芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

1: なまえないよぉ~ 2018/10/14(日) 13:58:56.66 ID:CAP_USER9
「まるで農家のヴィーナス」 のん、岩手県産米CMで今度は“金髪ロングの女神”と化す
麗しい……。
2018年10月14日 13時05分 公開

 女優、歌手として活動中ののんさんが10月13日、白いツーピースに金髪ロングヘアをなびかせた写真をInstagramで公開しました。1年ぶりに出演した岩手県産の最高級品種米「金色の風」をPRするCMでの衣装で、前回の金髪ショートカットに続き美しい姿を披露しています。うーん眼福。

 「なんと、金色のあの子が一年経って髪が伸びた! 今年もどうぞよろしくです」と元気よく伝えたのんさん。2017年に公開されたCMと同じシフォンがエアリーなフリルのブラウスとスカートを着て、広大な岩手の自然の中で腰に手を当ててスタイリッシュにポーズをキメています。CMは、普段の黒髪ボブののんさんが、お米を食べると滑らかな金髪ロングに変身するというもの。金髪を風になびかせ、女神のように包み込むような笑顔でお米が入ったお茶碗をこちらへ差し出す姿も収められています。

 のんさんは2013年に岩手県の架空の町を舞台にしたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」に出演したことをきっかけに、2017年1月、「純情産地いわて宣伝本部長」に就任。同年8月には「JA全農いわて」のCMに出演し、10月には「金色の風」のCMでお米の良さをアピールしていました。初の金髪が衝撃的だった。

 普段とはガラリと違った雰囲気ののんさんにファンからは「全く誰だか分からなかった!」と驚くコメントとともに、「まるで農家のヴィーナス」「フランス人形みたい」「まるでアニメーションの女主人公のような感じだ」とかわいらしさにときめくコメントも寄せられています。普段の黒髪ボブもいいけど、金髪ロングの大人っぽい雰囲気もキュンとくる。


[non_kamo_ne]
no title

no title

| のん 公式サイト
no title


岩手県産米の最高級品種「金色の風」(H30) [岩手県公式動画チャンネル]
https://www.youtube.com/watch?v=2MG-EAMOB9w



http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1810/14/news012.html

【のん、岩手県産米CMで今度は“金髪ロングの女神”と化す、まるで農家のヴィーナスwwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/10/14(日) 05:31:25.35 ID:CAP_USER9
 モデルの高橋ユウ(27)がK―1ファイターの卜部弘嵩(29)と結婚したことを14日、自身のインスタグラムで発表した。

 7月22日放送の日本テレビ「行列のできる法律相談所」(後9・00)で卜部のサプライズによるプロポーズを快諾していた。

 きっかけは高橋が姉で女優の高橋メアリージュン(30)に誘われて卜部の試合を観戦、試合後の打ち上げでお互いに一目ぼれし、約1年前に交際をスタートした。7月の放送では、卜部が手紙で思いを伝えた後に「ユウちゃん、僕と結婚してください」と告白。高橋は涙を流しながら「お願いします」と答えていた。


10/14(日) 5:24 スポニチアネックス 
高橋ユウ K―1ファイターの卜部弘嵩と結婚、自身インスタで発表 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181014-00000003-spnannex-ent
1b7c9_188_ceb81012_4bf7e6ec

【モデルの高橋ユウ、K―1ファイターの卜部弘嵩と結婚】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/10/14(日) 07:43:13.73 ID:CAP_USER9
テレビ朝日の竹内由恵アナにとって、この10月は女子アナ人生のターニングポイントになりそうだ。

秋の番組改編に伴い、2015年からメインキャスターを務めていた夕方の報道番組『スーパーJチャンネル』を卒業。新たに『報道ステーション』のスポーツ担当(月~木曜)と、金曜メインキャスターに就任した。しかし、その裏にはある失望が隠されていた。

30歳を超えてから報道の楽しさに目覚め、公言はしていませんでしたが、実はずっと『報ステ』キャスターの座を狙っていたんです。ようやく念願叶(かな)ったわけですが、基本的な立ち位置はスポーツキャスター。『報ステ』起用が決まった当初、微妙な表情を浮かべていたと聞いています」(テレビ朝日関係者)

さらに彼女のメンタルに追い打ちをかけたのが、新人時代から担当していた『やべっちF.C.』からの卒業だとか。

「10年間も担当していただけあって、とにかく思い入れが強いんです。過去に何度も降板話があったものの、そのたびに出演者やスタッフが上層部に掛け合ってくれたらしい。それだけ彼女は愛されていましたし、彼女も同様だった。けど、『報ステ』は他番組との掛け持ちを快く思わないため、彼女も渋々降板を受け入れるしかなかったようだ」(制作会社ディレクター)

卒業ラッシュとなった9月は落ち込む様子を見せていたというが、今は前を向いて新たな仕事に必死に打ち込んでいるという。今後の活躍に期待したいところだ。


10/14(日) 6:20配信 週プレNEWS
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181014-01072590-playboyz-ent
no title

【念願の『報ステ』デビューを飾った竹内由恵アナが素直に喜べない理由】の続きを読む