芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

1: なまえないよぉ~ 2018/04/09(月) 15:03:51.83 ID:CAP_USER9
東京・六本木ヒルズ内にあるテレビ朝日で同局の新バラエティー『帰れマンデー・見っけ隊!!』(毎週月曜 後7:00)の会見にタカアンドトシと参加。間もなく結成20年を迎える2人は、お笑い界屈指と言われる“仲の良さ”について語った。

 会見に参加した女子大生から質問を受け付けるコーナーで、互いに秘密にしていることを問われた伊達みきおは「僕らはニコイチ。秘密はない」ときっぱり。また、コンビ仲の秘けつについても「仲いいも何も僕らは10年間、同居していた。それこそ、けんかを1回もしたことない。やっぱりネタをやるコンビは仲いいと思いますよ」と話すと、富澤たけしは「体にタッチすることですね。ギリギリのラインまで」とニヤリとし、車移動の際に伊達の運転する車に富澤が同乗することも明かされた。


以下全文はこちらで
ORICON NEWS
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000308-oric-ent
4/9(月) 14:38配信
no title

【サンドウィッチマン、コンビ仲の秘けつは隠し事なし「けんかも1回もない」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/04/09(月) 22:34:15.91 ID:CAP_USER9
女優、創作あーちすととして活躍するのんさん。2年前に個人事務所「株式会社non」を立ち上げ、活躍の場を広げています。大勢をまとめるリーダーとして皆を巻き込み、やりたいことを実現する彼女の、仕事に対する思いを聞きました。

 のん、になってから、もうすぐ2年が経とうとしています。

「声の仕事が増えていますね」「活動がますます幅広くなっていますね」とか、いろんな反応をいただくのですが、私は相変わらず、です。

 心に残っているのは、映画「この世界の片隅に」。主人公のすず役を務めたとても大切な作品で、原作を読んだときに、「絶対にやりたい!」と思ったんです。この作品は監督をはじめ、関わっている全員が、みんな同じ気持ちで作っている感覚がありました。そのチームの思いが、ご覧いただいた皆さんにも伝わって、少しずつ、いろんなことに繋がっていったのかな、って思っています。

◆どんな仕事でも「私がやる意味」を考える

 演技すること、声だけで表現すること、音楽を作ること、歌うこと、絵を描くこと……それぞれの仕事で、自分がどう身体を使うか、どういう方法で取り組むかはまったく違います。

 そのつど、「自分ならどうするか」と考えながら、仕事に向き合っていくのですが、それによって自分自身が変化する、ということはありません。どんな仕事であっても、自分――のん、というひとりの人間――がやる意味は何なのか、それを研ぎ澄ませていくような感覚なんです。

 「こんなことをしてみませんか?」と新しいお仕事にお声がけいただいたときは、自分がやってみて面白いかどうかを考えます。それから、私がやりたくないこと、やらなくてもいいことはやらない、ということも大切にしています。たとえばキスシーンとか。それは、私じゃなくてもすてきな方がたくさんいらっしゃるから。でも、だいたい面白そうに思えるので、どんどん「やります!」とお答えしていたら、ちょっと忙しくなってしまいました(笑)。

 昨年末に、YouTube Originalsで私が監督、脚本、出演する作品の撮影をしたんです。今、編集作業中なのですが、自分の意図や撮りたいイメージをスタッフの皆さんに伝えながら、どう動いてもらうのかを考えなくてはいけなくて……。ついつい気を張って、険しい顔になってしまいがちなので、「明るく声をかけなきゃ!」とハッとしました。現場が沈んでもいけないので。

 ムードを大切にしながらも、良い仕事をするために、自分の考えははっきり言うようにしています。あやふやなことを言うとみんなバタバタしてしまう。その代わり、迷ったときは「ちょっと悩んでいるけれどどう思いますか?」って、素直に言っています。

 でも、皆さん「のんと一緒に仕事をする」というのを面白がって協力してくださるので、エネルギーが真っ直ぐ目的地へ向かっていっている気がします。やりたいことはやりながらも、チームのみんなの生活のために支える役割もあるので、バランスを考えながら仕事をしています。

2018/04/09 
【のん】「ヘタクソだからやっちゃダメ」って、誰が決めるんだろう 
文:大矢幸世 写真:伊藤圭 

no title

no title

no title

no title

https://telling.asahi.com/article/11463677

【のんさんが、逆ギレwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/04/10(火) 09:07:44.20 ID:CAP_USER9
 長澤まさみ(30)主演のフジテレビ系“月9”ドラマ『コンフィデンスマンJP』(毎週月曜 後9:00)第1話が9日放送され、初回平均視聴率が9.4%だったことがわかった。
初回は30分拡大で放送された。(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

 同ドラマは『リーガルハイ』シリーズで知られる古沢良太氏によるオリジナル脚本。11年ぶりの“月9”主演となる長澤演じるダー子、東出昌大演じるボクちゃん、
小日向文世演じるリチャード、3人の信用詐欺師たちが金融、不動産、芸能、美容業界などさまざまな業界を舞台に騙(だま)し騙されする痛快エンターテインメント
コメディーを1話完結で描いていく。

 第1話では2003年4月以来15年ぶりの月9枠出演となった江口洋介が演じる悪徳公益財団の会長で“日本のゴッドファーザー”赤星栄介をターゲットに、
ダー子らが奇想天外な計画を展開。ダー子は、国税庁からマークされている赤星が、莫大な現金資産を海外に持ち出そうと目論んでいると推測する。

 貨物船舶の船長に扮して赤星に接触するリチャードだったが、なぜかその正体がバレてしまい瀕死の重傷を負う事態に。詐欺師稼業をやめて一度はダー子のもとを
離れていたボクちゃんは、リチャード入院の知らせを受け、敵を討つべくダー子とともに赤星をだます作戦に乗り出す。

オリコン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000362-oric-ent
no title

【【視聴率】長澤まさみ主演“月9”『コンフィデンスマンJP』初回は9.4%】の続きを読む