは、やっぱり偉大ということか。(取材・文/藤村かおり)

2017年4月30日 7時0分 dot.(ドット)
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13003575/

松田聖子

【神田沙也加の結婚 露呈した母、松田聖子とのきわどい仲】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/04/30(日) 13:13:27.74 ID:CAP_USER9
MCのマツコ・デラックスに、毎回とあるジャンルに詳しいゲストがその魅力についてプレゼンテーション・トークを繰り広げるバラエティ『マツコの知らない世界』(TBS系)。
5月2日(火)に放送する2時間スペシャルは、マツコの知らない「相撲メシの世界」「イリュージョンの世界」「春の文房具の世界」の豪華3本立てでおくる。

「相撲メシの世界」では、プレゼンターとして元大相撲力士で相撲漫画家の琴剣淳弥が登場。相撲部屋45カ所を回り、全ての相撲メシをデータベース化したという琴剣が厳選した、相撲メシが美味い3つの部屋を紹介する。

そしてその「尾車部屋」「佐渡ヶ嶽部屋」「高田川部屋」に所属する、現役力士の琴奨菊、嘉風、琴勇輝、輝、天風、琴恵光、竜電ら7人がゲスト出演。マツコ・デラックスと相撲メシをガッツリと喰らう。

「ちゃんことは、力士が作る全ての料理を表す言葉」という琴剣がマツコに紹介するのは、鍋のみならず、テレビではめったに注目されない“相撲メシ”。
スタジオには、おかずのお供、白メシを10升炊き込んでスタンバイ。
「ポテトサラダ」「鶏のから揚げ・タルタルソース添え」「鯛の南蛮漬け」「お好み焼き」「マグロの味噌和え」など、激ウマちゃんこ&絶品サイドメニュー勢ぞろい。力士たちが作る、部屋オリジナルの料理を堪能し尽す。

さらに、琴恵光関のリクエストで、マツコが“左四つか、右四つか?”を確認するために、マツコと力士たちが組み合うハプニングや、それぞれの名勝負をVTRで振り返るひと幕も。
そして琴剣の解説と現役力士たちの証言から「相撲メシが何故うまいのか?」に迫っていく。稽古後のメシが美味い部屋は相撲も強いとの噂もあるが、意外にヘルシーで白米と相性バッチリの“相撲メシ”に注目だ。

一方、「イリュージョンの世界」を語るのは、日本が生んだ世界のスーパーイリュージョニスト・プリンセス天功。
2代目引田天功を襲名してから数々の逆風を乗り越えてきた劇的な物語明かす。
今までに体験した数々の生死をさまようアクシデントや、巷で噂されるケタ外れの伝説の真相を独占告白。日本のテレビ初披露の新作イリュージョンにマツコも驚愕する。

そして「春の文房具の世界」には、根暗な人生を文房具に救われた女・菅未里が4度目の登場。
低価格でオシャレなものから、世界初の画期的シリーズまで、進化した使い勝手バツグンの最新&注目文房具など、新生活が楽しくなる文房具を案内する。
また、今話題のアニマル文房具では、ゲストが工夫を凝らしたさまざまな動物モチーフの“アニマル文房具動物園”も展開される。

https://pablo.click/tv/news/41044/ 

no title

no title

【『マツコの知らない世界2時間SP』ちゃんこだけじゃない!? 白飯10升用意、現役力士と”絶品相撲メシ”ガッツリ堪能】の続きを読む