芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

20180704-00544819-shincho-000-5-view[1]

1: なまえないよぉ~ 2018/07/21(土) 06:07:01.90 ID:CAP_USER9
先月16日に開票イベントが行われた、「第10回AKB48世界選抜総選挙」で初の1位に輝いたものの、
体調不良のために活動を休止しているSKE48の松井珠理奈だが、活動休止の背景に、
昨年まで総選挙3連覇を達成していたHKT48・指原莉乃の一言があったことを、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

AKB48は今月14日、TBS系音楽番組「音楽の日2018」に出演。
松井がセンターを務める9月発売の新曲「センチメンタルトレイン」を披露したが、そこに松井の姿はなし。
センターポジションを空けてパフォーマンスを行う事態になってしまった。

その上で、48グループ総監督の横山由依が、松井について「休養を発表させていただいたんですけど、
この『音楽の日』に全員でそろうことができなくてとても残念なんですが、珠理奈ちゃんの分も頑張りたいなと思います」とあいさつしていた。

「珠理奈は新曲のセンターを務めるのが難しいほどの“重傷”なのではともっぱらのうわさ。AKB史上に残る“大事件”になりそうです」(レコード会社関係者)

総選挙後で1位獲得後の囲み取材では、3位になったHKTの宮脇咲良に対しての“パワハラ発言”を得意げに告白していたことを、
一部メディアに報じられてしまったが、同誌によると、同じグループの宮脇の“敵討ち”か、指原からのキツ~イ一言があったというのだ。

囲み取材後、運営幹部から“パワハラ発言”を叱られた松井はその場で泣き崩れたのだとか。

すると、テレビ中継の仕事で現場に入っていた指原は、1位に授与されるマントを羽織って泣き崩れていた松井に対し、
「ちょっと、私のマント汚さないでくれる?」と“トドメ”を刺したというのだ。

松井のダメージ回復はかなり難しそうだ。
https://npn.co.jp/article/detail/56832480/

週刊新潮  
no title



【松井珠理奈さん、活動休止の背景に指原莉乃さんのきつい一言wwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/07/20(金) 11:47:56.66 ID:CAP_USER9
かつてグラビアアイドルとして活躍し、現在は舞台女優としてなど活動する杏さゆり(34)が、グラドル時代の撮影で大物カメラマンから受けたセクハラを暴露した。

杏は19日深夜放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」に出演。グラドルとして活躍していた当時を振り返った。
人気絶頂のころ、ある大物カメラマンから撮影のオファーを受けたという。「そのカメラマンさんは脱がすことで有名な方だったので、
私は脱ぎたくなかったんで『私は脱ぎませんよ』って言ってたんですけど、打ち合わせに行った時に今まで撮ってきたDVDや写真集を見せられて説得にかかってきたんですけど、
『私はそれをやらなくても大丈夫。脱ぎません』って言ってたら怒っちゃって…」と説明。1度は撮影がなくなりかけたが、スタッフの尽力で仕切り直しとなり、着衣で撮影が行われることになったという。

しかし撮影当日、用意されていた衣装が全てほぼ裸同然のシースルー。「ちょっと信用してなかったんで、自分で大きいヌーブラと競泳用ではくようなベージュのパンツを持って行ってた」と警戒していたという杏は、
衣装の下に持参した下着をつけて撮影に臨んだが「『はい、おいで』って呼ばれて2人きりになって撮影が始まるわけですよ、誰も入れないようにドアも全部閉めて。そこからワンピースの背中のチャックをおろされて、
今度は肩のところを下ろされて。そこぐらいまでは全然良いんですけど、どんどんおろしてくるんですよ」とエスカレートするカメラマンに抵抗し続けたという。

すると「あっちも怒ってきて、『もうこれ脱いで』」と下着を取るように要求され、限界を感じた杏は「『泣いて、顔腫らしてて撮影できないようにしちゃおう』と思って、泣きじゃくって」ととっさに浮かんだ手段を明かし、
結局その撮影はなくなったと語った。

2018年7月20日10時4分 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201807200000292.html
no title

【杏さゆり、グラドル時代のセクハラ撮影被害を暴露】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2018/07/20(金) 18:43:49.08 ID:CAP_USER9
 7月18日に放送されたバラエティ番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に、元乃木坂46でこの春から日本テレビアナウンサーになった市來玲奈がゲスト出演した。女子アナとしては、同番組がバラエティデビューとなる。

「今回、『トリオ THE謎多き日テレアナウンサー』と題して、今年入社したばかりの新人・市來アナと岩田絵里奈アナ、そして入社29年目のベテラン・豊田順子アナの3人が出演。市來アナは、過去のアイドルグループ・乃木坂46に所属していたということで、番組ではその異色の経歴にスポットが当てられました」(テレビ誌記者)

 そんな彼女は小学6年の時、社交ダンスの日本代表として世界大会に出場していたことも紹介された。しかし市來アナといえば、過去にバラエティ番組「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)の社交ダンス企画に参加するも、突然の降板。本人は学業優先と説明していたが、同時期に日テレへの内定が報道され、視聴者からは批判が殺到した。そのため、今回の出演にも厳しい意見が多く飛び交ったという。

「今回、『金スマ』の企画に参加した過去にはいっさい触れず、市來アナが社交ダンスについて語ったことに関して、視聴者からは『金スマを踏み台にしてアナウンサーになったというイメージしかない。よく社交ダンスを語れるね』『企画を投げ出して、日テレ入社したのはドン引きした。視聴者や関係者は許せないと思う』『中居くんも怒ってるんじゃないかな?』と物議を醸しています。また一部では、中居が出演する日テレバラエティに、市來アナは出演NGになる可能性も囁かれています」(前出・テレビ誌記者)

「金スマ」の社交ダンスは多くのファンを持つ人気企画なだけに、降板騒動は大量のアンチを抱えてしまったようだ。

2018年7月20日 17:59 
https://www.asagei.com/108803 

no title


【中居正広と共演NG?日テレ市來玲奈、「金スマ」完全無視で視聴者から批判殺到!】の続きを読む