芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

1: なまえないよぉ~ 2018/10/19(金) 19:58:25.30 ID:CAP_USER9
日本テレビ系2018年1月期水曜ドラマ「anone」が世界最大のコンテンツ見本市「MIPCOM」でグランプリを受賞した。

■ 「anone」とはどんなドラマ?

「anone」は当時19歳だった広瀬すずが10代最後に挑む映像作品として主演を務めた社会派ドラマ。
ニセ札づくりという犯罪を通して、社会からこぼれ落ちてしまった人たちが集い、家族のように暮らし始め、その人間模様を描いた。

「Mother」(2010年)、「Woman」(2013年)に続く、坂元裕二オリジナル脚本ドラマとして、水田伸生監督や次屋尚プロデューサーら日本テレビが同スタッフを再結集し制作。
「Mother」「Woman」はMIPCOMでも受賞歴があり、その2作に続く3作目として注目を集めていた。

■ 今回、もらった賞はどんな賞?

そんな中、フランスのカンヌで開催されていた「MIPCOM2018」において、日本のドラマの中で「ぜひ買いたい作品」「自国で放送したい作品」として
「anone」が「MIPCOM BUYERS’AWARD for Japanese Drama」のグランプリを受賞。

これは、このイベントに集まる世界中のバイヤーの中から、MIPCOMが推薦したバイヤーが日本のドラマの中から優秀作品を選出するもので、
今回はエントリーの要件を「リメーク可能なコンディションの作品」、とするなど審査基準の一つに「リメーク性」を加えており、
今年の「MIPCOM BUYERS’AWARD」には日本国内の各放送局から9作品がエントリーされた。

■ ノミネート作品は強力ドラマぞろい!

ノミネート作品は「半分、青い」(2018年、NHK総合ほか)、「anone」(同、日本テレビ系)、「おっさんずラブ」(同、テレビ朝日系)、「アンナチュラル」(同、TBS系)、
「逃亡花」(同、BSテレ東)、「コンフィデンスマンJP」(同、フジテレビ系)、「幸色のワンルーム」(同、ABCテレビ)、
「ブラックリベンジ」(2017年、日本テレビ系)、関西テレビ放送「美しき隣人」(2011年、フジテレビ系)。※( )内は主な放送局

10月16日(火)に行われた授賞式では、アウォードの審査員で、授賞式の進行役を務めたニルファー・キュヤル氏(トルコ)から受賞作品の発表があり、
日本テレビの廣瀨健一取締役が登壇して、審査員長のドラガン・ペトロビッチ氏からトロフィーを授与された。

この名誉ある受賞のニュースを受け、主演の広瀬や脚本を手掛けた坂本からコメントが届いた。

■ 辻沢ハリカ役・広瀬すずのコメント

グランプリ受賞おめでとうございます!! 私にとって、「anone」は本当に支えになっている作品です。今も、よく見返してみたり、
焼きうどんが食べたくなって作ったりしています(笑)。放送は終わっていますが、これからももっとたくさんの方に届いてほしいドラマです。
ハリカとして生きさせていただけた時間を改めて幸せに思いました。本当におめでとうございます!

■ 脚本・坂元裕二のコメント

最高のプレゼントを頂きました。日本の連続ドラマも世界に羽ばたこうとしています。みなさん、ぜひ応援してください。

■ 日本テレビ・次屋尚プロデューサーのコメント

とても感激しております! 選んで下さった方々に感謝申し上げます。MIPCOMの同賞では「Mother」が審査員特別賞(2010年)、「Woman」がグランプリ(2013年)、
そして今回の「anone」と、日テレで制作した坂元裕二脚本ドラマ3部作全てが受賞という快挙です。

今「Mother」「Woman」はトルコをはじめ数か国でリメークされ、しかも大ヒットを果たしています。今回の受賞が「anone」が国際的に認識される大きな礎になるに違いありません。
そして主演を務めた広瀬すずさんもまた、世界に向けて羽ばたいていくことを願ってやみません。(ザテレビジョン)

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12206-166350/
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12206-166350/photo/
no title

【広瀬すず感激!主演ドラマ「anone」が国際見本市グランプリ獲得の快挙】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/10/21(日) 03:23:43.31 ID:CAP_USER9
秋の連続ドラマが次々とスタートしたが、大苦戦しているのが「中学聖日記」(TBS系、火曜午後10時)。有村架純演じる中学校教師と男子生徒の“禁断の恋”を描くストーリーだが、視聴者のターゲット層でもあり、中学生の息子を抱える40代女性は違和感を覚え、むしろ有村を「敵」と見なす傾向があるようだ。

有村架純が演じる中学校教師の聖が、年上の婚約者と遠距離生活を送りながら、担任を務める3年1組の生徒である晶(岡田健史)にひかれていく……というストーリーで、原作はかわかみじゅんこ氏による同名漫画。
 
しかし、この設定に、ネット上では「気持ち悪い」「ありえない」などと、不満の声が噴出している。前クールでは“ぎぼむす”こと「義母と娘のブルース」が話題を呼んだ火曜午後10時枠だけに、なんとも痛々しい。

 この理由は何だろうか。上智大学の碓井広義教授(メディア文化論)は、女性教師の恋愛相手が男子中学生である設定への「無理やり感」と指摘する。

 TBSの番組ホームページでは、堂々と「禁断×純愛ヒューマンラブストーリー」と掲げているが、碓井教授は「今までにない、新しいことをやる。そんな話題を集めるために、テーマとして『中学生』を設定したように見えます。『女性教師が男子中学生に恋をする』ことで、視聴者が感じているのは、2次元だから成立する原作の世界を、実写で表現されたことによる違和感や嫌悪感なんじゃないでしょうか」と話す。

 実写化の違和感は恋愛の設定だけでなく、キャストにも及ぶ。晶役の岡田健史はこのドラマが初仕事となる正真正銘の新人なのだが、年齢は19歳。瞳に力があり、初恋の相手である晶に真っすぐに思いをぶつけるキャラクターは、初々しい演技にマッチしているが……。

「役者としてはいいと思うけど、中学生に見えない。大人っぽい中学生と呼ぶことにも、視聴者は無理やり感を覚えるでしょう」(碓井教授)

TBS系列ではこれまで、真田広之主演の「高校教師」(1993年)や、松嶋菜々子と滝沢秀明の「魔女の条件」(99年)を放送してきており、教師と生徒の恋愛ストーリーには実績がある印象がある。

 ドラマの視聴者は40代の女性が中心。前出の2作に見入った人も多いだろうが、自分の恋愛体験を振り返っても、「中学生で、しかも教師相手に」というのは、まったく想像がつかない人もいるに違いない。「『高校教師』を見ていた視聴者は、『2人に幸せになってほしい、でもどうなる?』という“見守り型”でストーリーについていった。でも今回は違う」と碓井教授は言い切る。

「ましてや、40代女性には中学生の息子がいる人も多いでしょう。その人たちからすると、聖は敵です」(同)

 むしろ共感できる役がいるとすれば、晶の母・愛子ということか。

 さらに碓井教授は「原作漫画と同じタイトルにしたのは失敗ではないでしょうか」と、タイトルにも言及する。「中学聖日記」というタイトルは、「中学“生”日記」や「中学“性”日記」を連想させる。現に、編集部のおじさん記者たちは、タイトルの響きで「中学“性”日記とは……」と絶句していた。

「私のゼミの女子学生たちは、お母さんと一緒にドラマを見る子が多いんです。ただ、このドラマに関しては、親子の会話が成立しにくいんです。お母さん、『中学聖日記』見ようとか、娘に対して、今夜は『中学聖日記』ね、とか。タイトルからして垣根があります」(同)

 舞台となる片田舎の町・子星平の風景は美しいし、婚約者の上司である律役の吉田羊が演じるバイセクシュアルの役柄も魅力的だ。番組スタッフ陣を見ても、演出とプロデューサーは、第55回ギャラクシー賞テレビ部門優秀賞を受賞した「アンナチュラル」の最強タッグだ。同作を見て期待を寄せていた視聴者もいるだろう。

「こうした条件があるのに、もったいなくて仕方がない。禁断と純愛のヒューマンラブストーリーである以上、このドラマはこれから先、女性教師が男子中学生に手を出した、ではなく、なんとか純愛にしなきゃならない」(同)

 後半はドラマオリジナルストーリーにしていくと表明している。巻き返しの見込みはあるのだろうか……。
(本誌・緒方麦)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181020-00000017-sasahi-ent&p=2
no title

【有村架純が「中学聖日記」で40代女性の〝敵〟になってしまったワケ】の続きを読む

40f6c3d9-s

1: なまえないよぉ~ 2018/10/20(土) 19:00:51.43 ID:CAP_USER9
 料理研究家の森崎友紀(38)が20日、自身のブログを更新し、同日に第2子を出産したことを報告した。性別は明かしていない。

 生まれたばかりの我が子の写真とともに「10月20日、第二子が誕生しました!! 母子共に元気です」と報告し、「第一子の時とは比べものにならないぐらいの安産でした。するっと産まれてくれました」と明かした森崎。

 続けて「小さい体から元気いっぱいの泣き声を聞いた時、涙が溢れました。一生かけて守り育てて行こうと思います」と改めて決意している。

 森崎は2016年1月に一般男性との結婚と妊娠5ヶ月を発表。同年6月に第1子女児を出産した。今年5月に第2子妊娠を報告し「これから出産までのマタニティ期間、家族と共に、日々大切に過ごしていきたいと思います」とつづっていた。

https://www.oricon.co.jp/news/2121916/full/ 
2018-10-20 18:48 


no title

【一般男性と結婚した料理研究家の森崎友紀さん、第2子出産を報告 ← 一般男性じゃねぇだろwwww】の続きを読む