芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

1: なまえないよぉ~ 2017/11/29(水) 07:06:07.00 ID:CAP_USER9
「歌手の “安室奈美恵” がわからなくなった時期があって。そのときどういうふうに脱出していいか、
誰も教えてくださらない。誰にも相談できなかった」

 11月23日のNHK特番『安室奈美恵「告白」』で、20代後半に引退を意識し始めたことを明かした
安室奈美恵(40)。近年メディアへの露出を控えていた安室が、2018年9月16日の引退に向け、
思いの丈を語り始めている。

 安室は11月8日に発売した最後のベストアルバム『Finally』の宣伝で全国のラジオ局を行脚した。
最終日の11月19日、東京での生出演を終えると都内の撮影スタジオへ。2時間半の撮影ののち現場を出るとき、
傍らには50代の音楽プロデューサー・N氏がいた。

 N氏の車と安室の車が2台連なり向かった先は、都内の高級住宅街に近い焼き肉店。安室は車から降りると、
はずむようなステップで楽しそうにN氏と入店。個室に入った。

 2015年に前所属事務所から独立して以来、安室は仕事を自分で決めている。その安室が頼りにしているのがN氏。
藤井フミヤや布袋寅泰のライブのプロデューサーも務める実力者だ。

「来年の引退ツアーにもN氏が関わっている。いまは安室さんの唯一の相談相手になっています」
(音楽関係者)

 安室の動向でいま最も注目を集めるのは、年末の『NHK紅白歌合戦』に出場するかどうかだ。
2017年は最後の出場機会であり、NHKは安室本人に対して、必死の交渉を続けている。

「安室さんからはいくつかの条件を出されています。まず、来年のツアーが本当のラストなので、
演出で “最後の出演”“引退” を強調しないこと。

 加えて、曲にも条件が……。NHKとしてはリオ五輪のテーマ『Hero』や『CAN YOU CELEBRATE?』
などの代表曲をお願いしているのですが、今の自分のベストパフォーマンスを見せたいとのことで、
新曲を希望されています。出演は厳しいかもしれません」(NHK関係者)

 それでも出演が逆転決定したときのために、現時点のタイムテーブルには “20分の余裕” を設けているという。

 エイベックスに近い関係者が語る。
「この日は安室さんとNさんに加え、エイベックスのスタッフ数人で、番組出演の打ち上げをしたと
聞いています」

 焼き肉店で150分間たっぷり “密談” をし、N氏と2人で店を出てきたとき、安室は少し疲れて見えた。
たった一人の相談相手が、安室の“今”を支えている。
(週刊FLASH 2017年12月12日号)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171129-00010000-flash-ent
no title

【安室奈美恵がNHKにつきつけた「紅白出場」の条件、受信料下げろ、てきななにかwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/11/29(水) 17:53:30.50 ID:CAP_USER9
週6日生放送の情報番組で司会を務める売れっ子アナウンサーの宮根誠司(54)。
彼との間に“隠し子”を生んだA子さんが「週刊文春」の4時間におよぶインタビューに応じた。

A子さんと宮根は2004年6月頃に出会い、ほどなく交際がスタート。
06年8月に宮根は現在の妻と再婚を果たしているが、A子さんには結婚の事実を伏せていたという。
そして07年6月にA子さんの妊娠が発覚する。

「私は、彼との間に子供ができたことが嬉しかった。彼もさぞかし喜ぶだろうと思い、病院から帰ってすぐに電話しました。
ただ彼の返事は想像していたものとは違いました」

4日後、宮根はA子さんに対し、「実は結婚している」と打ち明けたのだ。

08年2月、難産の末、A子さんは娘を出産。これまでマスコミには一切登場しなかったA子さんだが、今回インタビューに応じた理由を次のように語った。

「私はこの10年間、彼がついた嘘で愛人呼ばわりをされ、冷たい目で見られてきた。
それでも彼やその家族の迷惑になると我慢してきた。ただ最近、ある事実を知って彼のことをどうしても許せなくなったのです」

「週刊文春」取材班は宮根本人を直撃したが、「事務所を通してください」と繰り返すのみ。事務所からは期日までに回答はなかった。

11月30日(木)発売の「週刊文春」では、A子さんが許せなかったという「ある事実」を含むインタビューに加え、
宮根とA子さんの2ショット写真や、宮根がA子さんに送った謝罪メールなども詳細に報じている。
http://bunshun.jp/articles/-/5126
no title

【【週刊文春】 宮根誠司 “隠し子”の母が心中を激白】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/11/29(水) 13:05:51.21 ID:CAP_USER9
折り返し地点を過ぎても一向に盛り上がらないといえば、フジテレビのドラマだ。

10月期のGP帯ドラマは全3本、いずれも初回から一度も視聴率10%を超えられず、1ケタ止まりのチョー低空飛行。
他局との差は広がるばかり、打ち切り寸前の危険水域をさまよう事態となっている。

割を食ったのは主演女優の2人。「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」(月曜21時)の篠原涼子(44)と、
「明日の約束」(火曜21時)の井上真央(30)である。

「いくら主演級の女優とはいえ、一寸先は闇。作品一本ごとがこけられない真剣勝負です。
イメージ商売ゆえ、低視聴率でミソがつけば女優としての“商品価値”も下がってしまう。
何をやっても裏目に出てしまうお台場のドラマだけに篠原も井上もババを引かされちゃった感がある」(民放キー局関係者)と、同情の声が集まっている。

だが、黙って低視聴率女優の汚名を甘受するほどヤワじゃない。2人揃ってフジ離れに踏み切ったともっぱらだ。さる芸能プロ関係者の話。

「とにかく怒り心頭なのが、篠原サイド。6月時点で篠原主演の市長モノなどと内容からキャスティングまで情報が流出してしまい、
フジの情報管理体制に疑心暗鬼になっていた。おまけに放送後も宣伝のバックアップもなければ、総選挙にブチ当たり放送日が遅れ、運からも見放された。

当たり役である『アンフェア』の続編含め“金輪際、フジはやらない”と絶縁宣言をつきつけたそう。
そして早くも、『アンフェア』に並ぶ代表作である『ハケンの品格』(日本テレビ系)の続編を交渉材料に汐留の方へ営業をかけ始めています」

とってつけたかのようにフジは27日、共演者で今をときめく高橋一生(36)のクランクアップ情報を流したが時すでに遅しか。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/218452/1

4f2e2c67-s

【 篠原涼子、フジテレビに怒り心頭、絶縁宣言 「『アンフェア』の続編含め “金輪際、フジはやらない” 」】の続きを読む