芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト

1: なまえないよぉ~ 2017/05/22(月) 08:48:29.53 ID:CAP_USER9
実写銀魂“ドS沖田”吉沢亮、バズーカぶっ放しながらシビアな心境「監督、どんな顔で見てんのかな…」
https://mdpr.jp/cinema/detail/1687974
“ドS沖田”がそこに…!

no title

鬼兵隊の船に乗り込んだ真選組の土方十四郎(柳楽優弥)と沖田総悟(吉沢亮)
(C)空知英秋/集英社 (C)2017 映画「銀魂」製作委員会

パラレルワールドの江戸を舞台に、侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時(小栗旬)と、その仲間たちの身に起きる様々な事件を描く、笑いあり感動ありの物語。小栗をはじめ菅田将暉(志村新八 役)、橋本環奈(神楽 役)、堂本剛(高杉晋助 役)、長澤まさみ(志村妙 役)、岡田将生(桂小太郎 役)、吉沢と同じ真選組には中村勘九郎(近藤勲 役)、柳楽優弥(土方十四郎 役)が抜てきされている。

この日撮影が行われていたのは、高杉晋助率いる鬼兵隊の船に乗り込んだ真選組・副長の土方十四郎と一番隊隊長・沖田総悟が、岡田似蔵(新井浩文)と対峙するシーン。立ちはだかる岡田を前に“シリアスモード”ではあるものの、土方と沖田の関係が最大に活かされたギャグ要素も含まれる。

土方は刀を手にくわえタバコをふかしてスタンバイ、沖田は愛用のバズーカを担ぎ登場。盲目でありながらも居合い切りの達人、“人斬り似蔵”と恐れられる岡田に身の危険を感じた沖田は、土方を使って…回避?!撮影前の段取りの段階で、思わず笑いがこぼれてしまうスタッフたち。

吉沢へはバズーカの構え方や立ち去り方、手の角度まで細部にわたる監督こだわりの演出が。爽やかな顔で“江戸っ子口調”のセリフを口にし、颯爽と土方を窮地へ追い込む吉沢の姿はまさに“ドS沖田”そのものの再現度だった。

【実写銀魂“ドS沖田”吉沢亮、福田監督からも高評価】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/05/22(月) 17:45:11.53 ID:CAP_USER9
女優の宮沢りえが、21日放送の日本テレビ系トークバラエティ番組「おしゃれイズム」(毎週日曜よる10時~)に出演。これまで経験した撮影秘話や、8歳になる娘との生活について語った。

宮沢は映画「湯を沸かすほどの熱い愛」で、3度目の日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。
3度の受賞の感想を「ハードルがどんどん上がって困ります」と女優らしい言葉で語った。

同映画では余命2ヵ月の癌に侵された主人公を演じた宮沢。
台本に「頬はこけ、目はぎょろりと」と書かれていたため、「できるだけのことはしようと思って」と徹底的な水分抜きで、ボクサーさながらの危険ともいえるダイエットを行って役に挑んだことを明かした。

さらに、ドラマ「西遊記」では体感50度の砂漠、ドラマ「北の国から」では体感-25度での吹雪シーンと、これまでの女優人生での過酷な撮影についても次々と告白。
ピラニアはおろか電気なまずも泳ぐアマゾン川に飛び込んだ、という危険な撮影話も飛び出した。

宮沢の日課は毎朝5時半に起きての娘のお弁当作りだというが、「体型がそっくり」という宮沢の娘は現在8歳。
宮沢が舞台での愚痴を言おうものなら「だめだよ、マミー。舞台にはちゃんと出なくちゃ!」と叱ってくれるしっかりもので、宮沢は娘をまるで「何回も生まれ変わっている」のではと感じるほどだそう。

また、娘が「一生この舞台をやってほしい」と懇願し台詞まで覚えてしまうほど宮沢の舞台「足跡姫」が大好きで、女優に憧れていることも告白。
MCの上田晋也に未来の親娘共演について尋ねられると、「娘のやりたいことを応援したい」と母の顔を覗かせた。
(modelpress編集部)

https://mdpr.jp/news/detail/1688373 
2017.05.22 10:51 


no title

【宮沢りえ、過酷なダイエット&撮影裏話明かす】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/05/22(月) 10:38:06.46 ID:CAP_USER9
21日に放送された柴咲コウ(35)主演のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(日曜・後8時)第20話の平均視聴率が14・5%を記録したことが22日、分かった。前回の13・9%から0・6ポイント、アップした。

 初回16・9%でスタートした新大河ドラマ。第2話15・5%、第3話14・3%と2放送回続けてダウンしていたが、第4話で16・0%の大幅アップ。しかし、第5話で14・5%とダウン。第6話で12・9%と同ドラマ最低を記録。第8話で13・4%、第9話14・0%、第10話12・5%、第11話13・7%、第12話12・9%、第13話13・1%、第14話12・9%、第15話14・4%、第16話13・7%、第17話11・0%、第18話14・3%、第18話13・9%、そして今回と推移している。

 「おんな城主―」は戦国時代から徳川家を支えた名門・井伊家の戦いを描く物語。幕末の大老・井伊直弼(なおすけ)の先祖に当たる柴咲演じる直虎(柴咲)は出家して尼(次郎法師)になっていたが、お家断絶の危機に直面すると、直虎を名乗って城主に。乱世に立ち向かっていくというストーリーだ。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00000109-sph-ent 
スポーツ報知 5/22(月) 10:35配信 

柴咲コウ

【【大河ドラマ】「おんな城主 直虎」第20話は14・5% 前回から0・6ポイント上昇】の続きを読む