芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

1: なまえないよぉ~ 2018/12/10(月) 08:17:55.67 ID:CAP_USER9
テレビ朝日の小川彩佳アナウンサーが、13日に放送される同局系ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(毎週木曜よる9時~)の最終回にゲスト出演することが決定。
同作で女優デビューを飾る。

ある理由で資格を剥奪された元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)が、ワケあり弱小弁護士集団「京極法律事務所」を立ち上げ、どんなに不利な訴訟でも“勝利”を手にするため突き進む姿を描く同作。

小川アナは「リーガルV」最後の事件の調査中に、逮捕されてしまった「京極法律事務所」のパラリーガル・伊藤理恵(安達祐実)を厳しく取り調べる刑事役として出演する。

小川彩佳アナ、久々地上波出演はドラマオファー
2011年4月から今年9月まで同局系情報番組「報道ステーション」のサブキャスターを、現在はAbemaTVのニュース番組「AbemaPrime」でキャスターを務めるなど、報道畑で活躍する小川アナ。
今回は「報ステ」卒業後、久しぶりに地上波に登場することになり、オファーを受けたときは「率直に、驚きました。アナウンサーのドラマ出演というと、劇中のテレビのキャスター役や現場のリポーター役を思い浮かべますが、まさか『刑事役』でオファーをいただくとは…。自分のどこに女刑事の要素があるのだろうか、と制作側の意図を疑いました」と目を丸くする。

そんな中、全力で挑んだ撮影では、ドラマ撮影のスピードに驚いたという小川アナ。
「心の中で『えっ、えっ』と戸惑っているうちに、いつの間にか(撮影が)終わっていました(笑)。そんな中、何度同じセリフを繰り返してもトーンや表情が変わらず、ブレない安達祐実さん。さすがプロ、かっこいいな…など、あっという間の体験でしたが、多くを感じる現場でした」と新体験を享受した様子だった。

米倉涼子の存在感&華やかさに圧倒
米倉が魅力的な悪女を演じ、大きな話題を呼んだ「黒革の手帖」(2004年)。小川アナも「私の中で米倉涼子さんの最初の衝撃は『黒革の手帖』。画面からはみ出さんばかりの存在感と華やかさに圧倒されました」と当時の印象を明かす。

その後も「芯のある美しさ、快活な色気を上書き更新していかれる姿にいつも魅了されている」という小川アナ。
今回は残念ながら共演シーンはなかったものの、米倉からは日々間接的にパワーをもらっているそう。
「米倉さんのドラマが始まると、社食でたまに米倉さんの姿をお見かけすることがあるのです。私にとっては担当番組の本番前で、少し緊張感が漂い始める時間なのですが、お見かけするとテンションが上がって、『今夜も番組頑張ろう!』という気持ちになります(笑)」と裏話も語った。

(小川彩佳アナコメント他全文)
http://mdpr.jp/news/detail/1809015

ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」 小川彩佳アナがミニスカ刑事役で女優デビュー
no title

no title


小川彩佳アナ
no title

【テレ朝・小川彩佳アナ「リーガルV」で女優デビュー!ミニスカ美脚あらわな刑事役】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/12/10(月) 06:56:37.54 ID:CAP_USER9
グラビアタレントで女優の徳江かなが9日、都内にて、写真集「kana」(講談社/発売中)の発売記念イベントを開催した。

近畿日本ツーリストのCMで注目を集め、モデル、女優、グラビアで活躍中の徳江。王道の清純フェイスと、B82・W58・H87という迫力ボディを武器にDVD作品も人気だった2018年を振り返り、
「色々と刺激的な年になりました。1stDVDを出したのが去年の12月でした。それから色々なことを経験して思い出深い1年になりました」といい、
1st写真集については「ずっと夢だった写真集でしたので、念願の1冊で感動しています」とにっこり。

写真集の中身に関しては「10代の私を詰めた写真集になっています。かわいいカットからセクシーなカットまで。色々と想いの詰まった1冊になっています」と紹介。
お気に入りは、美バスト顕わに寝そべる1枚で、「自分じゃないみたいにすごくきれい」と笑顔で語った。


徳江かな/撮影:西條彰仁/徳江かな写真集「kana」(講談社)より
no title
 
no title
 
no title
 
no title
 
no title
 
no title
 

徳江かな(C)モデルプレス
no title
 
no title
 
no title
 
no title
 
no title
 
no title
 
no title
 
no title
 

2018.12.09 16:28 
“ド迫力バスト×清純フェイス”徳江かな、美乳あらわな大胆ドレスで登場 SEXYショットに自信 

https://mdpr.jp/news/detail/1809354

【ド迫力バスト×清純フェイスの徳江かなさんが美乳あらわな大胆ドレスで登場 ← ソフマップではないwwwww】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2018/12/10(月) 14:26:04.70 ID:CAP_USER9
9日に放送された『サンデー・ジャポン』(TBS系)内で、不適切な発言があったとして、進行役を務めるTBS山本里菜アナウンサーが番組の終わりに謝罪したのだが、それが物議を醸している。


不適切な発言があったのは、爆笑問題の太田光とタレントのミッツ・マングローブ、ナジャ・グランディーバが本音でトークを繰り広げる「光の小部屋」のコーナーでのことだ。
この日は多くの若者が渋谷に集まり、騒動となった今年10月のハロウィーンについて取り上げたのだが、この話題が問題発言を生むこととになってしまった。

まず、ミッツ・マングローブが「ハロウィーンの大義がまだ日本に根付いていないからこういうバカ騒ぎになっちゃう」と問題の根底に触れると、次には「お祭りの秩序って、やくざの人たちが治めてるところがあるじゃない。
渋谷はね、いないんですよ。だからこれだけ好き放題にできちゃう」と発言。“やくざ”というワードを持ち出し、議論を展開したのだ。

そしてこれに対し、太田も「やくざが必要ってことかな、結局はね」と納得。なんとかトークを終了した。

しかし、これらの発言を不適切であると捉え、山本アナは「先ほどのコーナーでハロウィーンをやくざに仕切らせるといった発言がありましたが、大変失礼いたしました。
不適切な発言でした」と謝罪。視聴者からも「番組見てましたがこの発言は驚きました」「言いたいことはわかるが、公共の電波では非常にまずかったと思います」といった声が寄せられていた。

だが、更なる問題は山本アナが謝罪をした時だ。当の本人たちは謝罪中にも関わらず、ニヤけながら頭を下げたことで、ネット上では批判の的に。
「言った本人が謝るべき」「アナウンサーに謝らせるなんて、立派なハラスメント」という言葉が相次いだ。

「ネット番組では許された発言かと思いますが、テレビで、ましてや生放送ということを考えると、もう少し出演者も配慮が必要だったと思います。
今回は共感する人よりも驚いた人の方が多く、視聴者も違和感を覚えたようです」(芸能記者)

過激な発言が売りの番組でも、最低限の注意は必要だ。

http://dailynewsonline.jp/article/1604577/
2018.12.10 12:30 リアルライブ

【「サンジャポ」で太田光らが不適切発言 謝罪するアナの傍らでニヤけて批判殺到】の続きを読む