芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/12/08(木) 10:27:31.60
 お笑いコンビ・かまいたちがYouTubeチャンネル「かまいたちチャンネル」を更新。「2022年出会ったクソ野郎」を発表し合った。

 濱家隆一は、タクシー運転手を挙げた。過去の失敗から、目的地までのルートは「Googleマップに頼るのが一番」と悟った濱家。その日も、Googleマップで調べた経路を運転手に指示。だが運転手が別の道を提案してきたという。

 「その道もいいと思うんですけど、マップでその道混んでるって出てるんで」と丁重に断ったが、再度運転手が推してきた。揺らぐ心をおさえもう一度マップの道を指示すると、運転手も「僕、仕事終わりそっちの方面に帰ってるんで大丈夫。絶対こっちのほう早いです」と譲らず。濱家は「はあ…」とうなだれるしかなかったという。

 運転手が自信を持って選んだ道に入った途端に渋滞。嫌な予感は的中した。「ドライバーさんはあんだけ言った手前、混んでて“あぁ”ってなったんやろうな。“裏道よく知ってるんで大丈夫です”って、細かい道ぐんぐん入って。細い短い道やからアップダウンもすごいねん。酔うわ!裏道言うけど、別に早くもないし」と濱家のイライラは募った。

 マップで再度最善のルートを検索し、運転手に提案すると聞き入れて進んだが、途中でまた指示と違う道へ。「え?って言うたら、“こっちの方が早いんです”って。うそやろ!?さっきの事があった上でもう一回いけるんや…」とあ然。「“言った道行ってもらっていいですか?”って言うたら、びっくりするねんけど…。“こっちもプロとして早く着こうとしてるんですよ”って半ギレで言うてきてん」とあきれ顔で明かした。

 降りる際にも扉を開けるタイミングが心なしか遅く、「ぐっと身を乗り出して“ありがとございました”って。何かかましてきてるやん」と不遜な態度にまたイラッ!何も言わず降りたが、「あいつ、引きずり回したったらよかったわ!何じゃあいつ!脚色一切ナシやで。トップ・オブ・クソ野郎やわ」と怒りを再燃させ、山内健司も「腹立つなあ」と苦笑いだった。

スポニチannex 12/7(水) 21:39

「かまいたち」濱家隆一
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/23dbb75da02683f7b2a5b249164bd31853d9edf1&preview=auto

taxi_jousya_woman

【かまいたち濱家 今年イチの「クソ野郎」!?タクシー運転手に怒り爆発「脚色一切ナシやで」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/12/08(木) 13:57:47.68
 くも膜下出血で倒れてから療養とリハビリのために長らく表舞台から遠ざかっていたglobeのKEIKO(50才)が新曲を極秘収録していたことがわかった。
 
「新曲のタイトルは『WHITE OUT』。ファンに“幻の未発表曲”と呼ばれる作品で2017年に一度、試作段階のまま曲の一部がSNSにアップされたこともあります。今回は改めて音入れをした新録で、KEIKOさんも久々に歌声を披露するそうです」(音楽関係者)

 新曲のレコーディングが極秘裏に行われたのは10月下旬。オリジナルメンバーのマーク・パンサー(52才)がラップを担当し、元夫で音楽プロデューサーの小室哲哉(64才)もコーラスで参加。小室のレコーディングはKEIKOとは別の場所で行われたという。

 KEIKOがくも膜下出血で倒れたのは2011年10月。小室がKEIKOを献身的に支えているものと思われていたが、2018年1月に小室の不倫が発覚。小室はすぐに釈明会見を開き、介護のために自らも心身ともに疲れ果てていると告白すると、擁護の声が上がった。
 
 しかし、この会見を見たKEIKOの親族は「不倫から目をそらすために、嘘でKEIKOの名誉を傷つけた」と激怒。そこからやく3年にわたる“離婚闘争”の期間を経て、2021年2月に離婚が成立した。

 離婚後もKEIKOの歌への情熱が冷めることはなく、離婚報告の文書には「アーティストとしても皆様に恩返しができるよう精一杯努力して参ります」と綴られていた。
 
 11月28日には、マークがパーソナリティーを務める『JOY TO THE OITA』(OBS大分放送ラジオ)にゲスト出演。「じゃじゃーん! globeのKEIKOです。みなさんお久しぶりです」と滑らかな口調でファンに向けて挨拶、元気な様子を見せた。

 1990年代にミリオンヒットを連発したglobe。KEIKOと小室が離婚してからもユニットは解散していない。元夫婦は十数年ぶりに発表する新曲でどんなハーモニーを奏でるのだろうか──。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e98d0f9d034c26ea55ab5e48d6af36b04fa7033f

question_head_gakuzen_boy

【globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/12/08(木) 22:46:29.10
サイバーエージェントが運営するインターネットテレビ「ABEMA(アベマ)」が、カタールで開かれているサッカーW杯の特需に沸いている。日本戦ではサービス開始以来、最高の視聴者数を記録した。サイバーはアベマをネット広告やスマートフォンゲームに次ぐ柱に育てたい考え。ただ、事業がいつ黒字になるのか、展望が開けているとはまだ言えない。

 日本代表の活躍と伴走するようにアベマの快進撃が続いている。サイバーエージェントはW杯カタール大会の全64試合を無料で生中継したことで多くの視聴者を集めた。

 1日の視聴者数は過去最高を連日、塗り替えている。日本対ドイツ戦の11月23日に1000万人を初めて突破。コスタリカ戦のあった27日には1400万人を超え、日本代表が決勝トーナメント進出を決めたスペイン戦の12月2日は1700万人に達した。

●1週間で3000万人

 スペイン戦で日本が逆転勝利すると、藤田晋社長は朝の6時に自身のツイッターで「言葉もないですが、ABEMAはこんな時間にもかかわらず、また過去最高視聴を更新しました」とつぶやいた。

 複数台のカメラ映像から好きなアングルを選んで視聴する「マルチアングル機能」も話題を呼んだ。メインカメラの映像だけでなく、会場全体を俯瞰するカメラや片方の陣営を追うカメラなどにいつでも切り替えられる。

 11月21~27日までの1週間の利用者は過去最高の3000万人。W杯以前は最高1896万人だった。ネット上では「アベマが今大会1番の勝者」といった声も上がった。

 だが、視聴者が伸びるほど気になることがある。アベマの事業がいつ黒字になるのかということだ。16年のチャンネル開設から赤字が続いている。
 サイバーエージェントの22年9月期通期決算において、アベマとその周辺事業の営業損益は128億円の赤字だった。19年9月期の206億円の赤字からは縮小したものの、まだ数字は大きい。

 放映権料が高騰しているほか、番組制作や宣伝に費用がかさんでいる。カタール大会の放映権獲得には、サイバーエージェントが70億~80億円を投じたとシティグループ証券の山村淳子アナリストは予想している。

●利用者の大半は無料会員

 会社全体の23年9月期の連結業績予想は、売上高が前期比1%増の7200億円となる一方、営業利益は42%減の400億円から28%減の500億円に落ち込む見通しだ。ネット広告やスマホゲームで稼いだ利益をアベマにつぎ込む構図がいつまで続くのか。山村氏は「赤字のカバーは容易ではなく、事業単体での黒字化はハードルが高い」と話す。

 アベマ関連の売上高は主に「広告」「有料会員への月額課金」「周辺事業」、視聴するごとに課金される「ペイ・パー・ビュー(PPV)」の4つがある。

 拡大の余地が大きいのは、有料会員のサービスだ。月960円(税込み)の「ABEMAプレミアム」がそれで、売上高の2割を占めるとみられる。20年9月期に84万4000人まで増えたと発表していたが、近年は公表を控えている。仮に100万人を突破していたとしても、足元で視聴用アプリのダウンロード数が8300万件を突破したことを考慮すると、大半が無料会員と分かる。

 有料会員になると番組放送中に最初から視聴できる機能などが使えるほか、広告を非表示にできる。限定作品も豊富で無料会員と比べて約3倍の作品を楽しめる。

 だが、今回のW杯では生中継はもちろん、見逃した試合を後から視聴することも、編集されたハイライト動画も全て無料だ。課金せずとも十分楽しめるため「サッカーファンを有料会員につなげる動線が見えない」と山村氏は指摘する。

 例えば大会で活躍した選手のドキュメンタリー動画など、新たに獲得したサッカーファンをつなぎとめ、有料会員に育てる工夫が必要になる。

続きは↓から
https://news.yahoo.co.jp/articles/ed91e7b097812c72a44676aa6dac316b05cdc7df

osatsu_money_yamadumi

【サッカーW杯で特需の「ABEMA」 まだ見えぬ投資回収】の続きを読む